バーベキューの持ち物と食べ物一覧【バーベキュー】

ライフハック
RitaE / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、バーベキューの持ち物と食べ物一覧、というテーマでお送りします。

 

ご参考になれば幸いです!

 

バーベキューの持ち物【必需品】

まずは、どんなバーベキューの時でも役立つ持ち物をご紹介します。

 

□財布

財布をポケットに入れると汗で濡れることもあるので、ポケットに入れる場合は革製の物は避けるべきかもしれません。

 

□鞄

バーベキューには、デイバッグという選択肢もアリです!

カバンの防水対策も忘れずに行いましょう。

 

□スマートフォン

TeroVesalainen / Pixabay

 

スマートフォンは忘れずに持って行きましょう。カメラで写真を撮ったり、動画撮影もできます。

 

□モバイルバッテリー

バーベキューの途中で、バッテリーが無くなってしまったらスマホで連絡を取れないので、あった方が便利です。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□携帯充電器

スマートフォンの充電器も忘れずに持っていきましょう。

 

□デジタルカメラ

Satermedia / Pixabay

拘らなければ、スマートフォンでも代用可能です。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□眼鏡・コンタクト用品

使い捨てコンタクトは、予備を持っていると心強いです。

 

□制汗スプレー・汗拭きシート等

夏場に開催するバーベキューの場合は、あると良いかもしれません。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□タオル・ハンカチ

タオルを持っておくと、バーベキューでの日焼け対策に役立ったりもします。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□ティッシュ

水に流せるタイプを持っていくと良いかと思います。

 

□バンドエイドなど

そのため、靴擦れをした際にも使えます。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□ビニール袋

ゴミ袋サイズがあると、敷物、雨具、工夫次第で色々使えますので、持って行くと良いでしょう。

 

□うちわ

うちわを持っていると、バーベキューでの暑さ対策用として使えます。

また、バーベキューの火起こしの際にも使えます。

 

□帽子

帽子は、夏場に行うバーベキュー時の熱中症対策になります。あるとないでは全然違います!必要に応じて持ち物に加えましょう。

約100年前の1920年にアメリアで設立されたニューエラというブランドのワークキャップが僕は好きです!

 

□レインウェア・折りたたみ傘

 

 

雨が降った場合の対策として、レインウェアを持って行くと良いでしょう。男性の場合、ノースフェイス、パタゴニア、コロンビア等のアウトドアブランドの服だとカッコいいかもしれません!

 

関連記事

おすすめのレインウェアと選び方

 

□防寒着

夏場以外にバーベキューをする場合は、防寒着を持って行きましょう。

防寒着は、レインウェアと兼用にするのもアリですね!

 

 

それか、折り畳めるダウンジャケットも便利です(防水されていないものは、雨には弱いですが)。

 

□サンダル

バーベキュー時に、サンダルで歩き回る場合は、かかとを固定してくれるタイプが良いと思います。

必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□防水スプレー

持ち物に防水スプレーをしておくことも重要です!

 

□ウェットティッシュ

持ち物が汚れたりした時に、便利です。

 

□折り畳みイス

バーベキューができる場所に、折り畳みイスを持参する人も多いです。

折り畳みイスがあると便利です。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□レジャーシート

レジャーシートはバーベキューをする際の必須アイテムです!必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□水筒

夏に行われるバーベキューの場合は、飲み物は必須です。

 

□懐中電灯orヘッドライト

夜は真っ暗になることもあります。

ヘッドライトなら両手が自由に使えるので便利です。

 

□虫除けスプレー

夏場に行うバーベキューでは、虫除けスプレーは必須アイテムでしょう。

 

□日焼け止め

夏場のバーベキューだと、日焼けしたくない人にとっては必須でしょう。

 

□着替え・下着・靴下

着替えたりする時は、持って行くと良いでしょう!

 

□箸

食べ物を食べる時は必須です。

 

□歯ブラシ

歯磨きが必要な時は持って行きましょう!

 

□バーナー

調理する時に必要です。

 

□ナイフ・調理器具

必要な場合は持って行きましょう!

 

□軍手

バーベキューで炭を触る時や作業をする際、手を保護するために持っておくと良いでしょう。

 

□マグカップ

アルミかチタン製のコップなら割れる心配もないので良いでしょう。

 

□ランタン

スマートフォンの「懐中電灯」アプリでしのぐこともできますが、長時間は厳しいので、ランタンがあると良いでしょう。

 

□ぞうきん

雨が降ったときに役立ちます!

 

□キャリーカート

長距離を移動する場合は、キャリーカートがあると荷物の持ち運びが楽になります。手で運ぶのはとてもしんどいです。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□クーラーボックス

クーラーボックスは少しかさばりますが、これを持っていけば冷たい飲み物を飲むことができます!

また、食材の鮮度を保つことができるので良いです。

 

□新聞紙

新聞紙は何にでも使える万能アイテムです。必要に応じて持ち物に加えましょう。

 

□ランタン、懐中電灯

手元を照らすのに必要となるので、持って行きましょう。

 

□アイマスク

仮眠などをする際、周囲が明るい場合があるので、持っておくと便利です。

 

□ゴミ袋

ゴミが出る場合はゴミ袋に入れて持ち帰りましょう。

 

□カセットコンロ

必要ならば持っていきましょう。

カセットボンベは1本だと足りない場合があるので、2、3本持っておくと良いでしょう。

 

□眠気防止グッズ

ブラックガムやコーヒー等が良いと思います。

 

□好きな音楽CD等

車内で聴くための物です。

 

□クーラーボックス

凍らせた2ℓの飲み物を入れましょう。

 

□マッチ

炭に着火する時に必要です。

 

□トング

バーベキューの食べ物を調理する際に必要です。

 

□炭

pixel2013 / Pixabay

バーベキューに使用する分だけ持って行きましょう。

 

□着火剤

火を簡単に着火することができます。

 

□保冷剤

クーラーボックス内に入れておきましょう。

 

□食器類

バーベキューの際は、お皿を持って行きましょう。紙皿は洗うことなく捨てることができるので便利です。

 

□調理用具類

鍋やフライパン、ボール、ざるを持って行きましょう。

 

□包丁

食べ物を切る時に使う事が出来ます。

 

□まな板

食べ物を切る時に使う事が出来ます。

 

□フリーザーバッグ

食べ物を保管する時に使えます。

 

□アルミホイル

焼き芋を作る時等に使えます。

 

バーベキューの食べ物

RitaE / Pixabay

続いて、バーベキューの食べ物です。

 

□お酒

クーラーボックスがないと、常温で飲むことになります。

常温でもうまいお酒を持っていきましょう。

 

□食べ物(食材)

パックご飯は便利です。

定番の人気食材は以下の通りです。

 

牛肉、豚肉、鶏肉、ソーセージ、ホタテ、たまねぎ、カボチャ、キャベツ、ナス、ピーマン、焼きそば、バナナ

 

お好きな食べ物を持参しましょう。

□調味料

食べ物を味付けするものを持って行きましょう。

 

注意事項

バーベキューをする際の注意事項は、以下の通りです。

 

雨対策をする

バーベキューに行く前に、天気予報はしっかりと確認しておきましょう。

また、雨は突然降ってくる場合があるので、カッパなどを持っておくと良いです。

 

寒さ対策をする

夏場以外のバーベキューでは、朝晩が冷え込む場合もあるので、充分注意しましょう。

 

熱中症対策をする

夏場にバーベキューをする場合は、熱中症にならないよう対策を講じましょう。飲み物、帽子を持って行くと良いでしょう。

 

最後に

バーベキューが最高の思い出となるよう、しっかりと準備しましょう!

 

人気記事

音楽フェスの服装(春、夏)と必需品持ち物リスト

コメント

タイトルとURLをコピーしました