PR

ポルトガル旅行のベストシーズン

ポルトガル旅行のベストシーズン 旅行
スポンサーリンク

ポルトガルはヨーロッパの南西に位置する国で、美しい海岸線や豊かな文化、おいしい料理などが魅力です。ポルトガル旅行を計画するときには、ベストシーズンを知っておくと便利です。

ポルトガルの気候は地域によって異なりますが、一般的には春と秋がおすすめです。この記事では、ポルトガル旅行のベストシーズンについて詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ポルトガル旅行のベストシーズン

春(3月~5月)

春はポルトガルの気候が穏やかで快適な時期です。日中の気温は15℃~25℃程度で、夜は10℃前後です。雨は少なく、日照時間も長いです。

春は花が咲き乱れる季節でもあり、ポルトガル各地で色とりどりの花々を楽しめます。

特に4月下旬から5月上旬にかけて開催されるリスボンのフェスタ・ダス・フローレス(花祭り)は見逃せません。街中が花で飾られ、音楽やダンスなどのイベントも盛りだくさんです。

春のポルトガル旅行のメリットは、気候が快適で花が美しいことだけではありません。観光客もまだ少なく、人気スポットも混雑しません。

宿泊費や飛行機代もオフシーズン価格でお得です。春のポルトガル旅行のデメリットは、海水温が低く、海水浴や水上スポーツを楽しむには寒いことです。また、山岳地帯では雪が残っている場合もあります。

通販大手のアマゾンでは、雑誌や本の読み放題サービス、キンドルアンリミテッドが、今なら0円で無料体験できるのでオススメです。

Amazon Kindle Unlimited無料体験
\ 30日間、無料で読み放題できる /

夏(6月~8月)

夏はポルトガルの最も暑い時期です。日中の気温は25℃~35℃程度で、夜も20℃以上です。湿度も高く、日差しも強いです。雨はほとんど降りませんが、雷雨や山火事に注意が必要です。

夏は海水温も上がり、海水浴や水上スポーツを楽しめる季節です。

ポルトガルの海岸線は約800kmに及び、ビーチやリゾート地がたくさんあります。特にアルガルヴェ地方やリスボン近郊のカスカイスやエストリルなどは人気スポットです。

夏のポルトガル旅行のメリットは、海やプールで涼めることや、夏祭りやコンサートなどのイベントが多いことです。夏はポルトガルの最も活気ある時期でもあります。

夏のポルトガル旅行のデメリットは、暑さや日差しが厳しいことや、観光客が多く混雑することです。宿泊費や飛行機代も高くなります。

秋(9月~11月)

秋はポルトガルの気候が再び穏やかになる時期です。日中の気温は20℃~30℃程度で、夜は15℃前後です。雨は少なく、日照時間も長いです。

秋はポルトガルの自然が美しくなる季節でもあり、紅葉や果物などが楽しめます。特に10月下旬から11月上旬にかけて開催されるポルトのフェスタ・ダス・カスターニャス(栗祭り)は見逃せません。

街中が栗の香りで満ち、焼き栗や栗のお菓子などが販売されます。

秋のポルトガル旅行のメリットは、気候が快適で自然が美しいことや、観光客が少なくなり、人気スポットも混雑しないことです。

宿泊費や飛行機代もオフシーズン価格でお得です。

秋のポルトガル旅行のデメリットは、海水温が下がり、海水浴や水上スポーツを楽しむには寒いことです。また、山岳地帯では雪が降る場合もあります。

冬(12月~2月)

冬はポルトガルの最も寒い時期です。日中の気温は10℃~15℃程度で、夜は5℃前後です。雨も多く、日照時間も短いです。冬はポルトガルのスキーやスノーボードを楽しめる季節です。

ポルトガルにはスキー場が数カ所ありますが、最も有名なのはシェラ・ダ・エストレーラ山脈にあるエストレーラ・スキー場です。ここでは標高2000m以上の雪景色や氷河湖などを見ることができます。

冬のポルトガル旅行のメリットは、スキーやスノーボードを楽しめることや、クリスマスや正月などのイベントが多いことです。

冬はポルトガルの最もロマンチックな時期でもあります。

冬のポルトガル旅行のデメリットは、寒さや雨が厳しいことや、観光スポットの営業時間が短くなることです。宿泊費や飛行機代も高くなります。

スポンサーリンク

ポルトガル旅行の安い時期

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置する美しい国ですが、旅行費用は季節によって大きく変わります。

ここでは、ポルトガル旅行の安い時期とその理由、おすすめの観光スポットやアクティビティなどを紹介します。

ポルトガル旅行の安い時期はいつ?

ポルトガルは地中海性気候で、一年中温暖ですが、夏は高温多湿で冬は雨が多くなります。一般的に、ポルトガル旅行の安い時期は春(3月~5月)と秋(9月~11月)です。

この時期は気温も適度で、観光に最適です。夏(6月~8月)はヨーロッパの休暇シーズンで、航空券や宿泊費が高騰します。冬(12月~2月)は雨が多く、観光スポットも閉まっていることがあります。

ポルトガル旅行の安い時期におすすめの観光スポット

ポルトガルには歴史的な建造物や美術館、自然景観など、魅力的な観光スポットがたくさんあります。ポルトガル旅行の安い時期におすすめの観光スポットをいくつか紹介します。

  • リスボン:ポルトガルの首都であり、ヨーロッパ最古の都市の一つです。白い壁と赤い屋根の家々が丘に広がる美しい街並みや、エレベーターや路面電車などのレトロな交通機関が魅力です。ジェロニモス修道院やベレンの塔などの世界遺産や、フェイラ・ダ・ラドラという骨董市も見逃せません。
  • ポルト:ポルトガル第二の都市であり、ドウロ川沿いに位置します。ポートワインで有名な街で、古い酒蔵やワイン博物館などがあります。また、カラフルな家々や教会が立ち並ぶ旧市街や、ドウロ川にかかるドン・ルイス1世橋などの景色も素晴らしいです。
  • シントラ:リスボンから電車で約40分のところにある小さな町です。山の中にあるため、夏でも涼しく快適です。シントラには色とりどりの宮殿や城が点在しており、まるで童話の世界に迷い込んだような感覚になります。ペナ宮殿やムーア人の城、キンタ・ダ・レガレイラなどが有名です。

ポルトガル旅行の安い時期におすすめのアクティビティ

ポルトガル旅行では、観光だけでなく、様々なアクティビティも楽しめます。ポルトガル旅行の安い時期におすすめのアクティビティをいくつか紹介します。

  • ポルトガル料理を食べる:ポルトガル料理は魚介類や肉、チーズなどが豊富に使われており、濃厚で美味しいです。特に、バカリャウという塩漬けのタラや、パステル・デ・ナタというカスタードタルトはポルトガルの名物です。レストランやカフェで気軽に楽しめます。
  • ファドを聴く:ファドとはポルトガルの伝統音楽で、哀愁漂うメロディと歌声が特徴です。リスボンやポルトの古い街には、ファドを聴けるバーがたくさんあります。夜になると、生演奏と共にファドを聴きながら、ワインやおつまみを楽しめます。
  • サーフィンをする:ポルトガルは海に面しており、サーフィンのスポットが多くあります。特に、エリセイラやナザレなどは世界的に有名な波があります。初心者から上級者まで、自分のレベルに合ったサーフィンができます。サーフィンスクールやレンタルショップも充実しています。

ポルトガル旅行の安い時期は春と秋で、気候も観光も最適です。

ポルトガルには歴史的な建造物や美術館、自然景観など、魅力的な観光スポットがたくさんあります。また、ポルトガル料理やファド、サーフィンなどのアクティビティも楽しめます。ポルトガル旅行の安い時期にぜひ訪れてみてください。

ポルトガル旅行のハイシーズンはいつ?

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置する美しい国です。ポルトガルには歴史的な建造物や美味しい料理、豊かな文化があります。ポルトガル旅行のハイシーズンはいつなのでしょうか?

一般的に、ポルトガルの気候は温暖で穏やかですが、地域によって差があります。北部は山がちで冷涼なのに対し、南部は平野が広がり暖かいです。また、大西洋に面しているため、海岸沿いは涼しく湿度が高いです。

ポルトガル旅行のハイシーズンは、春と秋です。春は3月から5月で、気温は15℃から25℃程度です。花が咲き乱れる美しい季節です。秋は9月から11月で、気温は20℃から30℃程度です。紅葉や収穫祭などのイベントが楽しめます。

春と秋は、気候が快適で観光に最適な時期です。

しかし、それゆえに観光客も多くなります。ホテルや飛行機の予約は早めにすることをおすすめします。また、人気の観光スポットでは混雑や行列にも覚悟しておきましょう。

ポルトガル旅行のハイシーズンは春と秋ですが、それ以外の季節も魅力的です。夏は6月から8月で、気温は25℃から35℃程度です。

海水浴やサーフィンなどのアクティビティが楽しめます。冬は12月から2月で、気温は10℃から15℃程度です。

雪はほとんど降りませんが、北部の山岳地帯ではスキーやスノーボードができます。

ポルトガル旅行のハイシーズンはいつかという質問に対する答えは、目的や好みによって異なります。

ポルトガルは四季折々に魅力的な国です。あなたもポルトガルを訪れてみませんか?

ポルトガル旅行のモデルコース

ポルトガルはヨーロッパの西端に位置する国で、美しい海岸線や豊かな歴史文化、おいしい料理などが魅力です。しかし、ポルトガルは広い国ではないので、効率的に観光するためには、事前にモデルコースを決めておくことが大切です。ここでは、ポルトガル旅行のモデルコースを紹介します。

リスボン

ポルトガルの首都であるリスボンは、ポルトガル旅行のスタート地点として最適です。リスボンは丘の上に建つ白い街で、古い電車やエレベーターが街の風景を彩ります。リスボンで見逃せない観光スポットは以下の通りです。

  • ジェロニモス修道院:16世紀に建てられた壮麗な修道院で、ポルトガルの航海時代の栄光を感じられます。修道院内には、探検家のヴァスコ・ダ・ガマや詩人のカモエンスの墓もあります。世界遺産の一つです。
  • ベレンの塔:ジェロニモス修道院の近くにある塔で、ポルトガルの国章でもあります。かつては港の防衛施設として使われていましたが、現在は展望台として開放されています。
  • サン・ジョルジェ城:リスボンの中心部にある城で、7世紀から12世紀にかけてイスラム教徒が築いたものです。城からはリスボン全体が一望できます。
  • アルファマ地区:サン・ジョルジェ城の下に広がる古い街並みで、迷路のような狭い路地や階段が特徴です。アルファマ地区では、ポルトガルの伝統音楽であるファドを聴くことができます。

シントラ

リスボンから電車で約40分のところにあるシントラは、ポルトガルの中でも特に美しい町として知られています。シントラは山と森に囲まれた町で、色とりどりの宮殿や城が点在しています。シントラでおすすめの観光スポットは以下の通りです。

  • ペナ宮殿:シントラのシンボルとも言える宮殿で、赤や黄色など鮮やかな色彩で飾られています。19世紀に建てられた宮殿は、中世やイスラム教徒の影響を受けた様々な様式が混ざり合っています。
  • ムーア人の城:ペナ宮殿から徒歩で行ける城で、8世紀にイスラム教徒が築いたものです。城壁に沿って歩くと、シントラやリスボン方面の景色が楽しめます。
  • キンタ・ダ・レガレイラ:シントラの中心部から少し離れたところにある邸宅で、20世紀初頭に建てられました。邸宅の周囲には、神秘的な庭園や洞窟、井戸などがあります。

ポルト

ポルトはポルトガルの第二の都市で、ドウロ川沿いに広がる美しい街です。ポルトはポートワインの発祥地として有名で、川の対岸にあるヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアでは、ポートワインの醸造所や試飲所を見学することができます。ポルトで見どころの観光スポットは以下の通りです。

  • リベイラ地区:ドウロ川沿いにある古い街並みで、カラフルな家やカフェ、レストランが並んでいます。リベイラ地区では、ドウロ川を渡る鉄橋や、対岸のヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアの景色を楽しめます。
  • サン・ベント駅:ポルトの中心部にある駅で、20世紀初頭に建てられました。駅の壁には、ポルトガルの歴史や風景を描いた約20000枚の青いタイルが貼られています。
  • クレリゴス教会と塔:バロック様式の教会と塔で、18世紀に建てられました。塔は高さ76メートルあり、ポルトのランドマークとなっています。塔の頂上からは、ポルトの街やドウロ川が見渡せます。

以上が、ポルトガル旅行のモデルコースです。ポルトガルは小さな国ですが、多彩な魅力を持っています。ぜひ一度訪れてみてください。

ポルトガル旅行のベストシーズンまとめ

ポルトガル旅行のベストシーズンは春と秋です。気候が快適で自然や花が美しく、観光客も少なくお得です。夏は暑くて混雑しますが、海やイベントを楽しめます。

冬は寒くて雨が多いですが、スキーやロマンチックな雰囲気を楽しめます。ポルトガル旅行を計画するときには、自分の好みや目的に合わせてベストシーズンを選ぶと良いでしょう。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました