ブラック・サバスのおすすめアルバム6選

音楽
スポンサーリンク

ブラック・サバスは、1970年から1978年までのオジー・オズボーン在籍時に8枚のアルバムをリリースしました。その後も、ロニー・ジェイムス・ディオやイアン・ギランなどのボーカリストを迎えて、さまざまな作品を発表しました。

しかし、ファンの間では、オジー時代のアルバムが最も優れているという意見が多いようです。

ブラック・サバスは、1970年代にヘヴィメタルの先駆者として活躍したイギリスのロックバンドです。オジー・オズボーンをはじめとするメンバーの個性的な音楽性と、暗く重いサウンドが特徴です。

ブラック・サバスは、多くのミュージシャンに影響を与えた伝説的なバンドとして、今でも高い評価を受けています。

そこで今回は、ブラック・サバスのおすすめアルバム6選を紹介します。

それぞれのアルバムの特徴や代表曲などを解説します。ブラック・サバスのファンはもちろん、ヘヴィメタルに興味がある方にもおすすめです。

スポンサーリンク

通販大手のアマゾンでは、生活がお得になるAmazonプライムが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。

Amazonプライム
\ 30日間、無料で読み放題できる /

ブラック・サバスのおすすめアルバム6選

ブラック・サバス

ブラック・サバスのデビューアルバムであり、ヘヴィメタルの原点とも言われる作品です。1970年にリリースされたこのアルバムは、当時のロックシーンに衝撃を与えました。

タイトル曲「ブラック・サバス」は、雷鳴と鐘の音から始まる不気味なイントロが印象的です。オジーの高い声とトニー・アイオミの重厚なギターが絶妙にマッチしています。

他にも、「邪悪な魔法使い」や「ナショナル・アコースティック」などの名曲が収録されています。

パラノイド

ブラック・サバスの2枚目のアルバムであり、最も成功した作品です。

1970年にリリースされたこのアルバムは、全英チャートで1位を獲得しました。タイトル曲「パラノイド」は、ブラック・サバスの代表曲として知られています。

疾走感あふれるリフとオジーの狂気じみた歌声が印象的です。他にも、「戦争豚」や「鉄人」などの名曲が収録されています。

マスター・オブ・リアリティ

ブラック・サバスの3枚目のアルバムであり、最も重いサウンドを聴かせる作品です。

1971年にリリースされたこのアルバムは、ギターとベースを半音下げて録音したことで、より暗く低くなりました。

タイトル曲「マスター・オブ・リアリティ」は、トニー・アイオミが初めてフィンガーピッキングを使った曲です。

他にも、「スウィート・リーフ」や「チルドレン・オブ・ザ・グレイヴ」などの名曲が収録されています。

サボタージュ

ブラック・サバスの6枚目のアルバムであり、最も実験的な作品です。

1975年にリリースされたこのアルバムは、レコード会社との契約問題やメンバーの不和などの影響を受けました。

タイトル曲「サボタージュ」は、ブラック・サバスの最長曲であり、10分以上に及ぶ壮大な曲です。

他にも、「シンプトム・オブ・ザ・ユニバース」や「アマイ・デス」などの名曲が収録されています。

ネヴァー・セイ・ダイ

ブラック・サバスの8枚目のアルバムであり、オジー・オズボーンが在籍した最後の作品です。

1978年にリリースされたこのアルバムは、ブラック・サバスのサウンドに変化を求めたものです。

タイトル曲「ネヴァー・セイ・ダイ」は、ポップなメロディとコーラスが特徴的です。他にも、「ジョニー・ブレイド」や「エアー・ダンス」などの名曲が収録されています。

ヘヴン&ヘル

ブラック・サバスの9枚目のアルバムであり、ロニー・ジェイムス・ディオが初めて参加した作品です。

1980年にリリースされたこのアルバムは、オジー時代とは異なる新しいサウンドを展開しました。

タイトル曲「天国と地獄」は、ディオの力強い声とトニー・アイオミの華麗なギターが見事に調和しています。

他にも、「悪魔の子供たち」や「ロンリー・イズ・ザ・ワード」などの名曲が収録されています。

タイトルとURLをコピーしました