PR

AnkerMake M5レビュー

3Dプリンター
スポンサーリンク

AnkerMake M5は、最新の3Dプリンティング技術を駆使した優れた性能を誇る3Dプリンターです。

高速プリントや簡単な操作性、AIカメラ搭載など、多くの特長を備えており、幅広いユーザーにおすすめです。

この記事では、AnkerMake M5の魅力と機能について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

AnkerMake M5レビュー

項目 仕様
AIカメラ
オートレベリング 対応 / 49 (7 x 7) ポイント
サイズ 約50.2 x 43.8 x 47cm (フィラメントホルダーを除く)
スライサー対応ファイル形式 STL / OBJ
タッチスクリーン 4.3インチ
データ転送方法 Wi-Fi / USB Type-Cメモリ
パッケージ内容 本体、ネジ、電源コード、フィラメント150g、工具、クイックスタートガイド、安全マニュアル、12ヶ月保証、カスタマーサポート
ヒートベッドの素材 PEI ソフトマグネットシート (スチール製)
プリントサイズ 235 x 235 x 250mm³
プリント加速度 2500 mm/s²
プリント精度 ±0.1mm
プリント速度 50 – 250mm/s
プリント方式 FDM (Fused Deposition Modeling「熱溶解積層法」)
ポジショニング精度 XY=12.5um, Z=2um
最大ノズル温度 260℃
最大ヒートベッド温度 100℃
重さ 約12.6kg
製品型番 V81115C1 (ブラック)
対応スライスソフト AnkerMake Slicer
対応ノズル径 0.2mm / 0.4mm / 0.6mm / 0.8mm
対応素材 1.75mm PLA、TPU、ABS、PETG
電源 AC 100-120V / 350W

今回は、米国のクラウドファンディングKickstarterで話題となっている3Dプリンターについてご紹介します。

AnkerMake Slicerは、その性能と機能の優れたプリンターとして、史上最高額の支援を達成しました。

AnkerMake M5は、プリント精度が高く、0.1mm単位で造形できるのが特長です。正確性が必要な造形をしたい方にオススメの3Dプリンターです。

短いプリント時間が魅力

AnkerMake M5の最も注目すべき特徴は、プリント時間の短縮です。

一般的な3Dプリンターよりも5倍の速さでプリントが可能であり、200 x 200 x 200mm³サイズの作品を、250mm/sのプリント速度でプリントした場合、約75%の時間短縮が実現されます。

これにより、待ち時間のストレスを軽減し、より迅速なプリント体験が可能です。

AIカメラを搭載

AnkerMake Slicerは、AIカメラを搭載しており、スマートなモニタリングが可能です。

1080pの高精細カメラでリアルタイムに作業を確認できるだけでなく、タイムラプス動画の作成も簡単に行えます。

さらに、AnkerMake Slicerソフトウェアでスライス処理したファイルに限り、AI検知機能を利用することができます。

内蔵のAIカメラはプリントエラーを自動的に検知し、通知してくれます。

タッチパネル搭載で作業がはかどる

初心者の方にもおすすめのAnkerMake Slicerは、簡単な操作性が特徴です。

さまざまな機器に接続可能で、直感的なタッチパネル操作により簡単に操作できます。

AnkerMake Slicerの優れた機能は、プリント体験をよりスマートにするために設計されています。

また、高度なレベリング技術により、垂直マッピングを行い、精度の高いプリントを実現しています。

さらに、AnkerMake Slicerはさまざまな機器から操作が可能です。

遠隔モニタリングや操作もサポートしており、アプリやソフトウェアを使用して手軽に制御することができます。

AnkerMake Slicerには、便利な機能がたくさん搭載されています。

プリント再開機能搭載

プリントの再開やLEDインジケーターライトによる状況確認など、使い勝手の良さが追求されているのも特長です。

印刷できるサイズ

AnkerMake M5は、大型モデルのプリントにも対応しており、最大235 x 235 x 250mmのプリント物を高速かつ効率的に製作することができます。

一般的な5号サッカーボールは直径22cmですので、三辺で言うと220×220×220mmです。一般的な5号サッカーボールよりも広いということが分かります。

バンダイのガンダムのプラモデルで言うと、1/100スケールは高さ約180mmですので、1/100スケールのものは作れそうです。

2重冷却システムを採用

AnkerMake Slicerは、2重冷却システムを採用しており、従来の3Dプリンターよりも約1.3倍の風量を発生させることができます。

これにより、糸引きを最小限に抑え、クリーンな仕上がりを実現します。

PEI製のヒートベッド搭載

AnkerMake M5は、柔軟な素材のプリントにも対応するために、しなやかなヒートベッドが採用されています。

PEI製のヒートベッドは傷つきにくく、プリント物を簡単に剥がすことができます。

AnkerMake Slicerは、先進のアルミニウム合金構造のZ軸設計とウルトラダイレクトエクストルーダーを搭載しています。

これにより、高速かつ安定したプリントが可能となります。

組み立てが楽

AnkerMake M5は、お手元に届いてからわずか15〜20分で組み立てることができるのが魅力です。

初めての方でも手軽に始めることができます。

パワフルなプロセッサーを搭載

AnkerMake Slicerは、パワフルなプロセッサーを搭載しています。

XBurst® CPUとMarlin CPUの組み合わせにより、よりスマートで効率的な3Dプリントを実現しています。

スポンサーリンク

AnkerMake M5レビューまとめ

AnkerMake M5は、高速プリントや簡単な操作性、AIカメラ搭載などの特長を持つ優れた3Dプリンターです。

クラウドファンディングで話題となり、史上最高額の支援を達成しました。

プリント時間を約75%短縮し、初心者にもおすすめの使いやすさが特徴です。

さらに、内蔵のAIカメラでスマートなモニタリングが可能であり、精緻なプリント技術や遠隔モニタリング機能も充実しています。

AnkerMake M5は、3Dプリントの世界に革新をもたらす優れた製品です。

AnkerMake Slicerは、その高速性と使いやすさにより、初心者から上級者まで幅広いユーザーにおすすめの3Dプリンターです。

ぜひ、クラウドファンディングで話題となったAnkerMake Slicerの魅力を体験してみてください。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
3Dプリンター家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました