PR

フランス旅行は危険?

フランス旅行は危険? 旅行
スポンサーリンク

フランスは美しい国で、多くの人が観光や留学に訪れています。しかし、フランスにも危険な場所や状況があります。この記事では、フランス旅行で注意すべき危険なことを紹介します。

スポンサーリンク

フランス旅行は危険?

フランスの風景

テロの脅威

フランスは近年、イスラム過激派によるテロの標的になっています。2015年にはパリで同時多発テロが起き、130人以上が死亡しました。

2020年にはパリやニースで教師や教会関係者が殺害されました。

フランス政府はテロ対策を強化していますが、完全に防ぐことはできません。フランス旅行中は、人混みや公共交通機関、観光地などで警戒する必要があります。

また、緊急時の連絡先や避難方法を事前に確認しておくことも重要です。

スリや強盗

フランスは欧州でもスリや強盗の多い国の一つです。

特にパリでは、観光客を狙った犯罪が頻発しています。スリや強盗は、駅や地下鉄、バスなどの公共交通機関や、エッフェル塔やルーブル美術館などの有名観光地でよく起こります。

犯罪者は様々な手口で観光客をだましたり脅したりします。

例えば、署名や寄付を求める人、指輪やブレスレットを売ろうとする人、花束やハート形の風船を渡そうとする人などに注意してください。

これらの人たちは、あなたの気をそらしたり感情に訴えたりして、貴重品を盗んだり高額な代金を要求したりする可能性があります。

フランス旅行中は、貴重品は最小限に持ち歩き、身体に密着させてください。また、不審な人や物に近づかないようにしましょう。

ストライキやデモ

フランスではストライキやデモが頻繁に起こります。

ストライキやデモは政治的・社会的・経済的な問題に対する市民の抗議活動ですが、時に暴力的になることもあります。

ストライキやデモは交通機関や公共サービスに影響を与えることが多く、フランス旅行者の移動や観光に支障をきたすことがあります。

また、ストライキやデモの現場では警察と衝突することもあるため、危険です。

フランス旅行中は、ストライキやデモの予定や状況をニュースやインターネットでチェックするようにしましょう。

もしストライキやデモに巻き込まれそうになったら、すぐにその場から離れてください。

スポンサーリンク

フランス旅行は危険?まとめ

フランス旅行は素晴らしい経験になるでしょうが、危険なこともあります。

テロや犯罪やストライキなどに注意して、安全に楽しく旅行しましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました