バックパッカーにおすすめのリュック

旅行
Pexels / Pixabay

はい、どうもー! 原文パパです(≧∇≦)/

 

今回は、バックパッカーにおすすめのリュック、についてです。

 

 

今回の記事は、次のような方にオススメです!

 

  • バックパッカーにおすすめのリュックを知りたい!

 

機内持ち込み荷物の重量制限は何kg?

qimono / Pixabay

 

飛行機に乗る際の、機内持ち込み荷物の重量制限は、航空会社により異なりますが、7kg以内の会社が多いようです(一部の航空会社は異なっており、例えば、春秋航空の機内持ち込み手荷物は、5kg以内です。)。

 

※一部異なる場合もありますので、最新情報は、各社のウェブサイトにてご確認下さい。

 

そのため、今回選定する荷物の重量は、7kg以内を目標とします。

ちなみに、7kg以内と書いてあっても、7.9kgまでOKのようです(本当なのかな)。

ただ、余裕は見ておいた方がよさそうですね!

7kg以内を目指すとどんなパッキングになるのか?を調べるため、今回やってみることにします!

 

機内持ち込み荷物だけで旅行するメリットは?

機内持ち込み荷物だけで旅行するメリットは以下の通りです。

 

ロストバゲージが発生しない

ロストバゲージが発生すると、旅行中手元に荷物がないわけですから、旅行が最悪な思い出になってしまいます。

一方、機内持ち込み荷物だけで旅行することで、常に手元に荷物がある状態なので、ロストバゲージの発生を回避することができるメリットがあります。

旅に慣れている方の中には、機内持ち込み荷物だけで世界旅行する人も居ます。

例えば、高城剛さんなんかもその一人です。

 

バックパッカーの方の場合は、機内持ち込み荷物だけで旅行するのも、選択肢の1つとなると思います。

 

すぐに空港から出ることができる

機内持ち込み荷物だけで旅行する場合、空港で荷物を取得する必要がないため、空港に着いた時点で、すぐに空港を出て観光地に向かうことができるため、時間短縮に繋がる点がメリットです。

 

バックパッカーにおすすめのリュック

バックパッカーにおすすめのリュックをご紹介します。

機内持ち込み荷物だけで旅行する場合は、全体で7kg以内を目指す必要があるため、リュックは軽い物が良いと思います。リュックってそれ自体で結構重いですからね。

 

色々探しましたが、重量が1kg未満で、三辺合計115cm以下のバックパックはあまり数がないようです。

条件に合うものは、以下のバックパックとなります。

 

「キャビンゼロ バックパック CLASSIC 44L」

そこで、軽量化も兼ね、バックパッカーにおすすめのリュックとして、「キャビンゼロ バックパック CLASSIC 44L」が挙げられます。

 

  • ボディサイズ:W360×H500×D180(mm)
  • 三辺合計:104cm
  • 重量:約760g
  • 容量:約44ℓ

 

 

 

「BURTON Fathom Pack(バートン ファゾムパック)」

BURTON(バートン)は、1977年にアメリカで設立されたブランドです。

 

  • ボディサイズ:約 52 × 39.5 × 18 cm(高×幅×厚)
  • 三辺合計:109.5cm
  • 重量:約0.9kg
  • 容量:約44L

 

重量は900gなので、軽量の部類と言えるでしょう。

 

「GREGORY COMPASS40(グレゴリー コンパス40)」

グレゴリー(Gregory)は、1977年にアメリカで設立されたブランドです。

 

  • サイズ: 34 x 55 x 25 CM
  • 三辺合計:114cm
  • 重量: 980g
  • 容量: 40L

 

「GREGORY COMPASS40(グレゴリー コンパス40)」は三辺合計が114cmであり、三辺合計が115cm以下です。また、重量は980gなので、軽量の部類と言えるでしょう。

 

THE NORTH FACE XP Shuttle Duffel(ザ・ノース・フェイス エックスピー シャトルダッフル) 57L

THE NORTH FACEは、1968年にアメリカで設立されたブランドです。

 

  • サイズ: 35 x 55 x 24.5cm
  • 三辺合計:114.5cm
  • 重量:1445g

 

重量は1445gなので、若干重めです。

 

 

キャスターは必要ないのか?

機内持ち込み荷物として、「キャスター付きのリュックはどうか?」という意見があります。

転がしたり、背負えるので、とても便利です。ただ、キャスター付きのリュックは重めの物が多いですね。

高城剛さんは、キャスター付きのリュックを使われているようですが、僕は重さのことを考えると、軽量化のため、キャスター付きでなくても良いと思っています。

 

スーツケースはどうか?

スーツケースは重量が重い物が多く、軽量化させるのは難しい印象です。

 

「キャビンゼロ バックパック CLASSIC 44L」は重量が約760gです。

 

サムソナイトの「コスモライト スピナー55」という機内持ち込み用スーツケース(36L 三辺合計115cm)の場合は、重量が約1.7kgです。価格は約64,800円なので、なかなかのお値段です。

 

7000円前後の、機内持ち込み用スーツケース(Sサイズ 外寸 縦58×横38×奥行24cm)の重量は、重さ約3.2kg前後のものも多いため、それだけで7kgのうち半分近くを占めてしまう事になります。

従って、「キャビンゼロ バックパック CLASSIC 44L」が良いのではと思います。

 

 

リュックカバーも付ける

治安の悪い場所では、ケチャップ泥棒と呼ばれる、泥棒が居ます。

ケチャップあるいはケチャップのようなものを観光客にかけて、「大丈夫かい?拭いてあげるよ」と親切な人を装いながら、物を盗む事件が発生していると聞きます。

なので、バックパック旅行をする際は、リュックカバーをかけておくのが良いのではないかと思います。

リュック本体が汚れないようにするためです。

 

軽量化するための旅行の荷物の選び方

機内持ち込み荷物だけで旅行する場合の、軽量化するための旅行の荷物の選び方については、別記事にしました。

 

関連記事

軽量化するための旅行の荷物選び【機内持ち込み荷物】

最後に

バックパッカーとして旅行をする場合は、「多くの物は持って行けない」という前提から、旅の形を考えてみるのもありかもしれません。

例えば、寝袋は持って行けないから、野宿は無理だなとかが分かります。

今回の記事をご参考に、軽量化された、快適な旅行を是非お楽しみ下さい(≧∇≦)/

 

↓こんな本も出してます(^^)/

 

『旅行時の持ち物の選び方』(著者:原文 パパ)

 

Kindleにて好評発売中です!

読み放題サービスKindleアンリミテッドをご使用の場合、無料でお読みいただけますので、大変お得です(^^)/

ご興味がありましたら、是非ご購読下さい!

 

 

関連記事

バックパッカーにおすすめの持ち物一覧

旅行の持ち物チェックリスト!便利なグッズやアプリも紹介!

コメント

タイトルとURLをコピーしました