PR

香川での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日の香川観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

香川県は日本の四国地方にある県で、うどんやオリーブなどの名産品や、瀬戸内海に浮かぶ美しい島々などの魅力がたくさんあります。しかし、雨の日には外での観光ができないと思っている人も多いかもしれません。そこで、この記事では、香川での雨の日の観光を楽しむ方法を紹介します。

スポンサーリンク

香川での雨の日の観光を楽しむ方法

美術館や博物館を巡る

香川県には、国内外の有名な作家や作品を展示する美術館や博物館がたくさんあります。例えば、直島にあるベネッセハウス美術館や地中美術館は、建築や自然と一体化した芸術空間として世界的に有名です。また、高松市にある栗林公園に隣接する栗林公園美術館は、日本画や洋画などの幅広いジャンルの作品を展示しています。さらに、高松市にある香川県立ミュージアムは、歴史や民俗などの資料を展示する博物館と、現代美術や写真などの作品を展示する美術館が一体となった施設です。雨の日でも、これらの美術館や博物館を巡ることで、香川の文化や芸術に触れることができます。

うどん屋めぐりをする

香川県といえば、うどんが有名です。香川県には約700軒ものうどん屋があり、それぞれに特色やこだわりがあります。例えば、讃岐うどん本陣 山田家では、自家製の小麦粉と天然水で打った手打ちうどんを味わうことができます。また、うどんバスでは、高松市内から出発して、人気のうどん屋を巡るツアーがあります。さらに、自分でうどんを打って食べることができる体験施設もあります。雨の日でも、うどん屋めぐりをすることで、香川のグルメを満喫することができます。

温泉に入る

香川県には、瀬戸内海に面した海岸沿いや山間部に温泉があります。例えば、小豆島にある天恵温泉は、海水と混ざった塩分濃度の高い温泉で、肌に優しくて保湿効果があります。また、琴平町にある金比羅温泉は、金比羅宮への参拝者に人気の温泉で、神経痛や筋肉痛などに効果があると言われています。さらに、三豊市にある三野温泉は、源泉かけ流しの温泉で、自然豊かな環境でリラックスすることができます。雨の日でも、温泉に入ることで、香川の自然や歴史に触れることができます。

スポンサーリンク

香川での雨の日の観光を楽しむ方法まとめ

香川県は、雨の日でも楽しめる観光スポットがたくさんあります。美術館や博物館を巡って文化や芸術に触れたり、うどん屋めぐりをしてグルメを満喫したり、温泉に入って自然や歴史に触れたりすることができます。香川県は、雨の日の観光を楽しむ方法がいろいろある魅力的な県です。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました