Twitter等のSNSで拡散されやすいツイートにするコツ

スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

Twitter等のSNSで拡散されやすいツイートにするにはどうすればよいか?ということで、拡散されやすいツイートにするためのコツを考えました。

 

自分のツイートが拡散されるために必要なことは以下の通りです。

 

スポンサーリンク

Twitterには、リツイートといいね機能しかない

Twitterには、リツイートといいねの2つしかないありません。

「よくないね」ボタンは無いため、社会の問題をつぶやいた場合、いいねというボタンだと、評価の表現としてツイートとマッチしないことから、いいねが付きにくい傾向があると思います。

 

Twitterの場合、ハッシュタグを使って、人目につく投稿をするといいねが付きやすい

自分だけが知っている言葉で呟くと、他の人の検索でヒットしないため、自分のツイートが拡散されにくいです。

そのため、ハッシュタグを入れることが有効な手段です。

 

話題のハッシュタグは、Twittrend(ついっトレンド)というサイトで調べることができます。

参考サイト:Twittrend(ついっトレンド)

 

Twitterでは、ネガティブよりもポジティブなツイートをするといいねが付きやすい

ネガティブな言葉よりも、ポジティブな言葉の方がリツイートやいいねが付きやすいです。

 

最後の1文が、ネガティブな言葉になっていると、「このツイートにイイねすると、誤解されそうだな」という心理が個人的に働いてしまいます。恐らくこれは僕だけでなく、多くの人もそうではないかと思います。

そのため、ネガティブな一文を入れないようにすると、リツイートやいいねが付きやすいのではと思います。

 

ただ、リツイートは、リツイートした人の感情(意見)は含まれないため、ネガティブな意見であってもリツイートされる可能性はあります。

 

これはどういうことかと言うと、いいねには、「いいね!」という感情(意見)が含まれていますが、リツイートはどういう意図でリツイートしたかが分からないことから、リツイートしやすいという側面もあります。

 

例)

「国の〇〇の制度は、クソだと思う!僕はおかしいと思う!」

→人によってはいいねを押しにくいツイートかもしれません。しかし、そういう制度があるという事実を多くの人に知ってもらうために、リツイートする人は居るかもしれません。

 

Twitterでは、目新しいツイートをすると拡散されやすい

誰も真似できないことは拡散されやすいと思います。

 

どこかで見たようなツイートだと、リツイートやいいねは付きにくいと言えます。一方、目新しいツイートは、リツイートやいいねが付きやすいので、そういうツイートを心掛けると良いでしょう。

 

 

Twitterでは、分かりやすいツイートをすると拡散されやすい

凄さが一瞬で見えるとリツイートやいいねが付きやすいです。

一瞬で意味が伝わることの方がインパクトはあると思っています。

そのツイートを見て3秒以内に意味がわかって凄いと感じるものの方がいいと思ってます。

文章で凄さを伝えるのはなかなか難しいかもしれません。

文章よりも写真の方が伝えやすいのかなと僕は思っています。

文章の凄さよりも、写真の凄さの方が、伝わりやすい面があるでしょう。

 

一方で文章の場合でもダブルミーニングになっていて実は別の意味が隠されているというようなものは他の人が解説をしてくれて初めて深みが増して意味が分かるという部分もあります。

つまり伝える人がいればそれが拡散される可能性はあるということです。

 

Twitterでは、有名人のツイートをコメント付きでリツイートすると拡散されやすい

その方法を取ると、自分のリツイートした投稿に対し、元のツイートをした有名人の方が、いいねをしてくれる場合があります。そこから拡散する場合もあります。

また、有名人のツイートをコメント付きでリツイートすることで、その有名人のファンの人が、自分のリツイートした投稿を見てくれる可能性が増える為、いいねが付きやすくなります。

 

ツイッター豆知識

「拡散希望」という言葉をツイート内に入れると、自動でリツイートしてくれるアカウントがあるようです。

それによって、人目に触れやすくなるので、それを使用するのも良いかもしれません。

 

こんな記事も読まれています:

【副業】自分の出版した電子書籍は、どう宣伝し、どう広告を出すべきか

コメント

タイトルとURLをコピーしました