PR

トルコ旅行におすすめの時期

トルコ旅行におすすめの時期 旅行
スポンサーリンク

トルコは東西文化の交差点に位置する魅力的な国です。トルコには歴史的な遺跡や美しい自然、豊かな食文化など、見どころがたくさんあります。

しかし、トルコは広大な国であり、気候や風土も地域によって異なります。そこで、トルコ旅行を計画する際には、おすすめの時期を知っておくことが大切です。この記事では、トルコの気候や季節の特徴、おすすめの観光地やイベントなどを紹介します。

スポンサーリンク

トルコ旅行におすすめの時期

編集:JTBパブリッシング
¥770 (2024/02/28 01:12時点 | Amazon調べ)

トルコの気候と季節

トルコは地中海性気候と大陸性気候の影響を受ける国です。一般的には、夏は暑く乾燥し、冬は寒く雨が多いと言えます。しかし、トルコは南北に約1600km、東西に約1100kmも広がっており、地域によって気候は大きく異なります。

例えば、地中海沿岸やエーゲ海沿岸では、夏は30℃以上になることもありますが、冬は10℃前後で比較的温暖です。一方、内陸部や東部では、夏は40℃近くになることもありますが、冬は氷点下になることもあります。また、高地や山岳地帯では、夏でも涼しく、冬は雪が降ることもあります。

トルコの季節は日本と同じく春(3月~5月)、夏(6月~8月)、秋(9月~11月)、冬(12月~2月)に分けられますが、地域によって季節感は異なります。春と秋は気温が適度で観光に最適な時期ですが、雨が多いこともあります。夏は暑くて乾燥していますが、海岸沿いでは涼しい風が吹き、海水浴やウォータースポーツを楽しむことができます。冬は寒くて雨が多いですが、スキーやスノーボードを楽しむことができるスキー場もあります。

トルコ旅行におすすめ時期

トルコ旅行のおすすめ時期は、目的や行きたい場所によって異なります。しかし、一般的には春と秋が最も人気があります。春と秋は気温が適度で快適であり、花や紅葉などの自然の美しさも楽しめます。また、夏や冬に比べて観光客も少なく、価格も安くなることが多いです。ただし、春と秋は雨が多いこともあるので、傘やレインコートなどの雨具を持って行くことをおすすめします。

夏は暑くて乾燥していますが、海岸沿いでは涼しい風が吹き、海水浴やウォータースポーツを楽しむことができます。特にエーゲ海沿岸や地中海沿岸では、美しいビーチやリゾートがたくさんあります。また、夏はトルコの文化や伝統を感じることができる祭りやイベントも多く開催されます。例えば、7月にはイスタンブールで国際音楽祭や国際映画祭が行われます。8月にはカッパドキアで国際気球祭が行われます。ただし、夏は観光客が多く、価格も高くなることが多いです。また、暑さに弱い人や日焼けを気にする人は、日焼け止めや帽子などの日よけを持って行くことをおすすめします。

冬は寒くて雨が多いですが、スキーやスノーボードを楽しむことができるスキー場もあります。特にアンカラやエルズルムなどの内陸部や東部では、雪景色が美しいです。また、冬はトルコの歴史や文化を深く学ぶことができる博物館や美術館などの屋内施設を訪れるのに最適な時期です。

例えば、12月にはイスタンブールで国際書籍祭が行われます。1月にはアンカラで国際映画祭が行われます。ただし、冬は雨や雪によって交通機関が乱れることもあるので、余裕を持ったスケジュールを立てることをおすすめします。また、寒さに弱い人は、暖かい服や防寒具を持って行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

トルコで食べるべき料理

トルコは歴史と文化の豊かな国で、その影響を受けた料理も多彩で魅力的です。

ここでは、トルコ旅行でぜひ味わってほしい料理を紹介します。

ケバブ

トルコ料理といえば、まず思い浮かぶのがケバブです。ケバブとは、肉や野菜を串に刺して焼いた料理の総称で、トルコでは様々な種類のケバブがあります。代表的なものに、羊肉や牛肉を細切りにしてスパイスやヨーグルトソースをかけたドネルケバブや、挽肉を串に巻き付けて焼いたアドナケバブなどがあります。ケバブはパンやサラダと一緒に食べることが多く、ボリューム満点です。

メゼ

メゼとは、小皿に盛られた前菜のことで、トルコではお酒のお供に欠かせません。メゼには、茄子やズッキーニなどの野菜をマリネしたものや、チーズやハムなどの乳製品や肉類、ハムシ(ひよこ豆のペースト)やチリ(ヨーグルトとキュウリのサラダ)などのディップなどがあります。メゼは色とりどりで見た目も楽しく、さまざまな味を楽しめます。

バクラヴァ

バクラヴァとは、パイ生地とナッツを重ねてシロップをかけた甘いお菓子です。トルコではコーヒーや紅茶と一緒に食べられることが多く、お土産にも人気です。バクラヴァには、ピスタチオやクルミなどのナッツや、レモンやオレンジなどの果物の風味が加えられることもあります。バクラヴァは甘さが強いので、一口サイズで食べるのがおすすめです。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました