PR

台湾旅行のデメリット

台湾旅行のデメリット 台湾旅行
スポンサーリンク

台湾は美しい自然、豊かな文化、おいしい食べ物、親切な人々など、魅力的な要素がたくさんあります。しかし、完全に否定的なこともないと言えば嘘になります。

台湾旅行にはデメリットも存在します。この記事では、台湾旅行のデメリットについて説明します。

スポンサーリンク

台湾旅行のデメリット

台湾 夜景

気候

台湾は亜熱帯気候で、一年中暑く湿度が高いです。夏は特に暑さが厳しく、気温が35度を超えることも珍しくありません。

また、台風の影響で大雨や強風が発生することもあります。

冬は比較的涼しくなりますが、暖房設備が整っていない場所が多く、寒さを感じることもあります。気候に慣れていない人は、体調を崩しやすいかもしれません。

交通

台湾の交通は便利な面もありますが、不便な面もあります。

台北や高雄などの大都市では、地下鉄やバスなどの公共交通機関が発達しており、移動に困ることはありません。

しかし、地方や山間部に行く場合は、レンタカーかタクシーを利用する必要があります。レンタカーの場合は、運転免許証の国際化証明書や保険などの手続きが必要です。

タクシーの場合は、運賃が高くつくことや、運転手とのコミュニケーションが難しいことがあります。

言語

会話をしている人達

台湾では公用語として中国語(国語)が使われています。

しかし、日本統治時代に生まれた世代の台湾人の人達の中には、日本語を話すことができる人も中にはいます。

また、若い世代でも日本文化に親しみを持っている人が多く、日本語に対する理解度は低くないとも言えるかもしれません。

しかし、それでも日本語だけで全ての場面でコミュニケーションが取れるというわけではありません。

特に地方や山間部では、中国語しか話せない人もいます。英語もあまり普及しておらず、看板やメニューなどに英語表記がない場合も多々あります。

言語の壁にぶつかることで、困惑や不安を感じることもあるでしょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
台湾旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました