PR

宮城での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日の宮城観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

宮城県は東北地方の中心に位置し、自然や歴史、グルメなど魅力的な観光スポットがたくさんあります。しかし、天気が悪いとせっかくの旅行が台無しになってしまうかもしれません。そこで、この記事では宮城での雨の日の観光を楽しむ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

宮城での雨の日の観光を楽しむ方法

雨でも楽しめる屋内施設

宮城県には雨でも楽しめる屋内施設がたくさんあります。例えば、仙台市にある「仙台うみの杜水族館」は、東北最大級の水族館で、約1万匹の海洋生物を見ることができます。イルカやペンギンのショーもあり、子供から大人まで楽しめます。また、「仙台市博物館」は、仙台藩主であった伊達政宗の歴史や文化を学ぶことができる博物館です。伊達政宗の甲冑や刀など貴重な展示品があり、歴史好きにはたまりません。その他にも、「松島海岸資料館」や「石巻マンガミュージアム」など、雨でも楽しめる屋内施設はたくさんあります。

雨に負けないアウトドア体験

宮城県は自然豊かな場所なので、アウトドア体験もおすすめです。雨でも気にならないようなアクティビティがあります。例えば、「秋保温泉」は、仙台市から車で約40分の場所にある温泉地です。源泉かけ流しの露天風呂や足湯があり、雨の音を聞きながら温泉に浸かると癒されます。また、「石巻ホエールウォッチング」は、石巻市から船で約1時間の場所にある牡鹿半島沖で行われるツアーです。クジラやイルカなどの海洋生物を間近で見ることができます。雨でも船は出航しますが、海況によっては中止になる場合もあります。

雨の日だからこそ味わえるグルメ

宮城県はグルメの宝庫です。雨の日だからこそ味わえるグルメがあります。例えば、「牛タン」は、仙台市の名物料理です。牛タンを炭火で焼いて塩やタレで味付けしたもので、柔らかくてジューシーです。牛タン専門店が多くありますが、「利久」や「喜助」などが有名です。また、「ずんだ餅」は、枝豆をすりつぶして甘く練ったものを餅に乗せた和菓子です。ずんだ餅専門店が多くありますが、「ずんだ茶寮」や「ずんだ山賊」などが有名です。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました