海外旅行時の防犯対策「ダミー財布」の選び方【海外旅行の持ち物】

旅行

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、海外旅行時の防犯対策「ダミー財布」の選び方【海外旅行の持ち物】、についてです。

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

 

  • 海外旅行時の防犯対策を知りたい
  • 「ダミー財布」の選び方について知りたい

 

※今回の記事は、防犯対策にも役立ちますが、悪人の人へ知恵を与えてしまう可能性もあるので、発信者としては注意が必要な内容と考えています。

但し、今回ご紹介する内容は、既にプロである悪人なら、既に知っている内容だと思いますし、また、特別な内容ではないため、公開することにしました。

 

ダミー財布とは?

ダミー財布とは、旅行先で悪い人に遭遇して金を要求された時に、ダミー財布を差し出すことで、ダミー財布に入っている金銭以外の被害を抑えることができるというものです。

 

ダミー財布って必要なの?

ダミー財布の要否については、議論が分かれるところです。

僕が以前読んだ本の中には、ダミー財布を持って行っても、悪人の人達はダミー財布の存在を知っており、身ぐるみはがされるパターンもあるから意味がないと書いてありました。

また、インターネットでダミー財布について検索してみると、持って行った方が良いと書かれている記事も見かけたことがあります。

そのため、ダミー財布を持っていくべきかどうかは、なかなか結論が出にくいのだと思います。

 

僕個人の見解としては、持って行った方が良いと思っています。持って行くことで貴重品が助かる選択肢が増えると思うからです。

僕はダミー財布を持っておくべきだったなと思ったことが1度あります。それ以来、ダミー財布を持って行くことにしています。

 

但し、持って行った方が良いと100%断言することもできないので、あくまで個人的見解に留めさせていただきます。責任は負いかねますので、ご了承下さい。

持って行ったとしてもそれで無事助かるかどうかは正直分かりません。その時の状況や運にもよるかと思います。

 

今回は、ダミー財布を持って行く前提でお送りしようと思います。

 

ダミー財布の選び方

続いて、ダミー財布の選び方についてです。

以下の2点についてお送りします。

 

  • ダミー財布の選び方
  • ダミー財布の中身
  • 収納場所

 

ダミー財布の選び方

まずダミー財布の選び方ですが、取られることが前提の財布なので、材質は何でも良いと思っています。形状は、二つ折り財布がポケットにもしまえるため、コンパクトで良いと思っています。

ダミー財布なので、100円ショップに売っている財布でも問題はないと思っています。

 

ダミー財布を本物っぽく見せることが重要

ダミー財布を本物っぽく見せることが重要だと考えています。

ダミー財布が新品すぎたり、逆に古すぎると、それはそれで疑いの目で見られるのかもしれないなと思っています。

悪い人がどう感じるかはケースバイケースだと思うので、最適解をはっきりと断言できないのがもどかしいのですが、本物の財布っぽく見せる意識は持っておいた方が良いかと思います。

例えば、普段から使っているように見せるため、少しくたびされることができる場合はありかもしれません。

 

ダミー財布の中身

ダミー財布の中身についてです。

ダミー財布に入れる物は、大きく分けると以下の2点です。

 

  • 紙幣
  • ダミーのカード

 

紙幣

ダミー財布には、現地のお金またはUSドルを入れるのが良いかと思っています。

余談ですが、日本のお札は世界の中でも比較的大きい部類に入るので、日本のお札が入る日本の財布ならば、だいたいある程度の国で対応することが可能です。

従って、お札がはみ出るということは一部例外を除いてほとんどないと思います。

 

何円分お札を入れるかですが、それについても議論が分かれるところだと思います。

インターネットで、紙幣は2000円分入れるのが良いという意見を目にしたことがありますが、果たして2000円で命が助かるかどうかは、ケースバイケースだと思います。運の要素も強いかもしれません。

従って、個人的見解としては、不勉強かもしれませんが、相場が分かりません。

僕個人の意見としては、少なくとも2000円は入れるべきかなと思っています。各国の物価に合わせて変動させるのも良いのかもしれませんが、僕はやっていません。

 

ダミーのカード

先ほど、悪人の人達はダミー財布の存在を知っており、身ぐるみはがされるパターンもあるから意味がないと書きました。

ただ、本物の財布っぽく見せる必要もあるかと思います。そこで、ダミーのカードを入れる方法も方法の一つとしてありかと思います。

そこで、使用していないポイントカード等のカードを入れるのが良いかと個人的には思います。

 

悪人はクレジットカードやキャッシュカードを要求するのか?

ちなみに、クレジットカードやキャッシュカードは足が付きやすいだけでなく、すぐにカード停止をすることができるので、そもそも要求されることはまれだという意見があるようです。

 

期限の切れたクレジットカードを入れるのはどうか?

期限の切れたクレジットカードを入れた方が良いという意見も目にしたことがあります。

ただ、期限切れのクレジットカードは、クレジットカード会社の人から、ハサミで切るようにという指示が出るかと思います。

ですので、使用済みのクレジットカードを持って行くことをこの場で推奨するのは、問題かと思います。

また、使用済みのクレジットカードを持っている方もあまりいないかと思うので、あまり現実的ではなく、難易度も高いかと思います。

 

また、クレジットカードやキャッシュカードは足が付きやすいので、要求されないと先ほど述べましたが、万が一クレジットカードに書かれた日付を見られると、使用済みカードであることもバレてしまうので、効果が薄いように個人的に思います。

 

以上の理由より、期限済みクレジットカードを入れるのは、難易度が高いかと思います。

従って、先ほども述べましたが、使用していないポイントカード等のカードを入れるのが良いかと思います。

また、本物の財布の感じを出すために、不要なレシートを何枚か入れるのも良いかもしれません。

ダミー財布をしまう場所

最後にダミー財布をしまう場所ですが、財布を取り出そうとする時に相手から自分の手が見えないと、悪人に不安感を与えてしまう可能性があります。

というのも、「銃を取り出そうとしているのではないか」と疑われたりすることもあるようで、最悪の場合、撃たれてしまう可能性も0ではないように思います。

 

従って、ダミー財布は相手から見える範囲内にしまうのが良いかと思っています。

例えば、ズボンの場合は、前ポケットが最適なのではないかと僕は思っています。

 

ジャケットの内ポケットにダミー財布をしまうのはどうか?

ジャケットの内ポケットにダミー財布をしまうのはどうかと言うと、良くはないと思います。理由としては、「ショルダーホルスター」という拳銃を固定するための器具を使った際に、ジャケットの内ポケット付近に拳銃をしまうことがあるからです。

 

悪人からすると、「ジャケットの内側にしまってある銃を取り出そうとしているのではないか」と勘違いする場合もあるかもしれないので、良くないでしょう。

つまり、拳銃をしまうことができそうな位置については、ダミー財布を入れない方が良いと思います。

 

ただ、「hands Up!」と言われて、その状態で悪人の人が自分の体を触って取り出す場合は、ダミー財布をどこにしまっていても関係ありません。

また、万が一身ぐるみをはがされる時は、ダミー財布をどこにしまっていても全く関係ありません。

 

最後に

ダミー財布についての解説は以上となります。

今回ご紹介した内容は、あくまで個人的見解なので、責任は一切負うことができませんので、予めご了承ください。

 

この動画をご参考に旅行が最適なものになれば幸いです。

最後までご視聴いただきありがとうございました。

 

関連記事

海外旅行の持ち物リスト!便利なグッズやアプリ紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました