PR

イタリア旅行の手荷物

イタリア旅行の手荷物 イタリア旅行
スポンサーリンク

イタリアは美しい国ですが、気候や文化が日本とは異なります。そのため、手荷物の準備にも工夫が必要です。この記事では、イタリア旅行の手荷物に関するポイントを紹介します。

スポンサーリンク

イタリア旅行の手荷物

イタリアの景色

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

パスポートやチケットなどの必需品は忘れずに

イタリア旅行にはもちろん、パスポートやチケットなどの必需品は忘れずに持っていきましょう。パスポートは空港やホテルでのチェックイン時に必要ですし、チケットは飛行機や電車に乗るときに必要です。また、イタリアではEU加盟国なので、ビザは不要ですが、滞在期間が90日を超える場合はビザが必要になります。その場合は、事前に申請しておく必要があります。さらに、保険証やクレジットカードなども持っていくと便利です。

クレジットカード

保険証は万が一の事故や病気のときに役立ちますし、クレジットカードは現金よりも安全で便利な支払い方法です。

服装は季節や目的に合わせて

イタリア旅行の服装は季節や目的に合わせて選びましょう。イタリアの気候は日本と比べて温暖で乾燥していますが、地域によって差があります。一般的に、夏は暑くて日差しが強いので、涼しい素材や色の服や帽子やサングラスなどの日よけグッズが必要です。

冬は寒くて雨や雪が降ることもあるので、暖かいコートやセーターやマフラーなどの防寒着や傘や防水靴などの雨具が必要です。春や秋は快適な気温ですが、朝晩は冷え込むこともあるので、重ね着できる服やカーディガンやジャケットなどの羽織り物が必要です。また、イタリア旅行では観光地や教会などを訪れることが多いと思いますが、その場合は肌の露出を控えることがマナーです。特に教会では肩やひざを隠すことが求められることがあります。その場合は、ストールやショールなどを持っていくと便利です。

コスメや医薬品などの個人用品は最小限に

イタリア旅行ではコスメや医薬品などの個人用品は最小限に持っていきましょう。コスメは基本的な化粧品だけで十分ですし、医薬品も常備薬や絆創膏程度で大丈夫です。

もし何か足りなくなったら、現地で買うこともできます。ただし、処方箋が必要な薬やアレルギー用の薬などは持っていく必要があります。その場合は、薬の名前や成分や用法などを英語やイタリア語で書いたメモを一緒に持っていくと安心です。

また、液体やジェル状のものは飛行機に持ち込むときに制限があります。一般的には、100ml以下の容器に入れて、透明なビニール袋に入れて、一人あたり1袋までというルールです。そのため、大きなボトルやチューブは持っていかないほうがいいです。

お土産やお菓子は現地で買うのがおすすめ

イタリア旅行ではお土産やお菓子は現地で買うのがおすすめです。イタリアには美味しい食べ物や素敵な雑貨がたくさんありますし、現地で買うほうが安くて新鮮です。

また、日本から持っていくと重くてかさばりますし、税関で没収される可能性もあります。特に食べ物は動植物検疫の対象になることが多いので、注意が必要です。もし日本から持っていく場合は、パッケージに原材料や賞味期限などの表示があるものを選びましょう。また、税関で申告する必要がある場合もありますので、事前に確認しておきましょう。

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメ

通販大手のアマゾンで旅行グッズを揃えるのもオススメです。

\ 通販大手のアマゾンで、お得で便利にお買い物 /

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

イタリア旅行は楽しいですが、手荷物の準備にも気を配りましょう。この記事が参考になれば幸いです。

海外旅行の持ち物をこれから準備されるという方は、以下の記事もオススメです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
イタリア旅行旅行
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました