PR

ガーナ旅行は危険?

ガーナ旅行は危険? 旅行
スポンサーリンク

ガーナは西アフリカに位置する国で、豊かな自然や文化、歴史を持っています。

しかし、ガーナ旅行には危険も伴います。感染症や治安の悪化、交通事故など、ガーナで起こりうるリスクを知っておくことが大切です。この記事では、ガーナ旅行の危険について詳しく解説します。

スポンサーリンク

ガーナ旅行は危険?

感染症

ガーナでは、マラリアやデング熱、コレラなどの感染症が流行しています。これらの感染症は、蚊や汚染された水や食べ物によって媒介されます。感染症にかかると、発熱や下痢、嘔吐などの重い症状が出ることがあります。場合によっては死に至ることもあります。

感染症を予防するためには、以下のことに注意しましょう。

  • 旅行前に必要な予防接種を受けること。
  • 蚊に刺されないようにするために、長袖や長ズボンを着用し、虫除けスプレーやネットを使用すること。
  • 水道水や氷は飲まないこと。ボトル入りの水や飲料を購入すること。
  • 生ものや加熱不十分な食べ物は避けること。調理された温かい食べ物を選ぶこと。

治安

ガーナは比較的治安の良い国ですが、近年は経済格差や失業率の高さなどにより、窃盗や強盗、詐欺などの犯罪が増加しています。特に首都アクラや観光地では、外国人を狙った犯罪が多発しています。

治安の悪化を避けるためには、以下のことに注意しましょう。

  • 夜間や人気の少ない場所では一人で歩かないこと。タクシーやバスなどの公共交通機関を利用すること。
  • 貴重品や現金は最小限に持ち歩き、身分証明書やパスポートなどはホテルの金庫に預けること。
  • 見知らぬ人から声をかけられたり、物を渡されたりした場合は断ること。詐欺師や泥棒の手口に引っかからないようにすること。
  • 警察や治安当局から協力を求められた場合は、身分証明書や許可証を見せてもらうこと。偽装した職員に騙されないようにすること。

交通事故

ガーナでは、道路の整備不良や交通ルールの無視、運転技術の低さなどにより、交通事故が多発しています。特に雨季や夜間は視界が悪くなり、事故のリスクが高まります。

交通事故を防ぐためには、以下のことに注意しましょう。

  • 自分で運転する場合は、国際運転免許証を持っていること。道路状況や交通ルールに慣れるまでは、慎重に運転すること。
  • レンタカーを借りる場合は、車の状態や保険の内容を確認すること。事故に巻き込まれた場合は、現場から離れず、警察やレンタカー会社に連絡すること。
  • タクシーやバスなどの公共交通機関を利用する場合は、安全性や信頼性の高いものを選ぶこと。料金や目的地を事前に確認すること。
  • 歩行者や自転車などの弱者として道路を利用する場合は、車両から十分な距離を保つこと。信号や標識に従うこと。
スポンサーリンク

ガーナ旅行は危険?まとめ

ガーナ旅行は、感染症や治安の悪化、交通事故などの危険があります。しかし、これらの危険を知っておき、予防策や対処法を身につければ、ガーナの魅力を存分に楽しむことができます。ガーナ旅行を計画している方は、事前に必要な情報を収集し、安全に注意しながら旅行を楽しみましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました