子供の名前の決め方!会社員視点で考える後悔しない名付け方法!

子供 名付け ライフハック

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、子供の名前の決め方!会社員視点で考える後悔しない名付け方法!、についてです。

会社員視点で子供の名前を考えるのも重要なのではないかと思い、記事にしました!

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

 

  • 子供の名前の決め方を知りたい!
  • 赤ちゃんの名前が決まらない!
  • 後悔しない名付けをしたい!
  • どんな名前を付けようか悩んでいる
  • 将来子供が困ったりしない名前を付けたい!

 

早速僕の考えをご説明します。

 

※あくまで僕個人の考えですので、最終的な判断は各ご家庭においてお願い致します。一切責任を負いかねますので、ご参考程度にご覧下さい。

 

名前が決まらない場合のは、付けることができる名前の数が膨大だから

名前が決まらない!という方も多いのではないかと思います。それは当然のことかもしれません。名前に付けることができる名前の数が膨大だからです。

短歌や俳句のように、文字制限という規則があると、人はその規則の中で知恵を絞り頑張ろうとしますが、何をやってもいいよ!というと楽そうに見えてめちゃくちゃ難しくなるようです。

名付けもそれに近い気がします。使用して良い漢字に制限はありますが、漢字の組み合わせ方は無限です(ひらがな、カタカナも含めるとさらに膨大)。

そのため、法則を決めるのが良いかと思います。これから、決め方について解説します。

 

子供の名前に使う事ができる漢字は?

子供の名前に使う事ができる漢字は、法務省が子の名に使える漢字を公表していますので、そちらをご参照下さい。

 

名前の決め方:漢字の場合は、画数が多すぎない名前にする

qimono / Pixabay

名前は、一生書くことになるので、画数が多いと大変かなと思っています。

パソコンの使用頻度が上がっているとは言え、未だにペンで文字を書くことも多いです。

20年後にもパソコンは存在しているのではないかと思いますが、手書きの文化も消滅はしていないはずです。

 

画数が多すぎると、学校のテストの時に自分の名前を書く時間に取られてしまい、問題を解くのに時間がかかったりするのではないかと思います。

また 自分の名前を書く時間に人生を取られたくないと思っています。

たとえば、1回5秒かかるとしても、それが一生続くとかなり長い時間になると思います。

そう考えれば、名前は、画数は少なくさらっと書ける方が、僕は良いのではないかと思っています。

名付けが決まらないとお悩みの方は、画数の多い漢字を候補から外すのも良いかもしれません。

 

名前の決め方:将来海外に行く場合は、出張する国で、変な意味にならない名前を付ける

otsuka88 / Pixabay

今後は、日本人がアジアに行くことも多くなるかもしれない?ので、訪れる国でも、名前が変な意味にならない言葉にすると良いと思っています。

現在でも海外で働いている人はいますが、海外で働くケースもさらに増えてくる?のではと思っています。

将来、子供が海外出張先となりうる国で変な意味にならないようにしましょう。

名付けが決まらないとお悩みの方は、将来海外に行きそうな国で、変な意味にならない名前かどうかを確認するのも良いかもしれません。

 

100%防ぐことは難しい可能性もありますが、よく行きそうな国については対策できそうです。

 

名前の決め方:パソコン、スマートフォンで変換しやすい名前を付ける

Profile / Pixabay

 

僕が生まれた時には、考えもしなかったことですが、現在パソコンやスマートフォンが普及してきています。

凝った名前にすると、変換しにくくなるというデメリットも生まれます。

パソコンやスマートフォンが今後無くなるかというと、無くなることはないのでは?と思っています。

名付けが決まらないとお悩みの方は、パソコンを用いて、変換の容易さを確めるのも良いかもしれません。

もちろん、職場では、単語登録してしまえば一発で出てくるようにはなります。

 

※逆に、予測変換で一発で出てこないメリットがあれば、知りたいです。「こんな考えもあるよ!」という方がいらっしゃったらご教示下さい。

 

名前の決め方:外国人も発音しやすい名前を付ける

今後はさらにグローバル社会になっていくことが予想されるので、外国人にとっても発音しやすい名前であることも重要になるのではないかと思っています。

 

英語が最も多くの国で使われているため、英語で発音しやすいというのも、一つ指標になるのではと思います。

また、人口が多いのは、中国ですね。13.8億人居ます。

そのため、名づけをする上で、中国語も意識した方が良いのかもしれません(中国人が発音しやすい名前)。

(中国とは政治的な問題もあるため、今後、どうなるかは現時点では不明ですが、事実として、中国人の人口は多いです。)

 

余談ですが、フランス人は、「かえるぴょこぴょこ」という、日本の早口言葉を噛まずに言うことができるようです。

名付けが決まらないとお悩みの方は、国によって、発音しやすい言葉、発音しにくい言葉があるので、どこで働くことになるかを考えるとよいでしょう。

 

名前の決め方:電話越しで名前を説明しやすい名前を付ける

6689062 / Pixabay

インターネットの出現で、電話の頻度は昔よりも下がっていると思いますが、完全になくなることはないでしょう。

電話越しで自分の名前の漢字を説明するのは、かなり面倒臭いと僕は思っています。

たまにある、電話越しでの名前の説明の際は、スムーズに説明出来た方が良いと思うので、説明しやすい名前が良いと思っています。

常用漢字であることや、漢字1字を分解した時に、どういう漢字のパーツで成り立っているかを簡単に説明できると良いかと思います。

例えば、太郎だと、「太郎の「た」は、「太い」という漢字です。「太郎」の「郎」は、「こざとへん」の方の、「郎」です。」といった感じです。

 

名前の決め方:全世代の人がはっきりと読める名前を付ける

読みやすい名前にすることは重要だと思っています。

社会に出た場合、様々な世代の人と関わることになるため、全世代の人がはっきりと読める名前を付けるべきかもしれません。

漢字を読み間違えられると、その都度訂正しなければなりません。

 

それを一生続けないといけないのは大変だと思っています。

毎回説明するのが一生続くのは相当なストレスだと思うので、避けた方が良いかもしれません。

 

一方で、あえて読み方をずれせば、オレオレ詐欺なんかの被害にはあいにくくなる可能性があります。僕の友達が言ってました。

読み間違いをしてくる人は、知らない人だから、詐欺の可能性が高い、とその友達は言ってました。

 

キラキラネームを付けるのはどうか?

僕の個人的な意見はこの場にはふさわしくないので、割愛します。但し、キラキラネームは、就活時に不利と言う意見もあるので注意が必要かと思います(今後、時代が変わるかもしれませんが)。

 

名前の決め方:カッコいい名前を付ける(男の子の場合)

男の子の場合は、カッコいい名前にしてあげることも重要かもしれません。

僕が名前を付けるとしたら、まず上記で述べて来た実用性を考え、その後、その中からカッコいい名前を選ぶというやり方を取ると思います。

 

名前の決め方:画数が良いを名前を付ける

漢字の画数を気にするというのは、昔からある手法と言えます。膨大な数ある中から絞り込むには良いかもしれません。個人的には根拠が分からないのですが、せっかくならば、縁起が良い画数としたいところです。

文字数を決めるというのも名前を決める上で、アリかもしれません。苗字の画数は決まっているので、後は苗字にあう名前の文字数と画数を決めるだけとなります。

 

人気の名前ランキングを参考にして名前を付ける

毎年、人気の名前ランキングが発表されます。それを参考にして付けるのも方法の一つとしてアリかもしれません。

その時々で流行った名前を付けることで、今風の名前となるのがメリットと言えます。

但し、例えば、名前ランキング1位の名前を付ける場合、他の人と名前が被りやすい可能性もあります。それによってどのような影響が発生するかは僕は想像できませんが、気になる方はそこも考慮すると良いでしょう。

また、流行を追い過ぎるのは後々困る!という方は、その点も考慮すると良いでしょう。

 

名前の決め方:ダブルミーニングで変な意味にならない名前を付ける

これは考え方次第なので、気になる方だけに向けてとなります。

日本にはダブルミーニングの言葉があります。例えば、箸と橋みたいな言葉です。

付けた名前が、変な意味のダブルミーニングになっていないかをチェックしましょう。子供の場合、それがいじめの原因となる可能性も0ではないからです。

 

名前の決め方:家族会議で付ける名前を決める

しっかりと家族で話し合って、子供の名前を決めることも、方法の1つとしてありかもしれません。

大人数でしっかりと話し合うと、客観的な意見が色々出そうですが、その反面、逆に話がまとまらなくなる可能性もあるかもしれないので注意しましょう。

 

名前の決め方:親の名前から一文字取る

これは僕は個人的に憧れます。昔の将軍の家系では、名前を一文字継いでいる場合がありますよね(豊臣家や徳川家なんかがこれに該当します)。

 

名前の決め方:イニシャルが変な意味にならない

言葉は2文字のイニシャルに省略されて揶揄(やゆ)される場合があります。未来にどんなイニシャルが流行るかまでは分かりませんが、過去に流行った悪い意味でのイニシャルは、避けるというのも手かもしれません。

イニシャルは、苗字との兼ね合いとなるので、イニシャルも気になる方は気にされると良いでしょう。

※具体的なイニシャルについてはここに記載すると問題になりそうなので、割愛致します。

 

その他の名付け方法

それ以外の名付け方法を考えました。

 

  • 小学校の教科書の中に出てこない(低学年だと、いじめに合う可能性もある?)

 

中学生の頃、国語の教科書に自分と同じ名前の登場人物が出てくると、なぜかとても恥ずかしかったです。

高校生くらいになると、名前で冷やかされたりすることは無くなるのかもしれませんが・・・

ただ、どの教科書が使われているかを事前に調べるのはなかなか大変そうですね(;・∀・)

これに関しては、僕が気にしすぎかもしれません。

 

  • 芸能人と同じ名前にする
  • 悪人等と名前が被っていないかをインターネット等を使い、チェックすることも良いかもしれません

 

名前を提出する期限は一週間なので、早めに決めておきたいところです。

 

名前の決め方:名前事典を活用して名前を付ける

一生に一度の重要な決めごとですので、名前事典を活用するのも良いかと思います。

 

 

 

 

いずれも1700円程度の本ですが、「たまごクラブ」から発売されているので、信頼度は抜群です。

一生に一度の重要な名づけをする際の参考資料と考えれば、かなり安いのではと思います。

 

選択肢が多いと選ぶのが大変になるのでは?という意見もあるかもしれませんが、「そんな良い名前があったの!?」と後悔してからでは遅いので、沢山の候補の中から絞っていくのが良いかと思います。

 

まとめ

子供の名前の決め方!会社員視点で考える後悔しない名付け方法!についてお送りしました。

名前は、子供の一生を左右するものですので、よく考え後悔の無いようにするのがやはり良いかと思います。

また、子供に将来、付けた名前の意味を説明できるようにすることも重要かと思います。

僕は、自分が親になったら、説明しやすい名前を付けたいと思います。

それはそのまま、自分の子供が、友達に名前の理由を説明することになりますので。

 

ちなみに、脱線話ですが、苗字が「あ」から始まると、出席番号が早くなるので、先生からあてられる回数が増えて、頭が良くなる気がしています。

僕はいつも、席順から自分の当たる順番を予想しながらしのいでいました(笑)

 

子供には、僕のような、そういう子供にはなってほしくないです!(笑) 苗字を変えられるなら、変えたいです!(笑)

 

ちなみに、各国における名前の付け方の違いについては需要があればお伝えしていこうかと思っています。

 

偉そうに語りましたが・・・原文パパは、現在、結婚相手が居ません!(爆)

まずは、お友達から宜しくお願いします!(切実)

コメント

タイトルとURLをコピーしました