PR

Widevine L1、L2、L3の違い

スポンサーリンク

最近中華タブレットの商品ページ等で頻繁に見るようになってきた、Widevine L1 L2 L3 違いについて解説します。

WidevineはGoogleが提供するデジタル著作権管理(DRM)システムで、動画配信サービスなどで使われています。

最近急に見かけるようになりました。

WidevineにはL1、L2、L3という3つのセキュリティレベルがありますが、それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

Widevine L1、L2、L3の違い

Widevine L1とは?

Widevine L1は最も高いセキュリティレベルです。

Widevine L1をサポートするデバイスでは、暗号化された動画コンテンツをデコードする際に、ハードウェアレベルでの保護が行われます。

つまり、動画データがメモリやストレージに露出することなく、安全に再生されます。

Widevine L1をサポートするデバイスは、NetflixやAmazon Prime Videoなどの高画質(HDや4K)のストリーミングを楽しむことができます。

Widevine L2とは?

Widevine L2は中間的なセキュリティレベルです。Widevine L2をサポートするデバイスでは、暗号化された動画コンテンツをデコードする際に、ソフトウェアレベルでの保護が行われます。

つまり、動画データが一時的にメモリやストレージに保存される可能性があります。

Widevine L2をサポートするデバイスは、一部の低画質(SD)のストリーミングを楽しむことができますが、高画質のストリーミングは制限される場合があります。

Widevine L3とは?

Widevine L3は最も低いセキュリティレベルです。

Widevine L3をサポートするデバイスでは、暗号化された動画コンテンツをデコードする際に、ほとんど保護が行われません。

つまり、動画データが容易にメモリやストレージにアクセスできる状態になります。

Widevine L3をサポートするデバイスは、ほとんどのストリーミングサービスで低画質(SD)の再生しかできませんし、動画の著作権侵害の危険性も高まります。

スポンサーリンク

Widevine L1、L2、L3の違いまとめ

Widevine L1 L2 L3 違いについて説明しました。

Widevineは動画配信サービスのセキュリティを担保するために重要な役割を果たしていますが、デバイスによってサポートするレベルが異なります。

動画の画質や安全性を重視するなら、Widevine L1をサポートするデバイスを選ぶことをおすすめします。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました