PR

クロアチア旅行のベストシーズン

クロアチア旅行のベストシーズン 旅行
スポンサーリンク

クロアチアはヨーロッパの東南部に位置する国で、美しい海岸線や古い町並み、豊かな自然や文化が魅力です。クロアチアに旅行するなら、どの季節がベストなのでしょうか。

ここでは、クロアチアの気候や各季節の特徴、おすすめの観光スポットやイベントなどを紹介します。

スポンサーリンク

クロアチア旅行のベストシーズン

クロアチアの気候

クロアチアは地中海性気候と大陸性気候の影響を受ける国で、地域によって気候が異なります。

一般的には、夏は暑く乾燥し、冬は寒く湿度が高いです。海岸部では夏は30度前後、冬は10度前後と温暖ですが、内陸部では夏は25度前後、冬は0度前後と寒暖の差が激しいです。

また、山岳地帯では冬に雪が降ることもあります。

春(3月~5月)

春はクロアチアにとって新しい生命が芽吹く季節です。気温は徐々に上昇し、日照時間も長くなります。海岸部では15度前後、内陸部では10度前後と過ごしやすいですが、雨が多いので傘やレインコートが必要です。

春は花々が咲き乱れる季節なので、自然公園や庭園を訪れるのがおすすめです。例えば、プリトヴィッツェ湖群国立公園では16の湖と92の滝が織りなす絶景を見ることができます。また、ザグレブでは4月から5月にかけてザグレブ・スプリング・フェスティバルという音楽祭が開催されます。

夏(6月~8月)

夏はクロアチアにとって最も賑やかな季節です。気温は高くなり、日照時間も最長になります。海岸部では30度前後、内陸部では25度前後と暑いですが、海風や山風が涼しさをもたらします。

夏は海水浴やウォータースポーツを楽しむのに最適な季節なので、ダルマチア地方やイストリア半島などの海岸リゾートを訪れるのがおすすめです。

例えば、ドゥブロヴニクでは城壁に囲まれた旧市街やロクルム島などの観光スポットを巡ることができます。また、スプリトでは7月から8月にかけてスプリト・サマー・フェスティバルという芸術祭が開催されます。

秋(9月~11月)

秋はクロアチアにとって落ち着きを取り戻す季節です。気温は徐々に下降し、日照時間も短くなります。海岸部では20度前後、内陸部では15度前後と涼しくなりますが、雨が少なく晴れの日が多いです。秋は紅葉や果物の収穫を楽しむのに適した季節なので、山岳地帯や農村地帯を訪れるのがおすすめです。

例えば、リカ=セニ郡ではヴェレビト山脈やプリトヴィッツェ湖群国立公園などの自然景観を見ることができます。また、イストリア半島では9月から11月にかけてトリュフ祭りやワイン祭りなどのグルメイベントが開催されます。

冬(12月~2月)

冬はクロアチアにとって静かな季節です。気温は低くなり、日照時間も最短になります。海岸部では10度前後、内陸部では0度前後と寒いですが、雪は少なく晴れの日が多いです。冬はスキーやスノーボードを楽しむのに良い季節なので、ザグレブやザグレブ郊外のスライェメ山などのスキーリゾートを訪れるのがおすすめです。

例えば、ザグレブでは12月から1月にかけてザグレブ・クリスマス・マーケットという冬祭りが開催されます。

また、ドゥブロヴニクでは12月31日にドゥブロヴニク・ニューイヤーズ・イブというカウントダウンパーティーが開催されます。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました