PR

アクションカメラの選び方

スポンサーリンク

アクションカメラとは、スポーツやアウトドアなどの激しい動きを撮影するために開発された小型で耐久性の高いカメラです。

アクションカメラは、自転車やヘルメット、ドローンなどに取り付けて使用することができます。

アクションカメラの魅力は、自分の目線で迫力ある映像を撮影できることです。

しかし、アクションカメラにはさまざまな種類や機能があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

そこで、この記事では、アクションカメラの選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アクションカメラの選び方

アクションカメラを選ぶときに重視したいポイントは以下の4つです。

画質

まず、画質についてです。画質は、アクションカメラの最も重要な要素のひとつです。

画質が良ければ、より美しく鮮明な映像を楽しむことができます。画質を判断する指標としては、解像度やフレームレートがあります。

解像度とは、画面上に表示される水平方向と垂直方向の画素数のことで、高ければ高いほど細かく詳細な映像になります。

フレームレートとは、1秒間に表示される静止画の枚数のことで、高ければ高いほど滑らかで自然な動きになります。

一般的には、解像度が4K以上、フレームレートが30fps以上のアクションカメラがおすすめです。

防水性

次に、防水性についてです。防水性とは、水や湿気に対する耐性のことで、防水性が高ければ高いほど水中や雨天などでも安心して使用できます。

防水性を判断する指標としては、IPコードやJIS規格があります。

IPコードとは、防塵性と防水性を示す2桁の数字のことで、例えばIP68という場合は、防塵性が最高レベルの6であり、防水性が最高レベルの8であることを意味します。

JIS規格とは、日本工業規格のことで、例えばJIS8等級という場合は、常時水中に沈めても内部に浸水しないことを意味します。

一般的には、IPコードがIP67以上、JIS規格がJIS7等級以上のアクションカメラがおすすめです。

画角

続いて、画角についてです。画角とは、カメラが撮影する範囲の広さのことで、広ければ広いほど周囲の景色を多く収めることができます。

画角を判断する指標としては、度数や倍率があります。

度数とは、カメラの中心から左右に伸びる直線と、その直線に垂直な画面の端とのなす角度のことで、大きければ大きいほど画角が広くなります。

倍率とは、カメラの焦点距離と標準レンズの焦点距離の比率のことで、小さければ小さいほど画角が広くなります。

一般的には、度数が170度以上、倍率が0.5倍以下のアクションカメラがおすすめです。

付属品

最後に、付属品についてです。付属品とは、アクションカメラに同梱されるアクセサリーのことで、付属品が多ければ多いほど撮影の幅が広がります。

付属品には、取り付け用のマウントやベルト、リモコンやバッテリー、防水ケースや三脚などがあります。付属品を判断する指標としては、数や種類があります。

数とは、付属品の個数のことで、多ければ多いほどコスパが高くなります。

種類とは、付属品のバリエーションのことで、多ければ多いほど撮影シーンに合わせて選べるようになります。一般的には、数が20個以上、種類が10種類以上のアクションカメラがおすすめです。

スポンサーリンク

アクションカメラの選び方まとめ

以上、アクションカメラの選び方についてご紹介しました。

画質や防水性、画角や付属品をチェックして、自分の目的や予算に合ったアクションカメラを見つけてください。

アクションカメラを使えば、あなたの素晴らしいアクティビティを記録することができます。ぜひ、アクションカメラを活用してみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました