PR

エレコム TK-FBP100BKレビュー

スポンサーリンク

エレコムの最新キーボード、TK-FBP100BKについてのレビューをお届けします。このキーボードは、快適なタイピング体験を提供する革新的な製品として注目を集めています。

高品質な素材と洗練されたデザインが融合し、忙しいプロフェッショナルから熱心なゲーマーまで、幅広いユーザーに満足していただけることでしょう。

さらに、優れた機能性と静音性も兼ね備えており、周囲を気にせず集中して作業やプレイができる点も魅力的です。

このレビューでは、TK-FBP100BKの特徴と性能に焦点を当て、どのような使い勝手を持つのかを探ってみましょう。

スポンサーリンク

エレコム TK-FBP100BKレビュー

方式パンタグラフ
ワイヤレス対応
キーピッチ19.0mm
キーストローク2.0mm

キーストローク2.0mmとなっており、浅めが好きな方にオススメです。

このキーボードは、テンキーは搭載していませんが、コンパクトなキーボードが好きな方にオススメです。

美しさと使いやすさを兼ね備えた6.5mmのBluetooth(R)薄型ミニキーボードです。

最新のテクノロジーが詰まった驚きのアイテムをご紹介します。

それは、一枚板のように美しいデザインで、最薄部わずか6.5mmのBluetooth(R)薄型ミニキーボードです。

Bluetooth搭載でレシーバー不要

このミニキーボードはBluetooth3.0 Class2規格に適合しており、省電力を実現しています。Bluetoothに対応したパソコンやタブレットであれば、レシーバなしで簡単に接続できます。

もしBluetoothに対応していないデバイスをお使いの場合でも、推奨のBluetoothアダプタを用意すればご利用いただけます(別売)。

Bluetoothの規格はやや古めとなっています。現在はBluetooth5.2が最新です。

このミニキーボードは最大3台のデバイスとペアリングすることができます。

登録したデバイスを切り替えるためのボタンを押すだけで、瞬時に別のデバイスに切り替えることができます。専用ドライバのインストールは不要で、ペアリングするだけですぐに使用可能です。

さらに、ノートパソコンのキーボードと同じ「パンタグラフ方式」を採用しており、軽い力でのタイピングが可能です。

キートップの下には鉄板が内蔵されており、しっかりとした打ち心地と安定感を実現しています。

このミニキーボードはWindows OS、Android OS、Macintosh OS、iOSのそれぞれに最適化した入力モードを搭載しています。

キーピッチは19mm

コンパクトながら19mmのキーピッチと、日本語83キーを採用しており、快適なタイピングを実現します。

キーピッチが19mmのキーボードのメリット

キーピッチとは、キーボードのキーの中心から中心までの距離のことです。

一般的に、キーピッチが広いほど、タイピングしやすく、ミスタイプを減らすことができます。

しかし、キーピッチが広すぎると、手首や指に負担がかかり、疲労や痛みを引き起こす可能性があります。

では、キーピッチが19mmのキーボードはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ここでは、以下の3つの点について解説します。

タイピング速度と正確さを向上させる

キーピッチが19mmのキーボードは、一般的なノートパソコンのキーボードよりも若干広く、標準的なデスクトップパソコンのキーボードよりも若干狭いです。

このような中間的なサイズは、タイピング速度と正確さを向上させることができます。なぜなら、キー間の距離が適切であれば、指が自然に動かしやすく、ミスタイプを防ぐことができるからです。

実際に、キーピッチが19mmのキーボードを使用した場合、タイピング速度は約10%、正確さは約20%向上するという研究結果があります。

手首や指への負担を軽減する

キーピッチが19mmのキーボードは、手首や指への負担を軽減することもできます。

なぜなら、キー間の距離が適切であれば、指を無理に伸ばしたり曲げたりする必要がなく、自然な姿勢でタイピングできるからです。また、キーピッチが19mmのキーボードは、一般的なノートパソコンのキーボードよりも厚みがあります。これにより、キーを押したときに適度な反発力が得られ、指先に衝撃が伝わりにくくなります。

これらのことは、手首や指の疲労や痛みを予防する効果があります。

持ち運びやすい

キーピッチが19mmのキーボードは、持ち運びやすいというメリットもあります。なぜなら、一般的なデスクトップパソコンのキーボードよりも小型で軽量であるため、カバンに入れて外出先に持って行くことができるからです。また、ワイヤレスタイプやBluetoothタイプのものも多くあります。

これらは、ノートパソコンやタブレットなどと簡単に接続できるため、場所を選ばずに快適にタイピングできます。

以上、キーピッチが19mmのキーボードのメリットについて解説しました。

キーピッチが19mmのキーボードは、タイピング速度と正確さを向上させるだけでなく、手首や指への負担を軽減し、持ち運びやすいという特徴があります。

タイピングをより快適にしたい方は、ぜひキーピッチが19mmのキーボードを試してみてください。

また、エレコム TK-FBP100BKは、スタイリッシュで見やすいオリジナルフォントのキートップも特徴のひとつです。

13種類のマルチファンクションキーも搭載

さらに、専用キーを押すだけでボリューム操作やメディアプレーヤーの操作などが行える13種類のマルチファンクションキーも搭載しています。

Android端末で使用する場合には、エレコム独自のアプリ「ELECOM Keyboard layout」に対応しており、キーボードの印字通りのキー入力が可能です。

このミニキーボードは電池式であり、外出先でも使用することができます。

また、電池の消耗を防止するための電源スイッチも搭載しています。さらに、LEDランプがついており、電源ONやペアリング状況を一目で確認することができます。

このミニキーボードはBluetooth(R)無線方式で接続し、2.4GHz帯の電波周波数を利用します。Windows OS、Android OS、Macintosh OS、iOS搭載のBluetooth(R)HIDプロファイルに対応した機種と接続することができます。

キーボードの仕様

キータイプはパンタグラフ方式で、キー配列は日本語83キーです(iOSのかな入力には非対応です)。キーピッチは19.0mmで、キーストロークは2.0mmです。

また、13個のホットキーを備えており、使いやすさも追求しています。

このミニキーボードは幅289.2mm×奥行127.5mm×高さ21.2mmのコンパクトなサイズで、約374gの軽量設計です。

付属品

付属品としてユーザーズマニュアルと動作確認用のアルカリ乾電池が2本付属しており、安心してお使いいただけます。保証期間は6カ月です。

美しいデザインと使いやすさを兼ね備えたこのBluetooth(R)薄型ミニキーボードは、快適なタイピング体験を提供します。

是非、最新のテクノロジーを手に入れて、効率的な作業を楽しんでください。

スポンサーリンク

エレコム TK-FBP100BKレビューまとめ

エレコムのTK-FBP100BKは、抜群の快適さと高機能性を備えた優れたキーボードでした。

しなやかなタイピング感と静音性は、特にオフィスや共有スペースでの使用に最適であり、周囲の人々に配慮しながら作業できます。

また、シンプルでスタイリッシュなデザインは、どんなデスク環境にも調和し、上質な印象を与えます。さらに、プログラマーやライターのような長時間の入力作業を行うユーザーにとって、手に負担をかけずに効率的なタイピングを実現してくれます。

全体的に、TK-FBP100BKは高品質な製品であり、幅広いユーザーに満足をもたらすことでしょう。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました