PR

Anycubic Kobra Goレビュー

3Dプリンター
スポンサーリンク

Anycubic Kobra Go 3Dプリンターは、初心者からプロまで、幅広いユーザー層に向けた高性能なツールです。

このプリンターは、自動レベリング機能や高速印刷、バネ鋼製プラットフォームなどの特長を持っています。

それに加えて、静音マザーボード搭載で、より静かにスムーズに印刷できます。

この記事では、Anycubic Kobra Goの詳細を紹介し、その性能や特徴を分析します。

https://www.anycubic.com/products/kobra-go
スポンサーリンク

Anycubic Kobra Goレビュー

ANYCUBICは、エクストルーダーを自社開発しているというようで、それが理由で好きという方もいます。そんなANYCUBICの「Vyper」についてレビューします。

項目スペック
ノズル温度Max260℃
プラットフォーム材質PEIばね鋼磁気
ホットベッド温度
レベリング自動レベリング
印刷サイズ220x220x250mm
印刷スピード20~100mm/s(推薦60mm/s)
印刷技術FDM(熱溶解積層技術)
印刷精度0.05~0.3mm
接続方法SD Card & Data Cable Support
本体サイズ445x443x490mm
印刷可能フィラメントPLA / ABS / PETG /TPU

Anycubic Kobra Goは、FDM(熱溶解積層技術)印刷技術を採用した初心者向けの3Dプリンターです。

5号サッカーボールのサイズを印刷可能

https://www.anycubic.com/products/kobra-go

本体サイズは445x443x490mmで、印刷サイズは220x220x250mmとなっています。

一般的な5号サッカーボールは直径22cmですので、三辺で言うと220×220×220mmです。一般的な5号サッカーボールよりも広いということが分かります。

Anycubic Mega Sと比較して、プリントできるサイズは34.4%増加しており、12.1リットルに達します。

スマホケース、子ども用玩具、フィギュア、オーナメントなど様々なものが作れ、家庭・学校・企業などさまざまなシーンで活躍できます。

バンダイのガンダムのプラモデルで言うと、1/100スケールは高さ約180mmですので、1/100スケールのものは作れそうです。

印刷速度

https://www.anycubic.com/products/kobra-go

印刷速度は20~100mm/s(推薦60mm/s)で、印刷精度は0.05~0.3mmです。

https://www.anycubic.com/products/kobra-go

ANYCUBIC KOBRA GO 3Dプリンターは、押出機とホットエンドが分離しているため、ホットエンドが軽く、移動時の慣性力が小さく、そのため、印刷速度がさらに速くなります。

ホットベッドは2~3分以内に70℃まで加熱できるため、印刷の待ち時間が短縮化できる点がメリットです。

印刷精度を確保しながら印刷速度を大幅に向上させることができます。

新開発の押出機により、高速プリントが可能になっています。

対応フィラメント

https://www.anycubic.com/products/kobra-go

プラットフォーム材質はPEIばね鋼磁気で、PLA、ABS、PETG、TPUなどの、さまざまなフィラメントに対応しています。

また、フィラメント切れ検知機能も備えており、耐久性にも優れています。

ノズル温度は最大260℃で、SDカードやデータケーブルでの接続が可能です。

静音マザーボードを搭載

このプリンターは、冷却ファンと送風ファンシステムが装備されており、モデルを急速に冷却するのに役立ちます。

静音マザーボードを搭載しているため、より静かにスムーズに印刷できます。

便利なオートレベリング機能を搭載

https://www.anycubic.com/products/kobra-go

絶対にあった方が良い機能の一つが、オートレベリング機能です。

ANYCUBIC KOBRA GO 3Dプリンターにはオートレベリング機能があり、ホットベッドの凹凸を自動補正します。

自社開発のオートレベリングシステム「Anycubic LeviQ」を搭載しています。

これにより、準備作業が簡単になり、印刷成功率が大幅に向上します。

初心者でもワンタッチでレベリングや印刷を簡単に実現することができます。

また、操作用LCDコントロールノブのデザインが新しくなり、ユーザー体験をよりアップグレードします。

造形物の剥がしが簡単

https://www.anycubic.com/products/kobra-go

ANYCUBIC KOBRA GO 3Dプリンターの印刷台は、特製のバネ鋼を採用しており、摩耗や落下、曲げに強いです。

印刷が完了したら、モデルを折り曲げて取り外すことができるのもメリットです。

その他

ANYCUBIC KOBRA GO 3Dプリンターは、組み立てが簡単で、停電復帰機能や調整用コントロールノブも便利です。

https://www.anycubic.com/products/kobra-go
https://www.anycubic.com/products/kobra-go

KOBRA GOは、要組み立てとなっています。半組み立て済のほうが良いという方は、価格は上がりますが、半組み立て済である、Kobra Neoを検討するのも良いでしょう。

Kobra Neoにはスライスソフトが付いていますが、KOBRA GOにはスライスソフトは付いていません。

関連記事:ANYCUBIC Kobra Neoレビュー

気になる点 ノズル温度はマックス260℃まで

ノズル温度はマックス260℃までとなっています。

中には300℃まで出せる3Dプリンターもあります。高温が出せる3Dプリンターの方が、様々なフィラメントに対応できるというメリットがあります。ただその分、価格が高めになったりもします。

使用したいフィラメントをしっかりと考え、目的に応じて選ぶのも良いでしょう。

フィラメントセンサーって何?必要なの?

3Dプリンターのフィラメントセンサーは、3Dプリンター内で使用されるフィラメントの供給状態を監視するためのセンサーです。

フィラメントは3Dプリンターのノズルから押し出され、モデルを作成するために使用されます。

フィラメントセンサーは、フィラメントが正常に供給されているかどうかを検出し、問題がある場合にはプリンタを停止する役割を果たします。

フィラメントセンサーの必要性はいくつかあります。

フィラメント切れの検出

プリンタがフィラメントを使い切ると、モデルの半途で印刷が停止してしまいます。フィラメントセンサーは、フィラメントの残量を監視し、フィラメントが切れる直前にプリンタを停止してフィラメントの交換を促します。

フィラメントの絡まりや詰まりの検出

フィラメントが絡まったり、ノズル内で詰まったりすると、プリンタが正常に動作しなくなります。

フィラメントセンサーは、フィラメントの供給状態を監視し、異常が検出されると3Dプリンターを停止して問題を解決する機会を与えます。

印刷の品質向上

フィラメントセンサーは、フィラメントの供給状態をリアルタイムで監視するため、フィラメントの欠落や異常な供給を早期に検出できます。

これにより、印刷中に問題が発生した場合に素早く対処でき、印刷の品質を向上させることができます。

フィラメントセンサーは、3Dプリンターの信頼性と効率を向上させる重要な機能です。

特に長時間の印刷作業や大量生産においては、フィラメントの供給状態を正確に監視することが不可欠です。

売れ筋の人気3Dプリンタのランキングから選ぶ

通販大手のアマゾン(Amazon)は、配送も早く、取り揃えも豊富なので、オススメのサイトです。

価格もリアル店舗よりも安い場合が多いので、お財布にも優しいです。

最新のAmazonの3Dプリンタ本体の売れ筋ランキングを確認して、納得のいく3Dプリンタ選びをしてみて下さい!

楽天市場で探すのもオススメです。

ANYCUBIC Kobra Neo

オートキャリブレーション搭載のため、楽なのが特長の3Dプリンターです。PEIばね鋼磁気プラットフォームを搭載しており耐久性があります。印刷可能な最大寸法は、5号サッカーボールと同じ大きさです。

Creality Ender 3 V2 Neo

Creality 3D
¥21,165 (2024/02/19 23:44時点 | Amazon調べ)

一般的な5号サッカーボールと同じ大きさのサイズまで印刷可能な3Dプリンターです。自動ベッドレベリングや金属の押出機を搭載しています。

造形物が剥がしやすい印刷プラットフォーム採用で印刷後の剥がし作業もはかどります。電源再開印刷が可能なため、不意な停電時でも安心です。

スポンサーリンク

Anycubic Kobra Goレビューまとめ

Anycubic Kobra Goは、高性能な3Dプリンターであり、初心者からプロまで様々なユーザーに向けて設計されています。

自動レベリング機能や高速印刷、バネ鋼製プラットフォームなどの特長を持っており、モデルを急速に冷却するためには冷却ファンと送風ファンシステムも装備されています。

加えて、操作用LCDコントロールノブのデザインも改善され、ユーザー体験をよりアップグレードしています。

そして、日本語のサポートに対応しているため、お客様は何かあったときでも安心して使えます。

全体的に、Anycubic Kobra Goは、優れた性能と高い使いやすさを持っているため、プリンターを購入しようと考えている方にとって最適な選択肢の1つです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
3Dプリンター家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました