PR

カンボジア旅行の安い時期

カンボジア旅行の安い時期 旅行
スポンサーリンク

カンボジアは東南アジアにある国で、アンコールワットやプノンペンなどの観光スポットが有名です。カンボジアに旅行するなら、どの時期が安くておすすめなのでしょうか?

この記事では、カンボジアの気候や旅行費用、おすすめの時期について紹介します。

スポンサーリンク

カンボジア旅行の安い時期

カンボジアの気候

カンボジアは熱帯気候で、一年中暑く湿度が高いです。しかし、雨季と乾季に分かれており、それぞれに特徴があります。

雨季は5月から10月までで、毎日のように激しい雷雨が降ります。雨は午後から夕方にかけて集中しており、1時間ほどで止むことが多いです。

しかし、道路が冠水したり、交通機関が遅延したりすることもあります。雨季は気温が高く、最高気温は35度前後、最低気温は25度前後です。湿度も80%以上と非常に高いです。

乾季は11月から4月までで、晴天が続きます。乾季は冷涼期と暑熱期に分けられます。

冷涼期は11月から2月までで、気温は比較的低く、最高気温は30度前後、最低気温は20度前後です。

湿度も60%前後と快適です。暑熱期は3月から4月までで、気温が急上昇します。最高気温は40度を超えることもあります。湿度も70%以上と高いです。

カンボジアの旅行費用

カンボジアの旅行費用は、時期や航空券の値段、宿泊先や食事などによって変わります。一般的には、乾季の冷涼期が最も人気があり、航空券やホテルの値段も高くなります。

雨季や乾季の暑熱期はオフシーズンとなり、航空券やホテルの値段も安くなります。

カンボジアの物価は日本よりも安いですが、観光地では日本円や米ドルが使えることもあります。

現地通貨はリエルですが、小銭を持ち歩く必要はありません。1リエルは約0.03円なので、1000リエル以下の紙幣はほとんど使われません。

カンボジアの食事は安くて美味しいです。カレーや麺類などのローカルフードは1食200円から300円程度で食べられます。レストランやカフェでは1食500円から1000円程度で食べられます。

飲み物は水やコーヒーなどが50円から100円程度で飲めます。

カンボジアの宿泊費用は場所やグレードによって大きく異なります。バックパッカー向けのゲストハウスやドミトリーなら1泊500円から1000円程度で泊まれます。

中級クラスのホテルなら1泊3000円から5000円程度で泊まれます。高級クラスのホテルなら1泊1万円以上で泊まれます。

カンボジアの観光費用は観光地や交通手段によって変わります。

アンコールワットなどの遺跡を見るには入場券が必要です。1日券は37ドル、3日券は62ドル、7日券は72ドルです。遺跡を巡るにはタクシーやトゥクトゥクなどの移動手段が必要です。

タクシーは1日50ドルから70ドル程度で借りられます。トゥクトゥクは1日15ドルから20ドル程度で借りられます。

カンボジア旅行のおすすめの時期

カンボジア旅行のおすすめの時期は、目的や好みによって異なります。以下に、それぞれの時期のメリットとデメリットをまとめました。

  • 乾季の冷涼期(11月~2月):最も人気があり、気候も快適です。しかし、航空券やホテルの値段が高くなります。観光地も混雑します。
  • 乾季の暑熱期(3月~4月):オフシーズンで、航空券やホテルの値段が安くなります。しかし、気温が非常に高くなります。熱中症や日射病に注意が必要です。
  • 雨季(5月~10月):オフシーズンで、航空券やホテルの値段が安くなります。雨も午後から夕方にかけて降ることが多いので、朝早く観光することができます。しかし、道路が冠水したり、交通機関が遅延したりすることもあります。雨具や防虫剤が必要です。

カンボジア旅行は安い時期に行くと費用を節約できますが、気候や混雑なども考慮する必要があります。自分の目的や予算に合わせて、最適な時期を選びましょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました