初心者のための中古車の選び方

スポンサーリンク

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/
今回は、初心者のための中古車の選び方、についてです。今回の記事は、次のような方にオススメです!

  • 初心者なので、中古車の選び方を知りたい!

早速解説致します。

スポンサーリンク

初心者のための中古車の選び方

初心者のための中古車の選び方を解説します。

バックカメラの要否

中古車の選びの際は、バックカメラの要否を検討しましょう。

重量税を考える

中古車の選びの際は、重量税も検討しましょう。車体重量が重いほど、重量税は大きくなるため、維持費について最初に計算しておくと良いでしょう。

フルフラットになるかどうか

車中泊がしたい方は、中古車の選びの際、フルフラットになる車種かどうかを確認しておきましょう。

ターボの要否

車に加速性能を求める方は、ターボの要否について検討しましょう。

走行距離

中古車の選びの際は、走行距離についてチェックしておきましょう。走行距離が10万キロに近い場合、タイミングベルトの交換が発生すると言われているため、その費用がかかります。

盗難率

車の盗難率についても確認しておきましょう。盗難率ランキングで上位にランクインしている車は、狙われやすい車とも言えるため、注意が必要です。
この時、販売台数に対して、どれくらい盗難が発生したかのデータを確認することも重要です。盗難件数(分子)に対して、販売台数(分母)がどれくらいなのかを確認しておきましょう。

テイルランプの高さ

テイルランプの位置が高いと、夜間の場合、遠くに車がいるように感じるため、おかまをほられやすい(後ろから追突されやすい)と言われています。最近では、テイルランプの位置が高い車はそれほど多くない気もしますが、ご購入の際にご検討下さい。

ベンチソファーの要否

ベンチソファーのメリットは、補助席側へ移動しやすいことでしょう。移動する必要性を感じない方の場合は、メリットとはならないかもしれません。僕は、個人的に、圧迫感がないという理由でベンチソファーが良いなと思っています。

タイヤの溝の残り具合

中古車を選ぶ際は、タイヤの溝の残り具合も確認しましょう。タイヤの溝がなくなりかけている場合は、すぐに交換が必要になり、余計な出費となるためです。

車の色

※あくまで個人の意見とお考え下さい。
黄色は虫が寄ってきやすい色と言われています。黒色の車は、夜間見えにくくなるので、夜間の事故率が上がりやすいと聞いたことがあります(正確なデータは分かりません)。一方、重厚感があるため、他のドライバーの運転が慎重になるとも言われており、昼間の事故率は軽減するかもしれません(これも信ぴょう性が怪しいです)。
青色の車は、遠くに見えやすいため、事故が起きやすいとも言われています。

タイヤの販売価格

中古車選びの際は、タイヤの販売価格についても確認しておきましょう。初心者のかたは見落としがちなことの一つです。タイヤは、様々な種類があり、サイズや仕様により金額が異なります。最も汎用性の高いタイヤは価格も安くなる傾向があるので、中古車選びの際はタイヤの販売価格を確認しておくと、タイヤ交換が発生した際、予想以上の金額で驚くということを避けることができます。
ちなみに、僕の場合は、タイヤの販売価格を考えずに中古車を買い、タイヤ交換の際に、「結構値段するんだなぁ(;^ω^)」と思ったことがあります。

修理工場が近所にあるかどうか

初心者のかたは見落としがちですが、中古車の選びの際は、修理工場が近所にあるかどうかも確認しておきましょう。日本で最も売れている車のメーカーはトヨタのため、トヨタの修理工場も最も多いはずです(僕も以前そのような話を耳にしたことがあります。正確な数字までは知りません)。
一方、外車の場合は、修理工場が近所にない場合もあるかもしれません。その場合、修理をするのも大変になる場合も予想されるため、それも含め購入前に検討しましょう。
具体的に、どこに修理工場があるかを調べておくのも良いでしょう。

交換パーツの価格

中古車の選びの際は、交換パーツの価格についても確認しておきましょう。初心者のかたは見落としがちなことの一つです。国産メーカーで、且つ、汎用性が高いパーツの場合は、交換パーツの価格は安い傾向にあります。一方、外国のメーカーの場合は、国産メーカーに比べ、交換パーツの価格が高い場合もあるため、購入前に検討しましょう。

その他

「修復歴車・事故車、塩害車・雪害車、水没車」を選ぶ場合は、リスクが伴う場合もあるため、慎重に見極めましょう。

フロントにボンネットがあって、エンジンが入っている車は安全性が比較的高いと言われます。また、軽自動車よりも1000cc以上の車のほうが安全性が比較的高いと言われます。

故障の少ない車ランキングを確認する

「故障の少ない車ランキング」を確認することで、どのメーカーは故障が少ないかが分かります。
参考サイト:J.D.パワー 2017年米国自動車耐久品質調査SM(VDS)

スポンサーリンク

初心者のための中古車の選び方まとめ

初心者のための中古車の選び方についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
ライフハック
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました