PR

イタリア旅行の服装の注意点

イタリア旅行の服装の注意点 イタリア旅行
スポンサーリンク

イタリアは美しい国ですが、文化や気候によって、日本とは違う服装のマナーやルールがあります。

イタリアで失礼にならないように、そして快適に過ごすために、以下のポイントを参考にしてください。

スポンサーリンク

イタリア旅行の服装の注意点

イタリアの景色

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

教会や美術館では肌の露出を控える

イタリアはカトリック教徒が多く、教会や美術館などの宗教的な場所では、肌の露出が少ない服装が求められます。特に女性は、肩やひざを隠すようにしましょう。

タンクトップやミニスカート、ショートパンツなどは避けるべきです。また、帽子やサングラスも外すことがマナーです。

教会や美術館に入る前には、必ず服装をチェックしてください。もし不適切な服装だと判断された場合は、入場を拒否される可能性があります。

夏は暑さ対策をする

イタリアの夏は日本よりも暑く、気温が40度を超えることもあります。そのため、熱中症や日焼けなどのリスクが高まります。夏にイタリア旅行をする場合は、以下の対策をしましょう。

  • 日傘や帽子などで日差しを避ける
  • 日焼け止めや保湿クリームなどで肌をケアする
  • 水分や塩分をこまめに補給する
  • 涼しい色や素材の服を着る
  • エアコンや扇風機がある宿泊施設を選ぶ
    夏は暑さだけでなく、蚊などの虫も多くなります。虫刺され防止のスプレーやクリームも持っていくと便利です。

冬は防寒対策をする

イタリアの冬は日本よりも寒く、雪が降ることもあります。そのため、風邪や凍傷などのリスクが高まります。冬にイタリア旅行をする場合は、以下の対策をしましょう。

  • ダウンジャケットやマフラーなどで暖かくする
  • 手袋や靴下などで手足を保護する
  • 暖房やストーブがある宿泊施設を選ぶ
  • 風邪薬や湿布などの薬品を持っていく
    冬は寒さだけでなく、雨や雪も多くなります。傘やレインコートなども持っていくと便利です。
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)
¥36,575 (2024/02/17 06:44時点 | Amazon調べ)

レストランではカジュアルでもきちんとした服装にする

イタリアでは食事は大切な文化です。レストランではカジュアルでもきちんとした服装にすることが望まれます。特に夜はドレスコードが厳しくなります。

ジーンズやTシャツ、スニーカーなどは避けるべきです。

シャツやブラウス、スカートやパンツ、革靴やパンプスなどがおすすめです。

また、香水やアクセサリーなどで華やかさをプラスすると良いでしょう。

レストランに行く前には、必ずドレスコードを確認してください。もし不適切な服装だと判断された場合は、入場を拒否される可能性があります。

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメ

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメです。

\ 通販大手のアマゾンで、お得で便利にお買い物 /

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

スポンサーリンク

イタリア旅行の服装の注意点まとめ

イタリア旅行の注意点の服装について、以上のポイントを紹介しました。

イタリアでは服装によって印象が大きく変わります。イタリアの文化や気候に合わせて、適切な服装を選ぶことで、より楽しく快適な旅行になるでしょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
イタリア旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました