PR

おすすめのジンバル5選【2023年】

カメラと写真 家電
スポンサーリンク
悩んでいる人
悩んでいる人

ジンバルって、色々種類がありますが、どれを選べば良いのでしょうか?

こんな悩みにお答えします。

最近では、スマートフォンやアクションカメラで手軽に撮影できるようになった一方で、より高品質な映像を撮るためには安定した撮影が必要です。

そのために欠かせないのが「ジンバル」です。

ジンバルとは、手振れ補正機能を搭載し、滑らかで安定した撮影ができるカメラアクセサリーのことです。今回は、おすすめのジンバルを紹介します。

今回は、おすすめのジンバル5選【2023年】、についてです。

スポンサーリンク

ジンバルとは?

ジンバルは、カメラやスマートフォンなどの撮影機材を回転させるための装置です。

ジンバルは、近年ではスマートフォンの普及により、撮影のクオリティが向上し、使用者も増えています。

ジンバルを使用することで、スムーズなパン・チルト撮影が可能になります。

ジンバルの使用事例としては、ジンバルは、動画撮影だけでなく、プロのカメラマンによる商業撮影や、旅行動画などにも使用されています。

3軸ジンバルは、3つのジンバルの軸が直角に交わっているジンバルのことです。

3 軸ジンバルは、外部からの回転の影響を受けずに、回転軸が一定の方向に保てる点が特長であり、そのため、優れれた安定性が得られるジンバルです。

今後は、ジンバルのAI技術や、ワイヤレス通信によるリモート操作など、さらに高機能なジンバルが開発されると考えられます。

スポンサーリンク

ジンバルの選び方

ジンバルの選び方には、使用するカメラやスマートフォンのサイズや重量、撮影の目的やシーン、予算などが考慮されます。また、ジンバルのモーターの回転数や、バッテリーの持ち時間などのスペックも確認しましょう。

ジンバルとは、カメラやスマートフォンなどの撮影機器を安定させるための装置です。ジンバルには、手持ち式や三脚式など、さまざまな種類があります。ジンバルを使うと、動画撮影時にカメラのブレや揺れを抑えることができます。しかし、ジンバルにはそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。そこで、この記事では、ジンバルの選び方について解説します。

ジンバルの種類と特徴

ジンバルには、主に以下の3種類があります。

  • 手持ち式ジンバル
  • 三脚式ジンバル
  • ミニジンバル

手持ち式ジンバルは、カメラやスマートフォンを手で持って撮影するときに使うジンバルです。手持ち式ジンバルは、カメラやスマートフォンを固定する部分と、ハンドル部分からなります。

ハンドル部分には、電源ボタンや操作ボタンがついています。手持ち式ジンバルのメリットは、自由度が高く、移動しながら撮影できることです。デメリットは、重量があるために疲れやすいことや、操作に慣れる必要があることです。

三脚式ジンバルは、カメラやスマートフォンを三脚に取り付けて撮影するときに使うジンバルです。三脚式ジンバルは、カメラやスマートフォンを固定する部分と、三脚部分からなります。

三脚部分には、伸縮可能な脚や回転可能な頭部がついています。三脚式ジンバルのメリットは、安定した撮影ができることや、長時間撮影できることです。デメリットは、設置場所に制限があることや、移動が面倒なことです。

ミニジンバルは、カメラやスマートフォンを小さな台に置いて撮影するときに使うジンバルです。ミニジンバルは、カメラやスマートフォンを固定する部分と、台部分からなります。台部分には、角度調整可能な足や回転可能な頭部がついています。ミニジンバルのメリットは、コンパクトで持ち運びやすいことや、操作が簡単なことです。デメリットは、高さが低いために視野が狭いことや、安定性が低いことです。

ジンバルの選び方のポイント

ジンバルを選ぶときには、以下のポイントに注意しましょう。

  • 撮影する機器の重量に合わせる
  • 撮影するシーンに合わせる
  • 操作性や機能性を確認する

撮影する機器の重量に合わせるというのは、ジンバルの耐荷重をチェックするということです。ジンバルには、それぞれに耐えられる機器の重量が決まっています。

例えば、スマートフォン用のジンバルは、スマートフォンの重量に合わせて設計されています。カメラ用のジンバルは、カメラの重量に合わせて設計されています。

もし、耐荷重を超える機器をジンバルに取り付けると、ジンバルが故障したり、機器が落下したりする恐れがあります。そのため、撮影する機器の重量を確認して、それに合ったジンバルを選びましょう。

撮影するシーンに合わせるというのは、ジンバルの種類を選ぶということです。前述したように、ジンバルには手持ち式や三脚式など、さまざまな種類があります。

それぞれの種類には、メリットやデメリットがあります。例えば、手持ち式ジンバルは、移動しながら撮影できるので、アクションやスポーツなどの動きのあるシーンに向いています。

三脚式ジンバルは、安定した撮影ができるので、インタビューや風景などの静止したシーンに向いています。ミニジンバルは、コンパクトで持ち運びやすいので、旅行や日常などのカジュアルなシーンに向いています。そのため、撮影するシーンを考えて、それに合ったジンバルを選びましょう。

操作性や機能性を確認するというのは、ジンバルの使いやすさや性能をチェックするということです。ジンバルには、電源ボタンや操作ボタンなどの操作部分があります。操作部分は、手に馴染む形やサイズであることが望ましいです。

また、操作部分には、パンやチルトなどの方向制御やズームやフォーカスなどの撮影制御などの機能があります。機能は、多ければ多いほど良いというわけではありません。

必要な機能があるかどうかや、使い方が分かりやすいかどうかが重要です。そのため、操作性や機能性を確認して、自分に合ったジンバルを選びましょう。

この記事では、ジンバルの選び方について解説しました。

ジンバルは、カメラやスマートフォンなどの撮影機器を安定させるための装置です。ジンバルには、手持ち式や三脚式など、さまざまな種類があります。

ジンバルを選ぶときには、撮影する機器の重量に合わせることや、撮影するシーンに合わせることや、操作性や機能性を確認することがポイントです。自分の撮影スタイルや目的に合ったジンバルを選んで、快適な動画撮影を楽しみましょう。

ジンバルのアクセサリー

ジンバルには、カメラやスマートフォンを取り付けるためのアダプターや、リモート操作用のスマートフォンアプリなどがあります。また、バッテリーや充電器、カメラマウントなどのアクセサリーもあります。

ジンバルを使うメリットとデメリット

ジンバルとは、カメラやスマートフォンなどの撮影機器を安定させるための装置です。

ジンバルには、手持ち式や三脚式などの種類があります。ジンバルを使うと、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?この記事では、ジンバルを使うメリットとデメリットについて解説します。

ジンバルを使うメリット

ジンバルを使うメリットは、主に以下の3つです。

  • 撮影時のブレを抑える
  • 撮影角度や方向を自由に変えられる
  • 撮影のクオリティや表現力を高められる

まず、ジンバルを使うと、撮影時のブレを抑えることができます。ジンバルは、カメラやスマートフォンを固定し、電動モーターで微妙な動きを補正します。これにより、手ぶれや歩行時の揺れなどを最小限に抑えることができます。特に、動画撮影では、ブレが少ないほど滑らかで見やすい映像になります。

次に、ジンバルを使うと、撮影角度や方向を自由に変えられます。ジンバルは、カメラやスマートフォンを水平や垂直に回転させることができます。これにより、上下左右の動きに対応できるだけでなく、斜めや逆さまなどの斬新な角度からも撮影できます。また、ジンバルには、ボタンやジョイスティックなどの操作部が付いているものが多く、手元で簡単に角度や方向を調整できます。

最後に、ジンバルを使うと、撮影のクオリティや表現力を高められます。ジンバルは、ブレを抑えるだけでなく、パニングやチルトなどのカメラワークを効果的に行うことができます。これにより、被写体の動きや背景の変化などを引き出し、臨場感や迫力のある映像に仕上げることができます。また、ジンバルは、タイムラプスやハイパーラプスなどの特殊な撮影方法にも対応できます。これらの撮影方法は、長時間かかったり難易度が高かったりしますが、ジンバルを使うことで簡単に挑戦できます。

ジンバルを使うデメリット

ジンバルを使うデメリットは、主に以下の3つです。

  • 価格が高い
  • 重量が重い
  • 設定や操作が複雑

まず、ジンバルを使うと、価格が高くなります。ジンバルは、電動モーターやセンサーなどの高度な技術が必要な装置です。そのため、安いものでも1万円以上、高いものでは10万円以上するものもあります。また、ジンバルには、専用のバッテリーや充電器などの付属品が必要な場合もあります。これらの費用も考慮する必要があります。

次に、ジンバルを使うと、重量が重くなります。

ジンバルは、カメラやスマートフォンを固定するために、金属やプラスチックなどの素材で作られています。そのため、ジンバル自体の重量が数百グラムから数キログラムになることもあります。また、ジンバルにカメラやスマートフォンを取り付けると、さらに重量が増えます。これらの重量は、撮影時に手や腕に負担をかけることになります。特に、長時間の撮影では、疲労や筋肉痛などのリスクが高まります。

最後に、ジンバルを使うと、設定や操作が複雑になります。

ジンバルは、カメラやスマートフォンの重さやバランスに合わせて、微調整する必要があります。これは、ネジやダイヤルなどの部品を動かして行うことが多く、時間や手間がかかります。また、ジンバルは、電源のオンオフやモードの切り替えなどの操作を行う必要があります。これは、ボタンやジョイスティックなどの操作部で行うことが多く、慣れるまで難しいことがあります。

ジンバルを使うメリットとデメリットについて解説しました。

ジンバルを使うと、撮影時のブレを抑えたり、撮影角度や方向を自由に変えたり、撮影のクオリティや表現力を高めたりできます。しかし、ジンバルを使うと、価格が高くなったり、重量が重くなったり、設定や操作が複雑になったりすることもあります。ジンバルを使うかどうかは、自分の目的や予算や好みなどによって決めることができます。ジンバルを使って、素晴らしい映像を撮影してみましょう。

ジンバルのおすすめのブランド・モデル

ジンバルのブランド・モデルは様々ありますが、DJI RONIN-SやFeiyuTech Vimble 2などが人気です。

DJI Osmo Mobile 6

DJI
¥18,490 (2024/02/15 07:46時点 | Amazon調べ)

スマートフォン用ジンバルスタビライザーで安定した映像を記録。

さまざまな技術を組み合わせた高度な DJI 安定化技術により、手ブレなどの検出が困難な画像のブレを補正し、フィルムのような滑らかさで重要な瞬間を捉えます。

ジンバルを広げてスマートフォンを磁石で取り付けるだけで、DJI Mimo アプリがすぐに起動します。タップしてカメラ ビューを開き、すぐに録画を開始します。

高度な ActiveTrack 5.0により、被写体はスムーズに追跡され、常にフレームの中心に保たれます。

被写体が横を向いたり向きを変えたりしても、必ず付いてくるので、物語を捉えるのに最適です。

折り畳み式のデザインで重さわずか 309g のこのモバイル ジンバル スタビライザーは、どこにでも簡単に持ち運ぶことができます。

内蔵の延長ポールにより、ユニークな角度のキャプチャやセルフィーの撮影に最適です。

このDJIジンバルには、写真の撮り方を分かりやすく教えてくれる様々な撮影ガイドが搭載されています。

また、LightCut アプリを使用して、どこにいてもショットを簡単に編集できます。

LightCutはDJI推奨。スマートフォン向けの編集アプリです。

新しく追加されたサイドホイールにより、フォーカスとズームを調整できます。

シネマティックなぼかし表現とスムーズなズームイン・ズームアウトが可能で、美しい映像を撮影できます。
クッション性のある外装は、汚れにくく滑りにくい素材でコーティングされており、ハンドルは人間工学に基づいて設計されており、快適なグリップを実現しています。

プラットフォームの互換性の問題により、DJI Mimoアプリは、Google Play から削除されたため、Google PlayでDJI Mimoを検索することはできないため、最新版をダウンロードしてください。

DJI Osmo Mobile SE

コンパクトなジンバルを取り出して冒険に出かけましょう。マグネットクランプでピタッとくっつくので、撮りたい瞬間を逃しません。

ドリブルでも、サッカーでゴールを決めても、ダンス ステージで回転しても、ショットを逃すことはありません。さまざまなテンプレートを使用して、簡単に編集できます。クリップを編集するだけでなく、インスピレーションに満ちた編集を楽しめます。

3軸スタビライザーが映像のブレを改善し、非常に滑らかな画像をキャプチャできます。

ポートレート モードとランドスケープ モードを簡単に切り替えることができるため、映画やカジュアルなソーシャル メディア コンテンツなどのドラマチックな画像を作成できます。

ボタン 1 つでジンバル モード (フォロー、チルトロック、FPV、スピンショット) をすばやく切り替えて、一瞬を見逃すことはありません。

プラットフォームの互換性の問題により、DJI Mimo アプリは Google Play から削除されています。 そのため、DJI Mimo を検索できません。

そのため、製品エクスペリエンスを向上させるために、DJI 公式 Web サイトにログインして、DJI Mimoの最新バージョンをダウンロードする必要があります。

QIMICスマホジンバル

単軸 QIMIC スマートフォン バラストは、幾何学的な美学と構造力学、インテリジェントな安定化機能、多機能ワイヤレス リモート コントロール (10 メートルのリモート コントロール)、超大型バッテリー (920mAh) の巧妙な融合です。

手のひらサイズ(16.563cm)、軽量(215g)で、いつでも良い瞬間を記録できます。 5段階の伸縮性を備えた多機能スマホスタビライザーです。

iOS 5.0または、Android 4.3以降に適しています。

Zeshbit スマホジンバル

Zeshbit スマートフォン ジンバルは人間工学に基づいて設計され、高精度モーター、多機能リモコン (4 ボタン、10m リモコン)、革新的な折りたたみ式 (20.56.54cm)、超軽量 (227g)、4A スマートフォン ジンバル スタビライザーを使用しています。

Android 4.3およびiOS 5.1以降の幅5.8~​​11cmのスマートフォンに対応しています。

左右と上下の振動をコントロールできる3軸ジンバルとは違い、縦横のブレは補正せず、横のブレはしっかりと。

Zeshbit スタビライザーは 6 軸 32 ビット ARM プロセッサを採用し、強力なコア ジャイロスコープ、高精度モーター コントローラー、高度な安定化アルゴリズム システムを搭載し、自動的に水平方向のバランスを調整し、高品質のビデオやセルフィーを簡単に記録してカメラを補正します。

歩きながらの撮影や動く被写体の撮影でもブレが軽減されます。

AOCHUAN SMART X PRO

AOCHUAN SMART X PRO スマートフォン ジンバル 折りたたみ式スタビライザー。

高度な3軸録画スタビライザー システムです。

Aochuan スマートフォン スタビライザー AI トラッキング、Smart 4.0 アルゴリズム安定化技術を使用して、iPhone 13 Pro Max 用の Smart X Pro ジンバルは、スケートボードで歩いたりジャンプしたりするオブジェクトを追跡します。

この Smart X Pro の更新された追跡バージョンは、より高い精度で顔や子供を認識して追跡します。

コントロール ジョイスティックでさらに速く移動します。最小限の労力で着実に安定させます。

おすすめのジンバル5選【2023年】まとめ

ジンバルは、スマートフォンやアクションカメラの映像撮影に必要不可欠なアイテムです。

中でも、手軽に持ち運びができる小型のジンバルや、高精度で安定した撮影が可能な専用のジンバルが人気を集めています。

また、スマートフォンに直接装着できるタイプや、複数のカメラに対応できる汎用タイプなど、用途に合わせた選択肢があります。

価格帯もさまざまで、初心者から上級者まで幅広く対応できるジンバルが存在します。自分の使い方に合わせて、ぜひお気に入りのジンバルを見つけてみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました