賢い服の選び方

ファッション ミニマリスト・シンプルライフ
Free-Photos / Pixabay
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、賢い服の選び方、についてです。

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 賢い服の選び方を知りたい!

 

早速解説致します。

 

スポンサーリンク

賢い服の選び方

続いて、賢い服の買い方と選び方のコツをご紹介します。

 

賢い服の選び方: 自分の身長と体重が同じようなモデルが着ているファッションを参考にする

外国人で、身長が全然自分と違うモデルさんがいます。

その人が着ている服を良いなと思っても、自分が着た時なぜか似合わないことが起きたりしがちです。

 

頭身の違いもあるかもしれません。

そのモデルさんに合うような服をチョイスして着ているので、自分が着た時に、ミスマッチが起こってしまいがちです。

自分の身長と体重が同じような人が着ている服を参考にすると良いと思っています。

 

賢い服の選び方: 2インチごとのサイズ展開しかしていないズボンは注意

MichaelGaida / Pixabay

これはあくまで僕の考えです。

2インチごとのサイズ展開しかしていないズボンは注意、と思っています。

カッコ良くても、サイズを妥協しがちだからです。

2インチ展開は、海外ブランド品に多いかもしれません。

 

僕は東京に住んでいた時、好きなブランドのチノパンを買うため、わざわざ少し遠い場所にあるデパートまで足を運んだことがありました。

しかし、2インチ展開だったため、ちょうど良いサイズの物が見当たりませんでした。

結果、1インチごとの展開しているブランドのものを買うことにしました。

サイズは妥協しない方が、自分に合ったシルエットの物を選べるので、良いと思っています。

 

賢い服の選び方: ホームクリーニングできる

自分で洗濯できる服は扱いやすいので、僕は好きです。

クリーニング店に持って行かなければ洗濯できない服は、僕はあまり選ばないようになりました。

スーツも、ホームクリーニングできるものを選んでいます。

 

賢い服の選び方: 限定商品という言葉に注意

「その場でしか買えない」という言葉は、とても魅力的です。

但し、本当に欲しいものかどうかをよく考えましょう。

目的を持ってお店に行くことが僕は重要かと思っています。

 

ふらっと寄って、直感に任せて買うというのも全然アリですが、流されやすい場合は、慎重になるのも手の一つだと思っています。

限定商品を買うと、「俺は限定品を手放してしまって良いのか!?」という疑念が湧いてきて、手放しにくくなるので注意が必要と思っています。

 

また、昨日まで頭の中に全く出てこな 買ったものは、明日からも必要ないものであることが多いと思っています。

つまり、ふらっと立ち寄って、これ使うかもと思って買おうとしても、明日からも使わない可能性が高いと思います。

しっかりと悩んでから、購入するかを決めると失敗しにくいと思います。

 

賢い服の選び方: 服のサイズを確認する

ユニクロやマックハウス等の店頭では、商品の詳しい寸法サイズが書いていないことがあります。
例えば、服の場合、「Lサイズ 96~104cm」程度しか書かれていなかったします。

中には、「Lサイズ」としか書かれていない場合もあります。

 

しかし、同じ商品でも、ユニクロやマックハウスのオンラインショッピングページには、その商品の寸法表が載っている場合があります。

ユニクロのオンラインショッピングページでは、なんと、「Lサイズ 96~104cm 175cm~185cm」と書かれています!(一部商品を除く)

つまり、Lサイズは身長175cm~185cmの人に対応している事がオンラインショッピングページを見る事で、はじめて分かるのです。

 

なぜ、店頭用の商品にもそれを表示しないのかは謎ですが、詳しい寸法サイズが知りたい場合はネット通販でのページを見ると良いと思います。(または店員に「寸法表を見せて下さい。」と聞くのもアリでしょう。)

 

ちなみにGAPやH&Mの場合は、寸法表を店内に置いてあるので、それを確認すると良いでしょう。

※但し、書いてある値を信じすぎない事も重要です。

 

賢い服の選び方: 同じ雰囲気の服を2着買わない

いきなりタイトルと矛盾するようですが、僕は制服については、3着同じものを持っています。

 

制服に限っては、同じ服を何着も持つのは、良いと思っています。

同じ服を持つことによって、選ぶ時間が不要になるからです。

今日はどのデザインの服を着ようかなということを考えなくてよくなるためです。

 

同じ雰囲気の服を二つ持つと、持ち物が増える方向に行ってしまいます。

したがって、同じ雰囲気の服は、2着持たないようにすると良いでしょう。

 

僕は以前同じような服を2着持ってしまっていたことがありました。

違いを比べたかったためです。

そのような目的を持った方には良いかもしれませんが、何気なく2着持つというのはやめた方が良いと思っています。

 

賢い服の選び方: 1シーズン(3ヶ月)しか使えない服は買わない

これは持ち物を減らしたい方向けです。

僕は基本的に、オールシーズン着れる服を買うようにしています。

会社員だった時は、ワイシャツを着ていましたが、全て長袖で、半袖のワイシャツは買っていませんでした。

長袖は腕まくりをすれば、半袖になるのでそれで凌いでいました。

また、下着も半袖のものしか持っていません。

 

スーツ、ズボン、靴下も、冬物ではなく、オールシーズン履けるものを履いています。

 

賢い服の選び方: 靴はどの時間帯に選んだり買ったりするのが良い?

靴は夕方に買うべき、とよく言われます。

日中に移動をしていた人は、夕方足がむくむので、最も足がむくんでいる時に靴を選ぶべき、ということですね。

つまり、夜勤をする人なんかは、選ぶ時間帯を変えた方が良いでしょう。

 

賢い服の選び方: その他

流行を追うのが好きな方は、流行っているうちにガンガン着て、流行が終わったら手放すという方法もありかもしれません(ちなみに、僕は流行には疎いので、定番品ばかり買っています)。

流行が短期的なものか長期的なものかを見定めるのも良いかもしれません(予想するのは難しいかもしれませんが)。

 

持ち物を減らす方法

持ち物を減らす方法については、別の記事にて解説しておりますので、是非ご覧下さい(^^)/

 

関連記事持ち物を減らす方法完全マップ

 

『持ち物を必要最低数量にする方法』

『持ち物を必要最低数量にする方法』(著者:原文 パパ)という本をAmazonにて好評発売中です!

読み放題サービス(Kindleアンリミテッド)をご使用の場合、無料でお読みいただけますので、大変お得です(^^)/ 

 

最後に

賢い服の選び方についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました