PR

おすすめのドライブレコーダー6選【2023年】

おすすめドライブレコーダー 家電
スポンサーリンク

ドライブレコーダーは、車を運転する際に必要不可欠なアイテムの1つです。

事故やトラブルが起こった際に、証拠となる映像を残すことができるため、安全運転にも役立ちます。

しかし、ドライブレコーダーの種類が多く、どれを選べばいいか迷ってしまうかもしれません。

そこで、この記事では、おすすめのドライブレコーダーをご紹介します。

それぞれの特徴や使い方を解説しているので、ドライブレコーダーの購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、おすすめのドライブレコーダー6選【2023年】、についてです。

ドライブレコーダーは、あおり運転をされた場合、証拠として用いることができる点で、装着しておくと安心です。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

・おすすめのドライブレコーダーを知りたい!

スポンサーリンク

ドラレコを車に取り付けるメリット

車で荷物を運ぶ人

ドライブレコーダーを車に取り付けることには、以下のようなメリットがあります。

事故の記録が残る

ドライブレコーダーは、事故時に自動的に録画が開始され、事故の瞬間を記録することができます。

これにより、事故の原因や責任を確認することができるため、保険会社とのトラブルを避けることができます。

ドラレコを導入することで、初期投資はかかるかもしれませんが、万が一の事故の際、証拠が無いと不利になる場合もあるので、そう考えると、ドラレコ導入は、良い初期投資と言えるでしょう。

安全運転の促進

ドライブレコーダーを車に取り付けることで、自分の運転や周囲の状況を常に録画できるため、安全運転につながる意識を促進することができます。

盗難や事故後のトラブル対策

ドライブレコーダーは、車が盗難に遭った場合や事故後に車を修理する際に、証拠として役立つことがあります。

走行記録や風景の記録

ドライブレコーダーには、GPS機能や高画質なカメラが搭載されているものもあり、ドライブ中の風景や走行記録を記録することができます。

また、これらの記録をSNSなどで共有することもできます。

マイクロSDカードはアダプターを付けることで、SDカードとしても使用できるため、様々な用途に使用することができるのが利点です。

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの選び方

ドライブレコーダーの選び方をご紹介します。

2カメラ

ドライブレコーダーの中には、1カメラではなく、2カメラのものがあります。前と後ろ(車内)を撮影できるというものです。社内も録画したい方には、2カメラのドライブレコーダーがオススメです。

分離型は、あおり運転が気になる方にオススメ

ドライブレコーダーの選び方として、あおり運転に対応しているものを選ぶのも良いでしょう。具体的に言うと、フロントカメラとバックカメラの2つに分かれている、分離型と呼ばれるタイプのドライブレコーダーを選ぶのがポイントです。

バックカメラは後部ナンバープレート部分に装着するタイプがあります。それにより、車の後ろの状況を録画できます。

画質

ドライブレコーダーを選ぶ上で、画質は重要です。200万画素以上ならば、フルハイビジョン録画ができます。

そのため、ナンバープレートや標識をはっきりと録画させることができるとされています。そのため、200万画素以上のドライブレコーダーを選ぶのがオススメです。

高画質な映像で録画することにより、万一のトラブルや事故が発生した際の、事故原因の解明・分析やスムーズな事故処理などに役立つのでメリットです。

なお、フルHDとは解像度の一種で、1920×1080ピクセルのことです。

SDカードチェック機能

多くのドライブレコーダーではSDカードが破損していても通常通り起動してしまい、映像を記録できていないことがあります。

「SDカードチェック機能」が付いていれば、起動時にmicroSDHCカードをチェックし、カードが破損していた場合は、LED表示で異常を知らせてくれるので、取り逃しを防止できます。

録画機能で選ぶ

ドライブレコーダーの録画機能には様々なものがあります。

24時間記録対応

ドライブレコーダーの選び方として、24時間記録対応のものを検討するのも良いでしょう。

夜間、車の監視をしたい場合にも24時間記録のものだと安心です。

駐車監視モードパス機能

一時的に駐車監視モードを解除する機能です。例えば、振動の多い場所、風の強い日など、機械式立体駐車場、衝撃を検出しやすい場所などに駐車する際に役立ちます。

タイムラプス録画

1秒(あるいは数秒)ごとに、1枚ずつ写真を記録し、それを短い動画に圧縮して保存することによって、長時間の録画が可能となる機能です。長時間撮影したい場合にオススメです。

ナイトビジョン機能

明かりの少ない夜間の駐車中において、比較的明るく記録可能な機能です。

ワンタイム駐車監視モード

「通常駐車監視機能」をオフに設定していても、「ワンタイム駐車監視モード」を設定しておくことで、外出先でのみ機能する形となります。

外出先でのみ使用したい場合などに役立ちます。

ループ録画

ループ録画機能とは、microSD メモリーカードの容量がなくなった際、自動的に古いファイルから順に上書きし、繰り返し保存し続ける機能です。録画できていないトラブルが軽減します。

衝撃録画機能

「衝撃録画機能」は、衝撃を感知した時、自動的に録画する機能です。

緊急録画停止機能

事故などの大きな衝撃を受けた際、録画を自動で停止する機能です。

事故後にそのまま車両を移動させたり、修理工場で修理を行う際など本製品がオンになった場合など、無意識のうちに重要な映像を上書きしてしまうことを防止するための機能です。

マニュアル録画機能

スイッチを押すことにより、任意のタイミングで、映像を記録することが可能な機能です。

固定方法

ドライブレコーダーの固定方法には以下の種類があります。

・粘着シール
・吸盤タイプ

粘着シールの場合は、しっかり固定できる点がメリットです。落下する危険性も低くなります。ただし、ものによっては、剥がす時が面倒な場合があります。

吸盤タイプは、設置場所を気軽に変更できる点がメリットです。また、剥がす際も跡が残らないので、剥がした後の処置も不要です。

しかし、太陽光により車内温度が上昇したり、直接熱を受けると、ゴムが膨張し、走行中に落下などの危険性がある点がデメリットになり得ます。

記録映像反転機能

記録映像反転機能が搭載されたドライブレコーダーの場合、内蔵されたGセンサーによって上下を自動で判別し、記録映像を反転させることができます。

そのため、ダッシュボードなどへも取付けが可能な点がメリットです。

LED信号機対応

信号機には、LEDが用いられたLED信号機というものがあります。

LEDは、目に見えないサイクルで点滅を繰り返しているので、撮影機器のフレームレートの違いによって、同調が起きると、点滅もしくは消灯するという現象が起こります。

そこで、LED信号が消えてしまうのを防止する、LED信号機対応ドライブレコーダーがオススメです。

LED信号機をはっきりと録画することによって、万が一の事故やトラブルなどの際に、証拠として残す事ができます。

GPS機能

GPS搭載モデルならば、位置の記録が行えます。

煽り対策としてドライブレコーダーのステッカーを貼るのもオススメ

煽り(あおり)対策として、ドライブレコーダーでの録画中と書かれたステッカーを貼るのもオススメです。マグネットや吸盤タイプのドライブレコーダーのステッカーもあります。

ただし、あくまで煽り対策のみで万が一の際の録画はできませんので、証拠には残りません。ドライブレコーダーと合わせて設置するのが最もオススメです。

ドライブレコーダー用microSDカードを選ぶ

注意点として、ドライブレコーダー用のmicroSDカードは、通常のmicroSDカードではなく、microSDカードに適した耐久性の高いmicroSDカードを選ぶべきとされています。

何度も書き換えが発生するので、耐久性が求められるためです。

ドライブレコーダー用microSDカードを選ぶ場合は、ドライブレコーダーに適したmicrosdのおすすめ紹介にて解説しておりますので、興味がございましたらご覧下さい。

売れ筋の人気ドライブレコーダーを確認する

Amazonは、最大手のインターネットショッピングサイトです。

店頭で買うよりも安く購入できる商品も多く、配送も比較的早いです(商品や住む場所によって異なる場合もあります)。

ドライブレコーダーを購入する場合にAmazonはオススメです。

Amazon ドライブレコーダー本体 の 売れ筋ランキング

ドライブレコーダーのおすすめメーカー

ドライブレコーダーのおすすめメーカーをご紹介します。

コムテック

(株)コムテックは、愛知県に本社を置く、メーカーです。日本でもシェアが高く人気のメーカーの1つとなっています。Amazonでも売れ筋となっています。

安いおすすめドライブレコーダー|1万円台

最初は、1万円台の安いおすすめドライブレコーダーをご紹介します。

ケンウッド ドライブレコーダー DRV-350-B

ケンウッド(KENWOOD)
¥10,060 (2024/02/02 18:07時点 | Amazon調べ)

ドライブレコーダー国内大手のケンウッド(KENWOOD)社のドライブレコーダーです。

「DRV-350-B」には、緊急イチ押し録画ボタン(手動録画ボタン)が装備されています。

これにより、万が一の際に素早く録画を開始することができます。

録画ボタンを押すと、録画映像が書き換えられないイベントフォルダに自動的に移動し、保存されます。

また、最長24時間のタイマー録画に対応しており、駐車監視録画機能も搭載されています。

衝撃や動体を検知すると、前後とも、検知前3秒間と検知後57秒間の計60秒間録画保存されます。

さらに、「自動起動設定」を使用すると、車両に振動が加わらなかった場合、約5分間駐車中と判断し、車両監視を開始します。

このドライブレコーダーは、高精細なフルハイビジョン録画に対応しています。

デジタル放送と同じフルHD録画なので、走行中の映像がクッキリと高精細で再生できます。

広範囲を記録するために、広視野角レンズを採用しています。水平122°、垂直63°、対角150°の広角レンズを使用することで、撮影範囲が広がり、万一のシーンの記録をしっかりとサポートできます。

また、業界トップクラスの明るさを持つF1.8明るいレンズを使用しており、HDR(ハイダイナミックレンジ)も搭載されています。

HDRにより、逆光やトンネルの出入り口など明暗差の激しい環境下でも、白とびや黒つぶれを抑え、明瞭な映像を記録できます。

DRV-350は、LED信号機に対応していることも特長の一つです。

LED信号機は点滅するため、ドライブレコーダーの撮影周期と一致することで信号機が点滅していないように録画されることがありますが、DRV-350は1秒間に撮影するコマ数を調整することで信号機の無点灯を防止します。

また、DRV-350はエンジンのON/OFFに連動して録画を開始/停止する常時録画機能があります。

エンジンをかけるだけで自動的に録画を開始するため、初めての方でも簡単に操作できます。

さらに、DRV-350にはGセンサーが搭載されており、走行中の突発的な衝撃や急激な速度変化、急カーブが検知されると自動的に緊急録画領域に記録されます。

必要に応じて、手動で録画を開始することもできます。手動で録画された動画は、イベント記録フォルダに保存されます。

ユピテル WDT510c

YUPITERU
¥13,800 (2024/02/02 18:07時点 | Amazon調べ)
解像度(動画)1080P HD(1920×1080)※フロントカメラのみ
720P(1280×720)
画素数フロント:200万画素
リア:100万画素
フレームレートフロント 27.5コマ/秒
リア 30コマ/秒
撮影画角フロント:対角160°
リア:対角150°
Gセンサー(衝撃センサー)有(センサー感度は、0.1段階で調整可能)
GPS機能
駐車監視(録画機能)別売りオプションが必要
録画時間32GB:約102分(フロント:1080P HD、リア:720P)
バッテリー
SDカード対応状況8~32GB対応(Class10以上)
その他・1年保証付き

(株)ユピテルは、東京都に本社を置くメーカーです。日本製のドライブレコーダーです。

WDT510cは、JupiterのベストセラーであるWDT500の後継モデルで、前後に2つのカメラを備えています。

機能をさらに進化しており、リアカメラの視野角が大幅に改善されています。

フロントカメラには運転支援機能を搭載しています。

リアカメラ接続ケーブルを改良。従来のL型コネクタをストレートコネクタに変更することで作業性を向上しています。

コムテック HDR002

コムテック(COMTEC)
¥11,874 (2024/01/21 08:17時点 | Amazon調べ)

このドライブレコーダーの特長は、付属のSDカードで最長約270分記録が可能です。

また、メンテナンスフリーであり、駐車監視機能も搭載されています。本製品は日本製であり、3年間の長期メーカー修理保証が付属しているため、安心して使用できます。

このドライブレコーダーには、パソコンなどで使用されているファイルシステム(FATなど)に比べ、記録と削除の繰り返しによるSDカードの断片化を抑えた専用ファイルシステムが搭載されています。

そのため、SDカードをフォーマットする頻度を大幅に減らすことができます。

さらに、エンジンOFFでも最長24時間映像の記録を続け、駐車場での当て逃げなども記録できます(オプションの駐車監視・直接配線コードが必要です)。

また、事故等の大きな衝撃を受けた際には、録画を自動で停止することで重要な映像の上書きを防止する緊急録画停止機能が搭載されています。

さらに、本製品はバックアップ機能やSDカードチェック機能があり、電源が切断してもスーパーキャパシタによりファイルの破損を抑え、記録した映像を保護することができます。

このドライブレコーダーはHDR機能が搭載されており、白とびなどの明暗差を補正し、逆光にも強く、様々なシチュエーションで安定した映像を記録することができます。

また、東日本/西日本の異なる電源周波の信号機も録画することができ、地デジの受信やナビのGPS受信などへの影響を抑えたノイズ対策も行われています。

さらに、GPS搭載で自車の走行速度や位置情報を録画データと共に記録することができます。

コムテック ZDR016

コムテック(COMTEC)
¥18,234 (2024/02/02 18:07時点 | Amazon調べ)
解像度(動画)フルHD
画素数最大200万画素
フレームレート29.1 / 19.1fps
撮影画角フロント:水平115° 垂直58°(対角145°)
リア:水平112° 垂直84°(対角140°) 
Gセンサー(衝撃センサー)
GPS機能
駐車監視(録画機能)有(オプション)
録画時間非公表
バッテリー
SDカード対応状況4GB~32GB対応 class10推奨
その他

(株)コムテックは、愛知県に本社を置く、メーカーです。ドライブレコーダー国内最大手メーカーで、長年の市場実績から商品品質もアフターサポートも安心です。

車載用カメラ「ZDR016」は、コンパクトなボディに前後2つのカメラを搭載し、Full HDの200万画素で録画ができます。

また、後続車両接近お知らせ機能や運転支援機能なども搭載されています。

このカメラは、後方から接近してくる車両を映像で認識し、お知らせをすることができます。

設定によっては、後続車接近録画データとして記録することも可能です。

さらに、先行車が発進した場合や前方の信号が青信号であることを検出し、お知らせすることもできます。

駐車中も録画を行う駐車監視機能も搭載されており、衝撃を検出すると衝撃前後の映像を記録することができます(オプションHDROP-14が必要)。

さらに、駐車監視機能を一時的にONにしたり、機械式立体駐車場など衝撃を受けやすい場所では駐車監視モードを解除することができるなど、便利な機能がたくさん搭載されています。

また、32GBの大容量SDカードが付属しており、専用ファイルシステムを採用することで、記録と削除の繰り返しによるSDカードの断片化を防ぐことができます。

さらに、起動時にSDカードをチェックし、カードが破損していた場合は液晶表示で異常をお知らせするため、撮り逃しを防止できます。

このZDR016は、運転中の安全や事故防止に役立つ機能が多数搭載された優れた車載用カメラです。

ケンウッド DRV-MR760

ケンウッド(KENWOOD)
¥33,800 (2024/02/02 18:07時点 | Amazon調べ)

ドライブレコーダー国内大手のKENWOOD社のドライブレコーダーです。

前後に対応し、2つのカメラを搭載したDRV-MR760は、高精細なフルハイビジョンカメラを使用し、前方と後方を同時に記録することができます。

また、音声コマンド機能を利用することで、ハンドルから手を放すことなく緊急録画を行うことができます。

さらに、危険車両の検知、警告、自動記録など、最新の運転支援機能が充実しています。

あおり運転に対処するために、緊急イチ押し録画ボタンを搭載しており、前後のカメラには業界トップクラスの明るさを誇るF1.8明るいレンズを使用しています。

トンネル出入り口の白とびや黒つぶれを低減するために、前後2カメラにHDR機能を搭載しています。

さらに、最大容量128GBまでの大容量microSDカードに対応しており、SDカードの定期的なフォーマットが不要で、メンテナンスフリーです。

駐車録画機能も搭載されており、別売りの車載電源ケーブルCA-DR100を使用することで、24時間365日録画が可能です。

長時間録画にも対応し、最長約43時間録画が可能です。

また、GPS機能を搭載しており、万一の時に位置情報などの大切な情報を記録することができます。

さらに、LED信号機の無点灯記録を防ぐLED信号機対応も実現しています。

前方衝突警告、車線逸脱警告、発進遅れ警告、リフレッシュ通知、エコドライブ表示など、運転支援機能も充実しています。常時録画、イベント記録、音声コマンド/緊急イチ押し録画(手動録画)など、3つの録画機能も搭載されています。

おすすめドライブレコーダー|2万円以上

最後に、2万円以上のおすすめドライブレコーダーをご紹介します。

コムテック ZDR035

コムテック(COMTEC)
¥19,990 (2024/02/02 18:07時点 | Amazon調べ)
解像度(動画)WQHD(2560×1440)/FullHD(1920×1080)/HD(1280×720)
画素数フロント:最大370万画素
リア:最大370万画素
フレームレート19.1fps/29.1fps
撮影画角フロント:水平113° 垂直60°(対角133°)
リヤ:水平113° 垂直60°(対角133°)
Gセンサー(衝撃センサー)
GPS機能
駐車監視(録画機能)オプション
録画時間32GBの場合:約120分~約320分
バッテリー
SDカード対応状況8~32GB
その他・microSD(16GB)が付属
・1年保証付き
・LED信号対応
・ノイズ対策済、夜間画像補正、SONY製CMOSセンサー搭載

コムテックのドライブレコーダー「ZDR035」です。

このドライブレコーダーは、2カメラ搭載しているので、2カメラのものが良い方にオススメです。

フロントカメラとリヤカメラにSONYのCMOSイメージセンサー「STARVIS」を搭載しており、ノイズの少ない鮮明で美しい映像を撮影することができます。

さらに、本製品は運転支援機能も搭載しています。

後方から接近する車両を映像で認識し、お知らせを行ったり、先行車の発進を検出してお知らせをすることもできます。

また、前方の信号が青信号であることを検出してお知らせする機能もあります。これらの機能により、より安全で快適なドライブをサポートします。

さらに、オプションのHDROP-14を追加することで、駐車中も録画を行う駐車監視機能を利用することができます。

駐車中に衝撃を検出すると、衝撃前後の映像を記録することができます。

その他にも、便利な機能がたくさんあります。

例えば、駐車監視機能をOFFにしていても、一時的に駐車監視モードに設定することができる「ワンタイム駐車監視モード」や、駐車監視モードを一時的に解除する「駐車監視モードパス機能」があります。

また、フロントカメラとリヤカメラ共に対角168°の広角レンズを採用しており、車両前方左右の広い範囲を記録することができます。

さらに、専用ファイルシステムを採用することで、SDカードの断片化を抑え、フォーマットする頻度を減らすことができます。

さらに、起動時にmicroSDカードをチェックすることで、撮り逃しを防止することができます。

カロッツェリアのZDR035は、様々な機能を搭載し、ドライブの安全性と快適性をサポートする優れたドライブレコーダーです。

おすすめのドライブレコーダー6選【2023年】まとめ

おすすめのドライブレコーダーをご紹介しました。

ドライブレコーダーは、車を運転する際に必要不可欠なアイテムです。

事故やトラブルが起こった際に、証拠となる映像を残すことができるため、安全運転にも役立ちます。

また、最近では、車に搭載されていない車種でも、手軽にドライブレコーダーを取り付けることができます。

ドライブレコーダーの購入を検討している方は、ぜひこの記事を参考にして、自分に合ったドライブレコーダーを選んでみてください。


おすすめのドライブレコーダー6選【2023年】についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました