PR

フランス旅行のフリープラン

フランス旅行のフリープラン 旅行
スポンサーリンク

フランスは素晴らしい国で、色々な見どころや体験があります。この記事では、私がフランスでしたことや感じたことを紹介します。

スポンサーリンク

フランス旅行のフリープラン

フランスの風景

フランス旅行の準備

フランス旅行に行く前に、いくつかの準備が必要です。まず、ビザやパスポートの有効期限を確認しましょう。次に、航空券や宿泊先を予約しましょう。私はインターネットで比較検索して、お得なプランを見つけました。また、フランスではユーロが使われるので、両替も必要です。私は空港で両替しましたが、レートが悪かったので、事前に銀行や両替所で両替することをおすすめします。さらに、フランスでは電圧やコンセントの形が日本と違うので、変圧器や変換プラグも持っていきましょう。

荷物の重量やサイズにも注意しましょう。私は23キロまで無料だったので、それに合わせて荷造りしました。

パリでの観光

フランス旅行のメインはやはりパリです。パリは世界的に有名な観光地がたくさんあります。私はエッフェル塔やルーブル美術館、ノートルダム大聖堂などを見て回りました。エッフェル塔は夜にライトアップされてとても美しかったです。ルーブル美術館ではモナ・リザやミロのヴィーナスなどの名画を見ることができました。ノートルダム大聖堂は火災で一部が崩壊していましたが、それでも荘厳な雰囲気がありました。パリではメトロやバスなどの公共交通機関が発達しているので、移動は便利でした。ただし、時刻表や路線図をよく確認しておかないと、迷ってしまうかもしれません。

プロヴァンス地方での滞在

パリだけではなく、フランスには他にも魅力的な地方があります。私はプロヴァンス地方にも行ってみました。プロヴァンス地方は南仏にある地域で、美しい自然や歴史的な建造物が多くあります。私はアヴィニョンやアルルなどの街を散策しました。アヴィニョンは中世の雰囲気が残る街で、教皇庁宮殿やサン・ベネゼ橋などが見どころです。アルルはバン・ゴッホが暮らした街で、彼の絵画に描かれた風景を見ることができます。また、プロヴァンス地方ではラベンダーやひまわりなどの花畑が有名です。私は季節外れだったので見ることができませんでしたが、夏に行けば素晴らしい景色を楽しめると思います。

フランス料理の楽しみ方

フランス旅行では、もちろんフランス料理も楽しみました。フランス料理は世界遺産にも登録されているほどの文化です。私はクロワッサンやバゲットなどのパンや、チーズやワインなどの食材を買って、自分で朝食を作りました。それだけでも十分に美味しかったです。また、レストランではエスカルゴやフォアグラなどの有名な料理や、地方の特産品を試しました。どれも味や食感が独特で、舌の肥えた日本人でも満足できるものでした。ただし、フランス料理は量が多いので、食べ過ぎには注意しましょう。

スポンサーリンク

フランス旅行のフリープランまとめ

フランス旅行のフリープランは、自分のペースで色々なことを楽しめるというメリットがあります。しかし、その分準備や計画が必要です。私は事前にガイドブックやインターネットで調べて、自分の興味のある場所や食べ物をピックアップしました。それでも現地では思わぬトラブルや発見がありました。それも旅の醍醐味だと思います。フランスは日本とは違う文化や習慣があるので、コミュニケーションやマナーには気をつけましょう。私はフランス語がほとんど話せませんでしたが、ジェスチャーや英語で何とかなりました。フランス人は親切で礼儀正しい人が多いです。フランス旅行のフリープランは、自分の好きなことを好きなだけできる素晴らしい体験です。ぜひ挑戦してみてください。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました