PR

中国旅行は危ない?

中国旅行は危ない? 旅行
スポンサーリンク

中国は日本の近隣国であり、多くの日本人が観光やビジネスで訪れています。

しかし、中国には日本とは異なる文化や法律、習慣があり、注意しなければならないことも多いです。

この記事では、中国旅行で危険に遭わないためのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

中国旅行は危ない?

中国の風景

外務省「中華人民共和国(中国)危険・スポット・広域情報」によると、レベル1の地域もあるので注意が必要です。

また、湖南省で2019年に「反スパイ法」に違反したとして逮捕された50代の日本人男性に対し、懲役12年の実刑判決が確定したことが明らかになりました。

2014年に「反スパイ法」が施行されてからは、日本人の逮捕が相次いでいる状況です。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。中国のガイドブックも無料で読めるのがメリットです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

浮いたお金で現地で食べ物を楽しむのも良いですね。

パスポートやビザの確認

中国に入国するには、パスポートが必要です。

パスポートは有効期限が6か月以上残っていることを確認しましょう。

また、中国ではパスポートを常に携帯することが義務付けられています。ホテルや公共施設ではパスポートの提示を求められることがありますので、紛失や盗難に注意しましょう。

食べ物や水の衛生

中国では、食べ物や水の衛生状態が日本と比べて低いことがあります。特に屋台や安いレストランでは、食中毒や下痢などのリスクが高まります。

食べ物はできるだけ熱々のものを選び、生ものや冷たいものは避けましょう。

水はボトル入りのものを購入し、氷や水道水は飲まないようにしましょう。

また、歯磨きや洗顔にも水道水を使わない方が安全です。

治安や詐欺の対策

中国では、治安が悪い地域や時間帯があります。夜間や人気の少ない場所では一人で歩かないようにしましょう。

また、貴重品は身につけずにホテルの金庫に預けるか、分散して持ち歩きましょう。

タクシーやバスなどの交通機関では、荷物を目の届くところに置くか手元に持っておきましょう。

さらに、中国では詐欺やぼったくりに遭う可能性も高いです。

特に観光地や商店街では、値段を吹き上げられたり、偽物や不良品を売られたりすることがあります。値段交渉は必ず行いましょう。

また、見知らぬ人から声をかけられたり、案内されたりした場合は注意しましょう。

無料や安いと言われても、後で高額な料金を請求されることがあります。

スポンサーリンク

中国旅行は危ない?まとめ

中国旅行は危険だから行かない方がいいというわけではありません。

中国には魅力的な観光地や文化がたくさんあります。

しかし、日本とは異なる環境にあることを認識し、事前に準備や情報収集を行いましょう。

また、現地では常に注意力を持って行動しましょう。

中国旅行で危険に遭わないためには、自分の身は自分で守るという姿勢が大切です。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました