PR

大分での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日の大分観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

大分県は温泉や自然が豊かな観光地ですが、雨の日にはどこに行けばいいのでしょうか。雨の日でも楽しめる観光スポットやアクティビティをご紹介します。

スポンサーリンク

大分での雨の日の観光を楽しむ方法

温泉に浸かる

大分県といえば温泉です。雨の日は温泉に浸かってリラックスするのがおすすめです。

大分県には様々な種類の温泉があります。例えば、別府温泉は日本有数の温泉地で、地獄めぐりや水族館なども楽しめます。由布院温泉は湯布院盆地に広がる風光明媚な景色と個性的な旅館が魅力です。湯平温泉は山間の静かな温泉郷で、古くから湯治場として知られています。

美術館や博物館を巡る

雨の日は屋内で文化や歴史を学べる美術館や博物館を巡るのもいいでしょう。大分県には多くの美術館や博物館があります。

例えば、大分県立美術館は2015年にオープンした現代美術を中心とした美術館で、国内外の作家の作品や展示企画が見られます。大分市歴史博物館は大分市の歴史や文化を紹介する博物館で、常設展示や企画展示だけでなく、体験型のコーナーもあります。

大分県の中でも特に芸術の香り漂う別府市美術館では、明治から昭和初期にかけて輝いた作家たちの傑作が堂々と展示されています。安井曽太郎、梅原龍三郎、福田平八郎、小磯良平、朝倉文雄など、郷土を誇る大分県出身の作家たちの作品は、時代の息吹と独自のアートが見事に融合したものとして注目されています。

別府市美術館の魅力はそれだけではありません。富永一郎、宇治山哲平、片多徳郎、江藤哲など、地元を代表する作家たちによる展示もあり、彼らの作品は大分県の美しい風景や独自の文化を通じて、地元の誇りを感じさせてくれます。

また、地元の竹芸家の作品や、現代において国内外で注目を浴びる若手画家たちの絵画も豊富に展示されています。これにより、伝統的な要素と現代のアートが見事に融合し、芸術の進化が感じられます。若手アーティストたちは、大分の自然や歴史からインスパイレーションを受け、新しい表現を追求しています。

さらに、昔ながらの生活用具や独楽、貨幣、古き時代の別府の歴史民俗資料なども館内には展示されており、訪れる人々にはまるで時空を超えて歩んでいるような感覚を覚えさせてくれます。別府市美術館はまさに、芸術と歴史の対話が織りなす特別な場所と言えるでしょう。

グルメを堪能する

雨の日はおいしいものを食べて気分を上げるのも良いですね。大分県には名物料理やご当地グルメがたくさんあります。例えば、とり天は唐揚げに似た揚げ物で、大分県発祥と言われています。サクサクした衣とジューシーな鶏肉が絶妙です。豊後牛は大分県産の黒毛和牛で、霜降り肉や赤身肉など部位によって味わいが異なります。

焼肉やすき焼きなどで楽しめます。だんご汁は団子と野菜を味噌汁に入れた料理で、大分県民の郷土料理です。団子は小麦粉と水で作られており、もちもちした食感が特徴です。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました