PR

買ってはいけない革靴の特徴

スポンサーリンク

革靴はビジネスやフォーマルな場面で必要なアイテムですが、質の悪いものを選んでしまうと、足に合わなかったり、すぐに傷んだりすることがあります。そこで、今回は買ってはいけない革靴の特徴を3つ紹介します。

スポンサーリンク

買ってはいけない革靴の特徴

素材が合成皮革や人工皮革のもの

革靴と言っても、素材には天然皮革と合成皮革や人工皮革という2種類があります。天然皮革は牛や羊などの動物の皮をなめして作られたもので、呼吸性や耐久性に優れています。一方、合成皮革や人工皮革は化学的に作られたもので、見た目は天然皮革に似ていますが、品質は劣ります。合成皮革や人工皮革の革靴は、水分や汗を吸収しないため、足が蒸れやすくなります。また、柔軟性や弾力性が低いため、履き心地が悪くなります。さらに、摩擦や温度変化に弱く、割れたり色あせたりすることがあります。そのため、合成皮革や人工皮革の革靴は買ってはいけません。

縫製が雑で糸がほつれているもの

革靴の品質を判断するには、縫製も重要なポイントです。縫製が雑で糸がほつれているような革靴は、耐久性に問題があります。糸がほつれると、水分や汚れが入り込みやすくなり、カビや臭いの原因になります。また、糸が切れると、部品が外れたり剥がれたりすることがあります。そのため、縫製が雑で糸がほつれているような革靴は買ってはいけません。

サイズが合わないもの

最後に、サイズが合わないものも買ってはいけません。サイズが合わないということは、足にフィットしないということです。足にフィットしないと、歩き方や姿勢に影響を与えます。足に余裕があると、足首や膝に負担がかかります。足に圧迫感があると、血行不良や水ぶくれを起こします。どちらも健康面や美容面に悪影響です。そのため、サイズが合わないものは買ってはいけません。

スポンサーリンク

買ってはいけない革靴の特徴まとめ

以上、「買ってはいけない革靴の特徴」について紹介しました。革靴は長く使えるものですが、そのためには質の良いものを選ぶことが大切です。素材や縫製、サイズに注意して、自分に合った革靴を見つけましょう。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
生活雑貨
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました