PR

機内持ち込みできるスーツケースおすすめ5選

スポンサーリンク

今回は、機内持ち込みできるスーツケースおすすめ5選、についてです。

旅行や出張で便利なスーツケースをお探しの方におすすめの、機内持ち込み可能なスーツケース5選をご紹介します。

最新の規定に対応し、サイズやデザイン、機能性などさまざまな要素を考慮して選びました。快適な旅を実現するための頼れるパートナーを見つけましょう。

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 機内持ち込みサイズのスーツケースおすすめモデルを知りたい!
  • 2万円以下のスーツケースを探している!

早速解説致します。

スポンサーリンク

機内持ち込みできるスーツケースとは?

機内持ち込みできるスーツケースとは、その名の通り、飛行機に乗るときに手荷物として持ち込めるサイズのスーツケースです。

一般的には、縦・横・高さの合計が115cm以下、重さが10kg以下のものが対象となります。ただし、航空会社や路線によって規定は異なる場合があるので、事前に確認しておくことが大切です。

スポンサーリンク

機内持ち込みできるスーツケースの選び方

機内持ち込みできるスーツケースの選び方をご紹介します。

インナーフラットのスーツケースか否かを決める

機内持ち込みできるスーツケースを選ぶ際は、インナーフラットのスーツケースか否かを決めましょう。インナーフラットのスーツケースには、メリットとデメリットがあるため、どちらが良いかを考えた上で決めると良いでしょう。

最近はインナーフラットではないスーツケースの方が多いのかもしれません。

スーツケースのサイズの目安

機内持ち込みできるスーツケースのサイズ選びの目安は、1泊=10リットルと考えると良いかと思います。

2泊3日の場合、20リットル~30リットルのスーツケースを目安に、そこからご自身のスタイルに合わせて正式なサイズを決定するのが良いかと思います。

TSAロックの有無を確認する

TSAロックは、米国運輸保安局が認定し、トラベルセントリー社が管理・運営しているシステムのことです。

アメリカ(グアム・ハワイ等含む)の空港にて、TSAロックではない鍵の付いた荷物を預けた場合、X線検査で異常を検出した場合などの際、鍵を破壊されてしまいます。

しかし、TSAロックの場合は、検査員は、専用の開錠ツールを用いて開錠するので、鍵を破壊される心配がないのがメリットです。

機内持ち込みできるスーツケースのメリット

旅行に行くとき、どんなスーツケースを選びますか?大きくてたくさん荷物が入るもの?それとも小さくて軽いもの?実は、機内持ち込みできるサイズのスーツケースには、たくさんのメリットがあります。

今回は、機内持ち込みできるスーツケースのメリットについて、ご紹介します。

では、なぜ機内持ち込みできるスーツケースを選ぶと良いのでしょうか?ここでは、そのメリットを3つご紹介します。

荷物の紛失や破損の心配がない

まず、機内持ち込みできるスーツケースの最大のメリットは、荷物の紛失や破損の心配がないことです。預け入れ荷物は、飛行機に積み込まれたり降ろされたりする際に、他の荷物とぶつかったり落とされたりする可能性があります。

また、乗り継ぎや目的地で荷物が取り違えられたり届かなかったりするリスクもあります。これらのトラブルは旅行中に大きなストレスになりますし、場合によっては貴重品や旅行用品を失ってしまうこともあります。しかし、機内持ち込みできるスーツケースなら、自分で管理できるので、そうした心配がありません。

出発前や到着後の時間が節約できる

次に、機内持ち込みできるスーツケースは、出発前や到着後の時間が節約できるというメリットがあります。預け入れ荷物を持っている場合は、チェックインカウンターで手続きをしなければなりませんし、目的地に着いたらベルトコンベアーから荷物を受け取らなければなりません。これらの作業には、混雑状況によってはかなりの時間がかかることがあります。

特に、乗り継ぎの時間が短い場合や、到着後に予定が詰まっている場合は、時間がもったいないと感じるかもしれません。しかし、機内持ち込みできるスーツケースなら、チェックインや受け取りの手間が省けるので、時間を有効に使えます。

必要なものを手元に置ける

最後に、機内持ち込みできるスーツケースは、必要なものを手元に置けるというメリットがあります。飛行機に乗るときには、パスポートやチケット、財布やスマホなどの貴重品はもちろん、本やタブレットなどの娯楽用品や、水分補給や着替えなどの快適用品を持ちたいと思うことがあります。

これらのものは、預け入れ荷物に入れてしまうと、飛行機内で使えなくなってしまいます。しかし、機内持ち込みできるスーツケースなら、これらのものを入れておくことができますし、必要なときにすぐに取り出せます。

特に、長時間のフライトでは、自分の好きなものを持っていると、快適さや安心感が違います。

機内持ち込みできるスーツケースの注意点

機内持ち込みできるスーツケースには、たくさんのメリットがありますが、注意点もあります。ここでは、その注意点を2つご紹介します。

荷物の量や重さに制限がある

まず、荷物の量や重さに制限があるということです。機内持ち込みできるスーツケースは、サイズや重さが規定されていますが、それ以外にも荷物の個数に制限がある場合があります。

一般的には、1人1個までとされていますが、航空会社や路線によっては2個まで許可されている場合もあります。

また、機内持ち込みできるスーツケース以外にも、ハンドバッグやカメラバッグなどの小さなバッグを持ち込める場合もあります。これらの詳細は事前に確認しておくことが必要です。

危険物や液体類は持ち込めない

次に、危険物や液体類は持ち込めないということです。機内持ち込みできるスーツケースでも、安全上の理由から危険物や液体類は持ち込めません。

危険物とは、爆発物や火器類、刃物や切創物などです。液体類とは、水やジュース、化粧品や医薬品などです。これらのものは預け入れ荷物に入れるか捨てるかしなければなりません。

ただし、液体類については100ml以下の容器に入れて透明な袋に入れたものであれば1人1袋まで持ち込める場合があります。また、赤ちゃん

機内持ち込みサイズのおすすめスーツケース

機内持ち込みサイズのスーツケースおすすめモデルをご紹介します。

トラベルデパート 超軽量スーツケース

トラベルデパート
¥5,380 (2024/01/16 21:47時点 | Amazon調べ)

このスーツケースは、汚れにくくお手入れが簡単なエンボス加工が施されています。

また、ABS素材を使用しており、耐久性に優れているだけでなく、超軽量である特徴があります。

四輪キャスターは静音設計されており、操作性がスムーズな360度回転の独立サイレントキャスターを搭載しています。

さらに、アメリカ・カナダ・ハワイ旅行に必需品とされるTSAロックも搭載されており、ファスナータイプのダイヤルロック式で使用が便利です。

収納能力も非常に高く、初心者から旅慣れた方まで幅広く利用できるスーツケースです。

サイズについては、コインロッカーサイズからSSサイズ、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズまで幅広いバリエーションがあります。

さらに、不織布スーツケースカバーが付属しており、使用されないときの保管にも便利です。

キズや汚れを防止することができます。また、安心の3年間メーカー保証が付いており、初期不良の場合はメーカーにて無償修理対応がされます。

トリオ カーゴエアートランス 【49.5cm】 CAT553N

機内持ち込み可能なスーツケースです。

軽量かつ耐久性に優れたポリカーボネート素材のボディーで、旅行者の強い味方となるスーツケースをご紹介します。その特長を以下にご紹介いたします。

波型のリブがデザインだけでなく強度にも一役かっています。
スーツケースのボディーには波型のリブが施されており、見た目のデザインだけでなく、強度にも優れています。これにより、頑丈なボディーで荷物をしっかり保護します。

TSAロックを搭載しています。

アメリカ合衆国国土安全保障省の運輸保安庁から認定を受けたTSAロックを搭載しています。海外旅行時には特に重要なセキュリティ機能であり、安心して旅行を楽しむことができます。

ソフトフィットハンドルがにぎり心地を向上させます。
手にフィットするソフトフィットハンドルを採用しています。快適な持ち運びが可能であり、ステッチを模したデザインもポイントです。

角に配置されたコーナーパッドが衝撃を和らげます。
かわいらしいコーナーパッドがスーツケースの角に配置されており、2重構造式で外部からの衝撃を和らげてくれます。大切な荷物をしっかりと守ります。

軽量なアルミ素材のテレスコープ方式のキャリーシステムが便利です。
スーツケースのキャリーシステムは軽量なアルミ素材で作られており、テレスコープ方式になっています。3段階の長さ調節が可能で、使いやすさを追求しています。

静かで滑らかな走行が可能な消音キャスターを採用しています。
日本メーカーHINOMOTO社製の消音キャスターを採用しています。滑らかな走行と静かな移動が可能で、快適な旅行をサポートします。

さらさら生地の内装とクロスベルトで荷造りが簡単です。
スーツケースの内装はさらさらとした生地で覆われており、快適な使用感を提供します。両面にはクロスベルトが付いており、荷物の固定や整理に役立ちます。荷造りが簡単で、旅行中のアイテム管理にも便利です。

さらに、このスーツケースにはうれしいアイテムも付属しています。ポーチが付属しており、小物の整理や取り出しをスムーズに行うことができます。また、アルファベットシールも同梱されており、個性的なデザインや識別に活用できます。

このような特長を備えたスーツケースは、軽量でありながら耐久性にも優れています。

旅行者にとって理想的な相棒となることでしょう。快適な旅行をサポートするために、是非このスーツケースをご検討ください。

機内持ち込みできるおすすめスーツケース:ソフトキャリーケース

機内持ち込みできるおすすめのスーツケースの、ソフトキャリーケースをご紹介します。

エース   ace. ロックペイントSS 【46cm】  35701

旅行に欠かせないスーツケース、「ロックペイントソフト」シリーズの魅力をご紹介します。

このシリーズは、「エース」が提供するスーツケースで、豊富なカラーバリエーションが特徴です。さらに、その色彩は日本画材料である顔料「岩絵具」の発色からインスピレーションを得ており、鮮やかで美しい色合いが魅力的です。

まず目を引くのは、ビビッドなカラーバリエーションです。どこにいても一目で目立つため、旅先でも自分のスーツケースを簡単に見つけることができます。この点が大変便利ですね。また、この31Lモデルは機内持ち込みサイズであり、預け入れの手間や時間を省くことができるため、2~3泊程度の旅行に最適です。

さらに、移動を快適にするための設計も特徴の一つです。スーツケースは軽量なボディを採用しており、持ち運びが簡単です。幅広のハンドルは柔らかく握りやすく、手にフィットします。そのため、長時間の移動でも手や腕への負担が軽減されます。

スーツケースのフタは縦開きタイプで、両脇のベルトをスナップで留めるとハーフオープンにすることができます。これにより、荷物の取り出しや収納がスムーズに行えます。また、メインスペースには仕切り布が付いており、目隠しにもなります。内装にはメッシュポケットも備えており、フロントポケット内部にはペンホルダーや手帳を収納できるオーガナイザーがあります。収納力も十分で、荷物の整理がしやすくなっています。

素材にはポリエステル840dn2トーンオックスを採用しています。この素材は軽量かつ丈夫であり、軽量性と耐久性を兼ね備えています。荷物をしっかり保護しながら、軽快に持ち運ぶことができます。

さらに、このスーツケースには機能性も充実しています。奥行きの深いメインスペースはかさばる荷物をしっかり収納できます。また、ふた側の大型ポケットは小物類の収納に便利です。さまざまなツールを分類・収納できるオーガナイザーポケットも充実しており、ペンや手帳、ガイドブックなどを整理して持ち運ぶことができます。

さらに、快適な移動をサポートするために、プルドライブハンドルと4輪自在キャスターが採用されています。プルドライブハンドルは手になじみ、力が伝わりやすいデザインであり、多段階調整も可能です。4輪自在キャスターは自由な走行と旋回を可能にし、スムーズな移動ができます。

さらに、セキュリティも考慮されています。このスーツケースはTSAダイヤルロックを搭載しており、施錠したまま預けることができます。キーを必要とせず、3ケタのダイヤル式で使いやすいです。

最後に、このスーツケースは機内持ち込み対応サイズです。国際線・国内線100席以上の航空機に対応しています(航空会社によって規定が異なる場合があります)。ですので、手荷物として持ち込むことができ、預け入れの手間を省くことができます。

「ロックペイントソフト」シリーズのスーツケースは、豊富なカラーバリエーション、鮮やかな発色、機能性の充実など、旅行をより快適にするためのさまざまな特徴を備えています。

旅行好きの方やおしゃれを楽しみたい方にぴったりのアイテムです。ぜひ、自分のスタイルに合った一つを選んで、素敵な旅のパートナーにしてください。

スパッソ リュックキャリー 【46cm】 1-030 (SPASSO)

背負うことができる、2wayタイプのキャリーケースです。

旅行や日常の移動に欠かせないリュックキャリー。今回は、実用性を極めたこのリュックキャリーの特長をご紹介します。様々な機能を備えながらも、使わない時はスッキリと収納できる点が魅力です。

まず、デザインに注目です。ベーシックカラーは落ち着いたドビー調の素材を使用し、ライトカラーは軽やかな杢調柄を採用しています。どちらのデザインもシンプルでありながら、共有使いもできるため幅広いシーンで活躍します。

サイズ面では、総外周が横36cm×縦53cm×マチ24cmで、113cmとコンパクトながらも収納力があります。国内線(100席以上)の機内持ち込みサイズに対応しており、旅行時にも手荷物として便利です。

内装にはさまざまな配慮が施されています。メインルームには衣類を固定するベルトと、ファスナーポケットが2つ備わっています。右側面にはボトルポケットがあり、飲み物などの収納に便利です。背面にはリュックベルトを収納できるポケットやタイヤカバーもあり、使わない時にはスマートに収納できます。

さらに、付属品として南京錠とスペアキー2本が付いています。大切な荷物をしっかりと守るためのセキュリティ対策です。

このリュックキャリーは実用性に徹底的にこだわったアイテムです。機能的なデザインや収納力の高さ、さらには付属品の充実など、旅行や移動の利便性を追求しています。ぜひ、自分のスタイルやニーズに合わせて、このリュックキャリーを選んでみてください。快適で便利な移動をサポートしてくれることでしょう。

[ソロ・ツーリスト] solo-tourist キャリーバッグ アブロードキャリー43

solo-tourist(ソロ・ツーリスト)
¥24,722 (2024/01/16 21:47時点 | Amazon調べ)

旅行やビジネス、出張に最適なキャスター付きバックパック「アブロードキャリー43」をご紹介します。このバッグは使う場面に応じて、転がしたり背負ったりできる便利なアイテムです。

まず、背負い機能に注目です。厚さ15mmのショルダーベルトや幅広なウエストベルトが付いており、本格的な背負い機能を備えています。重い荷物を背負った時でも肩への負担を軽減し、安定感を提供します。

本体容量は43リットルあり、1週間程度の海外旅行やビジネス、出張にもおすすめです。それにも関わらず、本体重量は約2.75kgとキャスター付きバッグとしては軽量です。また、機内持ち込み可能なサイズとなっており、旅行時にも便利です。

YKK製のロックスライダーが使用されたメインポケットは防犯性の高い設計で、鍵がかけられます(※鍵は付属していません)。

また、ファスナーを開閉することで約10%容量が拡張する拡張ポケットも備わっています。内部には仕切り布があり、荷物の下部への偏りを防ぎ、背負った時にも軽さを感じることができます。

さらに、底部には便利なハンドルも装備されており、電車の網棚や本体の持ち上げ時に役立ちます。

背面とショルダーハーネスはクッション性と通気性に優れたエアメッシュ素材を使用しており、快適な背負い心地を提供します。ウエストベルトは幅広いタイプで、バッグをしっかりと腰で支えることができ、安定した背負いが可能です。

また、サイドには把手が付いており、ちょっとした段差や階段の持ち運びに便利です。さらに、2段階式のキャリーバーは高さを調節して使用できます。

コンプレッションベルトは2本装備されており、荷物の容量に応じて本体を絞ることができます。これにより、本体の膨らみをしっかりと抑えることができます。

さらに、車輪の配置が工夫されており、転がしやすい構造となっています。本体を挟み込むようにキャスターが取り付けられており、車輪間が広くなり安定して転がすことができます。

生地には耐摩耗性や引き裂きに強いナイロン420デニールが使用されています。また、はっ水加工も施されており、雨や水のかかる場面でも安心です。

アブロードキャリー43は、使い勝手の良さを追求したキャスター付きバックパックです。

背負うことも転がすこともできるため、様々なシーンで活躍します。旅行やビジネスでの移動に便利で、機能性と快適性を兼ね備えたアイテムです。ぜひ、自分のスタイルやニーズに合わせて、アブロードキャリー43を選んでみてください。思い出に残る旅や効率的な移動をサポートしてくれることでしょう。

機内持ち込みできるスーツケースおすすめまとめ

機内持ち込み可能なスーツケースは、旅行や出張に便利でスムーズな移動をサポートしてくれるアイテムです。本記事では、厳選した6つのスーツケースを紹介しました。それぞれが優れたサイズ、デザイン、機能性を備えており、個々のニーズに合わせた選択が可能です。快適で手軽な旅行体験を実現するために、ぜひこれらのスーツケースを検討してみてください。

機内持ち込みサイズのスーツケースおすすめ5選についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
スーツケース旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました