PR

茨城での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日の茨城観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

茨城県は関東地方の北東部に位置し、太平洋に面した自然豊かな県です。しかし、茨城県は雨が多いことでも知られています。茨城県の年間降水量は約1400ミリメートルで、全国平均の約1700ミリメートルよりも少ないですが、雨日数は約120日で、全国平均の約100日よりも多いです。つまり、茨城県では雨が少なくても、雨が降る日が多いということです。

では、茨城県で雨の日に観光をする場合、どのように楽しめるでしょうか。茨城県には雨の日でも楽しめるスポットやアクティビティがたくさんあります。今回は、茨城県での雨の日の観光を楽しむ方法をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

茨城での雨の日の観光を楽しむ方法

水戸芸術館

水戸芸街館は、水戸市にある現代美術を中心とした美術館です。1990年に開館し、建築家の有賀健三氏が設計した特徴的な外観が目を引きます。水戸芸術館では、常設展や企画展だけでなく、コンサートやワークショップなども開催されています。また、美術館の敷地内には「森の劇場」と呼ばれる野外ステージや「風の庭」と呼ばれる庭園もあります。雨の日でも屋内で様々な芸術作品やイベントを楽しむことができます。

ひたち海浜公園

ひたち海浜公園は、ひたちなか市にある国営公園です。広大な敷地には、四季折々の花々や植物が咲き誇ります。特に春には約45万本のネモフィラが一面に広がり、青い絨毯のような景色を見ることができます。また、秋には約32万本のコキアが赤く染まり、炎のような景色を見ることができます。ひたち海浜公園では、雨の日でも花や植物を楽しむことができます。公園内には屋根付きの花畑センターやレストランなどもあります。また、公園内には遊園地や動物園もあります。雨の日でも子供たちが楽しめるスポットです。

筑波山

筑波山は、つくば市にある標高877メートルの山です。古くから信仰の対象とされており、「男体山」と「女体山」という二つの峰があります。筑波山では、雨の日でもロープウェイやケーブルカーで山頂まで行くことができます。山頂からは、晴れた日なら関東平野や東京スカイツリーなどを見渡すことができますが、雨の日でも雲海や霧氷などの幻想的な景色を見ることができます。また、山頂には神社や展望台などもあります。雨の日でも自然や歴史を感じることができます。

スポンサーリンク

茨城での雨の日の観光を楽しむ方法まとめ

茨城県は雨の日でも楽しめるスポットやアクティビティがたくさんあります。美術館や公園、山など、雨の日には晴れた日とは違った魅力を発見することができます。茨城県での雨の日の観光を楽しんでください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました