PR

フランス旅行の治安

フランス旅行の治安 旅行
スポンサーリンク

今回は、フランス旅行に行くときに気になる治安についてお話ししたいと思います。フランスは美しい景色や豊かな文化を楽しめる素晴らしい国ですが、残念ながら治安はあまり良くありません。

特にパリやマルセイユなどの大都市では、スリやひったくり、強盗やテロなどの犯罪が多発しています。そこで、フランス旅行を安全に楽しむためには、どのような注意点があるのでしょうか?この記事では、以下の3つのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

フランス旅行の治安

フランスの風景

貴重品は最小限に持ち歩く

フランスでは、観光客を狙ったスリやひったくりが非常に多いです。特に地下鉄やバスなどの公共交通機関や、観光名所や人混みの多い場所では要注意です。財布やパスポート、カメラやスマホなどの貴重品は最小限に持ち歩き、できるだけ身体に密着させてください。また、バッグは前面に持つか、斜め掛けにして背中や横にさらさないようにしましょう。貴重品はホテルのセーフティボックスやロッカーに預けるのもおすすめです。

無料の物やサービスを断る

フランスでは、無料で物を渡したりサービスを提供したりする人がいますが、これはほとんどが詐欺です。例えば、指輪を拾って渡してきたり、手相を見てあげたり、ブレスレットを作ってあげたりする人がいますが、これらは後で高額なお金を要求される可能性があります。また、署名や寄付を求める人もいますが、これも個人情報を盗まれたりカードを不正利用されたりする危険があります。このような人に声をかけられたら、断固として断りましょう。

緊急時の対処法を知っておく

フランスでは、残念ながら強盗やテロなどの緊急事態に遭遇する可能性もあります。そのような場合は、パニックにならず冷静に対処することが大切です。

緊急の場合は、電話をそれぞれします。警察(17)、緊急医療サービス(112)となっています。

日本語で通報できる場合もありますが、英語やフランス語で話せるとより確実です。次に、日本大使館や領事館の連絡先も知っておくと安心です。

また、海外旅行保険に加入しておくこともおすすめです。

以上、フランス旅行 治安についてのブログ記事でした。フランスは治安が悪いというイメージがありますが、しっかりと注意すれば素晴らしい国です。ぜひ、フランスの魅力を存分に楽しんでください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました