PR

スーツケースベルトは必要?メリットとデメリット

スポンサーリンク

ここでは、スーツケース ベルトのメリットとデメリット、おすすめの商品や使い方のコツなどを紹介します。

スーツケース ベルトとは、スーツケースに取り付けるベルトのことで、荷物の安全性や見分けやすさを高めるアイテムです。では、スーツケース ベルトは本当に必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

スーツケースベルトは必要?メリットとデメリット

スーツケース

スーツケースにベルトは必要?メリットとデメリットを解説します。

スーツケースベルトのメリット

スーツケース ベルトには、以下のようなメリットがあります。

荷物の安全性を高める

スーツケース ベルトは、スーツケースのファスナーやロックが壊れたり開いたりするのを防ぎます。また、スーツケースが破損したり盗難にあったりするリスクを減らします。

見分けやすくする

スーツケース ベルトは、色や柄などで自分のスーツケースを目立たせることができます。これにより、空港や駅などで他の人と間違えることや探す時間を減らすことができます。

スペースを有効に使う

スーツケース ベルトは、スーツケースに余裕がある場合に、上から荷物を固定することでスペースを有効に使うことができます。また、スーツケース ベルトにポケットやフックなどが付いているものもあり、小物やコートなどを収納することができます。

スポンサーリンク

スーツケースベルトのデメリット

一方、スーツケース ベルトには、以下のようなデメリットもあります。

荷物の重量やサイズに制限がある

スーツケース ベルトは、荷物の重量やサイズによっては取り付けられない場合があります。例えば、重量制限がある航空会社では、スーツケース ベルトを含めた荷物の重量がオーバーすると追加料金が発生する可能性があります。

また、サイズ制限がある場合は、スーツケース ベルトがはみ出したり引っかかったりする恐れがあります。

取り外しや調整に手間がかかる

スーツケース ベルトは、取り外しや調整に手間がかかる場合があります。例えば、セキュリティチェックや搭乗前検査などで荷物を開ける必要がある場合は、スーツケース ベルトを外さなければならない場合があります。

また、荷物の中身を出し入れする際にも、スーツケース ベルトを外したり緩めたりしなければならない場合があります。

スーツケースベルトの使い方のコツ

最後に、スーツケース ベルトの使い方のコツをいくつか紹介します。

スーツケースベルトを取り付ける前に、荷物の重量やサイズを確認する

スーツケース ベルトを取り付ける前に、荷物の重量やサイズを確認しましょう。重量制限やサイズ制限がある場合は、スーツケース ベルトを取り付けない方が良い場合もあります。

また、スーツケース ベルトを取り付けるときは、しっかりと引っ張って締めることで、荷物がずれたり落ちたりするのを防ぎましょう。

スーツケースベルトを目立たせる

スーツケース ベルトを目立たせることで、見分けやすくすることができます。

色や柄は自分の好みやスーツケースに合わせて選びましょう。また、名前や連絡先などを書いたタグやシールなどを貼ることもおすすめです。

これにより、万が一荷物が紛失したり間違えられたりした場合にも対処しやすくなります。

スーツケースベルトを上手に活用する

スーツケース ベルトは、荷物の安全性や見分けやすさだけでなく、スペースを有効に使うこともできます。

例えば、上から荷物を固定することでスペースを有効に使ったり、ポケットやフックなどに小物やコートなどを収納したりすることができます。

[タビトモ] スーツケースベルト 205cm 品番32138 205 cm 0.18kg

TABI TOMO(タビトモ)
¥2,200 (2024/02/18 13:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

タビトモのスーツケースベルトです。重量は180gで、長さが205cmあります。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
スーツケース旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました