出張が多い仕事のメリットとデメリット

ライフハック
Dany_Oran / Pixabay
スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

今回は、出張が多い仕事のメリットとデメリット、についてです。

僕は長期出張が多かったです。「仕事がある場所」へ自分が行かなければならない職種でした。

関東に仕事がある時は関東へ、九州に仕事がある時は九州へといった感じで、転々としました。

中長期出張をした経験を元に、色々なメリットやデメリットについて記載します。

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 出張が多い仕事のメリットとデメリットを知りたい!

早速解説致します。

 

スポンサーリンク

出張が多い仕事のメリット

出張が多い仕事のメリットについて解説します。

 

出張が多い仕事のメリット: 新しい場所での仕事は勉強になる

出張が多い仕事のメリットとして、新しい場所での仕事は勉強になる点があります。普段の仕事のやり方と異なる場合があり、それが勉強になる場合もあるためです。

全国に支社があるような会社にお勤めの方の場合、そこへ出張するケースもあるかと思います。出張先の支社が、効率的なやり方をしている場合もあれば、非効率的なやり方をしている場合もあるかもしれません(やり方が統一されていることが最も望ましいわけですが、地域特性等もあるので、このようなケースもないとは言えません)。

出張先の人達が、効率的な仕事のやり方をしている際はそれを取り入れ、万が一非効率的なやり方をしている場合は、仕事のやり方について情報交換することで、お互いの勉強になる場合もあるので、それが出張のメリットかなと思っています。

会社が配置転換をする理由とも似ているかもしれません。

 

出張が多い仕事のメリット: 色々な場所を観光できる

出張が多い仕事のメリットとして、色々な場所を観光できる点が挙げられます。僕は出張を利用して、様々な場所を巡ることができました。ご当地グルメに多少詳しくなることもできたので、その点は良かったと思っています。

 

出張が多い仕事のメリット: 色々な場所に宿泊できる

ホテル

Olichel / Pixabay

出張が多い仕事のメリットとして、色々な場所に宿泊できる点があります。ホテルだけでなく、中長期出張の際は、アパートを借りることもありました。そのため、様々な物件に住むことができ、どんな場所に住むのが良いかを考える機会が生まれました。

結果として、僕は以下の本を執筆することができました。

 

『後悔しない賃貸物件の選び方』(著者:原文 パパ)という本をAmazonにて好評発売中です!

読み放題サービス(Kindleアンリミテッド)をご使用の場合、無料でお読みいただけますので、大変お得です(^^)/ 

 

出張が多い仕事のデメリット

出張が多い仕事のデメリットについて解説します。

 

出張が多い仕事のデメリット: 行きつけの病院に行けない

hospital

DarkoStojanovic / Pixabay

出張が多い仕事のデメリットとして、行きつけの病院に行けない点が挙げられます。これはあくまで中長期出張の場合です。

中長期出張の場合は、出張先で新たに病院を見つけなければならないので、少し大変です。病院だけでなく、歯医者等の場合も同様です。

 

出張が多い仕事のデメリット: 長期出張すると、ジムや教室等の習い事を辞めなければならない

12019 / Pixabay

出張が多い仕事のデメリットとして、長期出張すると、ジムや教室等の習い事を辞めなければならない点が挙げられます。

僕の知り合いにも、ジムを辞めざるを得なかった人もいます。また、僕自身、習い事をしたいな!と思っても、出張がいつ入るか分からないから習い事できない(泣)とよく思っていました。

 

出張が多い仕事のデメリット: 人間関係が希薄、疎遠になりがち

出張が多い仕事のデメリットとして、人間関係が希薄、疎遠になりがちという点が挙げられます。例えば、出張する前に異性と良い関係を築けていても、その縁が途切れてしまうことになります。

友達が増えず、そればかりか、疎遠になることもあります(友達と離れ離れになるためです)。

また、例えば出張前に婚活パーティーへ行った場合でも、また出張が入ってしまうので、その行ったお金が無駄になってしまったこともありました(もちろん、メールはできるけれど、会わないと疎遠になってしまう確率が高かったです)。

遠く離れた人の安否をネットを通して確認することも多く、「これって、自然な事なのだろうか?」と考えるようになったこともあります。

 

出張する前の場所で行われる、音楽フェスや地域のイベントにも行きたいなと思ったりもしました。しかし、出張中のため断念せざるを得ませんでした。

また、休みの予定が立てづらく、お盆やゴールデンウィーク、正月の予定を立てるのも困難なこともありました。

 

出張が多い仕事のデメリット: 住所確認が必要なサービスを契約できない

出張が多い仕事のデメリットとして、住所確認が必要なサービスを契約できない点があります。住所がないと契約できない場合があるためです。

例えば、証券会社の口座を作る場合でも、住所確認が必要なため、それが行えないというデメリットがあります(僕がやり方を知らないだけかもですが)。

 

出張が多い仕事のデメリット: 人間関係の構築に苦労する場合もある

出張が多い仕事のデメリットとして、人間関係の構築に苦労する場合もあります。出張前の職場では日頃からコミュニケーションが取れているため、問題にはなりません。しかし、出張先では、初対面の人や日頃会わない人と接しなければならないケースも出てくるため、人間関係を構築するのが大変、というケースもあります。

 

出張が多い仕事のデメリット: 家の全ての物を持っていけない

出張が多い仕事のデメリットとして、家の全ての物を持っていけない点があります。

僕は、持ち物を減らす本を書いているのですが、それにしても辛かったこともあります。自転車に乗るのが好きなので、自転車を中長期の出張先に持っていけなかったのは辛かったです。趣味を一つ失ってしまった感覚になったためです。

持ち物が少ない人にとっては問題とならないかもしれませんが、持ち物が多いという方は、ストレスになってしまう可能性もあります。

 

出張が多い仕事のデメリット: 出張=出張先がピンチな場合もあり、環境がピリピリしている場合もある

出張先がピンチだからこそ、出張に行かなければならない場合も業種によってはあるかと思います。例えば、プロジェクトの進行により、人手不足になったから応援を求めている場合です。この場合は、納期に追われていなければ、それほどドタバタしていない場合もあるでしょう。

しかし、何かのトラブルが発生し、そのトラブル対応のために人手不足となった状況で出張にいかねばならない場合は、出張先の環境がピリピリしている場合もあるため、心が消耗するケースもあります。僕の場合はそのようなケースが殆どでした(笑)

 

出張が多い仕事のデメリット: 長期で空けた家の状況が不安になる

出張が多い仕事のデメリットとして、長期で空けた家の状況が不安になる点が挙げられます。

最も気になるのは、空気の入れ替えは大丈夫か?という点です。また、トイレや排水溝の封水が蒸発して減っていないか?も気になります。封水が減ると、虫が湧いたり、嫌な臭いが発生する原因にもなるので、不安な要素となります。

自宅に家族等が住んでいる場合は、任せることができますが、一人暮らしの場合で任せることができないことがあるためです。

 

会社を辞めたい理由

僕が、会社を辞めたい理由については別の記事にしました。興味がございましたらご覧下さい。

 

関連記事:会社を辞めたい理由

 

最後に

出張が多い仕事のメリットとデメリットについてお送りしました。これから就職される方も、この記事がご参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました