PR

宮崎での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日の宮崎観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

宮崎は日本の九州にある県で、温暖な気候や豊かな自然、歴史や文化など魅力的な観光スポットがたくさんあります。しかし、天気が悪いときにはどこに行っても楽しめないと思っている方も多いのではないでしょうか。

実は、宮崎には雨の日でも楽しめる観光スポットがたくさんあります。今回は、そんな宮崎での雨の日の観光を楽しむ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

宮崎での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日でも楽しめる宮崎の観光スポット

まずは、雨の日でも楽しめる宮崎の観光スポットをいくつかご紹介します。これらのスポットは、屋内であったり、屋根があったりするので、雨に濡れる心配がありません。また、宮崎の歴史や文化、自然などを知ることができる場所も多いです。

宮崎県立美術館

宮崎県立美術館は、宮崎市にある美術館で、国内外のさまざまな作品を展示しています。特に、宮崎出身の画家・木村荘八やアニメーション監督・宮崎駿の作品を見ることができます。また、美術館の建物自体も独特なデザインで、周囲の自然と調和しています。美術館の敷地内には、庭園やカフェもあります。

平和台公園

平和台公園は、宮崎市にある公園で、日本最大級の花時計や動物園、水族館などがあります。雨の日でも動物園や水族館は屋内で見学できます。動物園では、レッサーパンダやカピバラなどのかわいい動物に出会えます。水族館では、イルカやペンギンなどの海洋生物を見ることができます。また、公園内には博物館やプラネタリウムもあります。

高千穂峡

高千穂峡は、宮崎県西臼杵郡高千穂町にある渓谷で、神話や伝説にまつわる景勝地です。渓谷に沿って遊歩道が整備されており、雨でも歩くことができます。遊歩道からは、岩壁や滝などの迫力ある景色を眺めることができます。また、渓谷内には神社や資料館もあります。

雨の日でも楽しめる宮崎のグルメ

次に、雨の日でも楽しめる宮崎のグルメをご紹介します。宮崎は海や山に囲まれており、新鮮な食材が豊富です。そのため、さまざまな料理を味わうことができます。雨の日は、温かくてボリュームのある料理を食べて、体も心も満たされましょう。

チキン南蛮

チキン南蛮は、宮崎県の代表的な料理で、揚げた鶏肉に甘酢とタルタルソースをかけたものです。鶏肉はジューシーで、甘酢とタルタルソースのコンビネーションが絶妙です。宮崎市内には、チキン南蛮発祥の店とされる「おぐら」や「ひろせ」などがあります。

宮崎牛

宮崎牛は、宮崎県産の黒毛和牛で、高い品質と美味しさで知られています。宮崎牛は、焼肉やステーキなどで楽しめます。肉は柔らかくて脂が甘く、口の中でとろけます。宮崎市内には、宮崎牛を提供する店が多数あります。

日向夏

日向夏は、宮崎県の特産品で、小ぶりで酸味が強い柑橘類です。日向夏はそのまま食べることもできますが、ジュースやジャムなどに加工されることも多いです。雨の日は、日向夏のジュースを飲んでビタミンCを補給しましょう。日向夏のジュースは、スーパーやコンビニなどでも手に入ります。

雨の日でも楽しめる宮崎のお土産

最後に、雨の日でも楽しめる宮崎のお土産をご紹介します。宮崎には、お菓子や工芸品など、さまざまなお土産があります。雨の日は、お土産屋さんやショッピングモールなどで買い物を楽しみましょう。

ひむか饅頭

ひむか饅頭は、宮崎県の伝統的なお菓子で、小麦粉と卵白で作った皮にあんこを包んだものです。ひむか饅頭は色々な味がありますが、特に人気なのは黒糖味です。ひむか饅頭は、宮崎市内や空港などで買うことができます。

青島太鼓

青島太鼓は、宮崎県の伝統工芸品で、青島神社に奉納される太鼓です。青島太鼓は手作りで、色や模様が豊富です。青島太鼓は音を出すこともできますが、インテリアとして飾ることもできます。青島太鼓は、青島神社や観光案内所などで買うことができます。

この他、宮崎はマンゴーも有名です。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました