PR

青森での雨の日の観光を楽しむ方法

雨の日の青森観光を楽しむ方法 旅行
スポンサーリンク

青森県は日本の東北地方にある県で、自然や歴史、文化など魅力的な観光スポットがたくさんあります。しかし、青森県は雨が多い地域でもあり、天気に左右されることも少なくありません。そこで、今回は青森での雨の日の観光を楽しむ方法をご紹介します。

スポンサーリンク

青森での雨の日の観光を楽しむ方法

雨でも楽しめる屋内施設

青森県には雨でも楽しめる屋内施設がたくさんあります。例えば、以下のような施設がおすすめです。

青森県立美術館

青森県立美術館は、青森市にある美術館で、東北地方最大級の展示スペースを持っています。青森県出身の世界的な現代美術家、草間彌生や奈良美智などの作品をはじめ、国内外のさまざまなジャンルの作品が展示されています。また、美術館の外には草間彌生の巨大なドット絵や奈良美智のカラフルな犬のオブジェなどがあり、見て触れて楽しむことができます。

ねぶたの家 ワ・ラッセ

ねぶたの家 ワ・ラッセは、青森市にあるねぶた祭りの体験施設です。ねぶた祭りは、毎年8月に開催される青森県最大のお祭りで、巨大な山車(ねぶた)が練り歩く様子は圧巻です。ねぶたの家 ワ・ラッセでは、実際に使用されたねぶたやその制作過程を見学することができます。また、ねぶた絵付け体験やねぶた太鼓体験などもできます。

津軽三味線会館

津軽三味線会館は、弘前市にある津軽三味線の博物館です。津軽三味線は、青森県津軽地方で発展した三味線の一種で、力強く激しい演奏が特徴です。

津軽三味線会館では、津軽三味線の歴史や文化を学ぶことができます。また、毎日開催される津軽三味線ライブや津軽三味線体験もおすすめです。

雨でも楽しめる自然スポット

青森県には雨でも楽しめる自然スポットもあります。例えば、以下のようなスポットがおすすめです。

十和田湖

十和田湖は、青森県と岩手県にまたがる日本最大級の火口湖です。湖畔には四季折々の美しい景色が広がりますが、雨の日には湖面に霧がかかり、幻想的な雰囲気になります。

十和田湖では、遊覧船やカヌーなどで湖を巡ることができます。また、湖の近くには十和田湖美術館や十和田湖神社などもあります。

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流は、十和田湖から流れ出る奥入瀬川の上流部にある渓流です。約14キロメートルにわたって続く渓流沿いには、滝や奇岩などの見どころがたくさんあります。雨の日には水量が増えて迫力が増すだけでなく、水滴が光を反射してキラキラと輝く様子も美しいです。奥入瀬渓流では、遊歩道を歩いたり、レンタサイクルを利用したり、バスツアーに参加したりすることができます。

白神山地

白神山地は、青森県と秋田県にまたがる世界自然遺産に登録されている山地です。約1万3000ヘクタールにわたって広がる原生のブナ林は、日本最大のブナの森として知られています。雨の日には森の中に霧が立ち込めて神秘的な雰囲気になります。白神山地では、ハイキングやトレッキングなどで森を探検することができます。また、森の動植物や文化を学ぶことができる施設もあります。

スポンサーリンク

青森での雨の日の観光を楽しむ方法まとめ

青森県は雨の日でも楽しめる観光スポットがたくさんあります。屋内施設では、美術館や体験施設などで青森県の文化や芸術を楽しむことができます。自然スポットでは、湖や渓流や森などで青森県の自然の美しさを感じることができます。雨の日だからこそ見られる景色や雰囲気もあります。ぜひ、青森県で雨の日の観光を楽しんでみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました