Anker Soundcore Life NCレビュー

おすすめ ワイヤレスイヤホン家電
スポンサーリンク

今回は、Anker Soundcore Life NCレビュー、についてです。

関連記事:おすすめのワイヤレスイヤホン8選

スポンサーリンク

Anker Soundcore Life NCレビュー

Anker Soundcore Life NCをレビューします。

カラー

Soundcore Life NCのカラーは、ブラックの1種類がラインナップされています。

重さ

Soundcore Life NCの本体重量は、約60.5gです。

Bluetooth5.0対応

Bluetoothのバージョンは4.1以上のものを選ぶのがオススメです。

電波干渉を抑える機能がBluetooth4.1から追加されており、それによって通信品質が向上したためです。Soundcore Life NCは、Bluetooth 5.0に対応しています。

防水規格:IPX5対応

Soundcore Life NCは、防水規格IPX5に対応しています。IPX5は噴流に対して保護できます。上位のIPX7は、水に浸しても影響がないように保護するものであるため、水が浸かるシーンでの使用は注意が必要ですが、日常生活での一般的な使い方であれば問題ないでしょう。

対応コーデック

Soundcore Life NCのコーデックは、AAC、SBC、aptXの3種類に対応しています。高音質低遅延のaptXに対応しているのはメリットです。

ドライバーは12mmのものを搭載しています。ドライバーサイズはAnker Soundcoreシリーズの中でも大きな部類です。

例えば、Soundcore Liberty 2 Proのドライバーサイズは11mmですが、それよりも大きいです。

アクティブノイズキャンセリング機能搭載

通学や通勤時の電車内や、飛行機内での騒音が気になる場合は、アクティブノイズキャンセリング機能を使用することで、周囲の音を遮断して聴いている音楽に集中できます。

周囲音取り込み機能

Soundcore Life NCには、安全のために周囲音を取り込むことができる機能も付いています。イヤホンを取り外すことなく、周囲の音を取り込んだり、遮断したりと切り替え可能です。安全に使用できるのが特徴的です。

ハイレゾ対応

Soundcore Life NCは、ハイレゾに対応しており、高度に調整された、豊かで臨場感のあるサウンドを楽しめます。

周波数帯域ヘルツ
Bluetooth接続時20Hz~20KHz
AUX-Micro USBオーディオケーブル接続時20Hz~40KHz

ハイレゾの定義は色々ありますが、日本オーディオ協会による定義だと、「スピーカー・ヘッドホン・イヤホンの各種高域再生性能 – 40kHz以上」となっています。

つまり、Bluetooth接続時はハイレゾではない点は注意が必要です。

AUX-Micro USBオーディオケーブル(3.5mm)が付属しているので、それを使う事で有線となります。

Soundcoreアプリに対応

Soundcore Life NCは、Soundcoreアプリに対応しています。

Soundcoreアプリ上で、2つの機器を同時ペアリングが可能です(2つのBluetooth機器への同時接続)。なお、音楽の再生は、1つの接続機器からのみ可能となっています。

アプリ上ではボタン機能のカスタマイズ、イコライザーの調整が可能です。

使いやすさ

Soundcore Life NCはマグネット式となっており、右と左を引っ付けることができます。使用後はくっつけておくことで、コードの絡まりや落下などを防止できます。

クリアな音声通話

Soundcore Life NCには、ノイズリダクション機能を持つ4つのマイクが搭載されています。

外部の音を排除し、クリアで高音質な通話が可能です。

長時間再生

Soundcore Life NCは、標準モード使用時では最大15時間、ノイズキャンセリングモード使用時の再生可能時間は約10時間となっています。

充電時間は約2時間となっています。充電端子には、Micro USBを使用します。

付属品

Soundcore Life NCには、イヤーウイング(XS)、イヤーチップ4種類 (XS、S、M、L)、トラベルケース、AUX-Micro USBオーディオケーブル(3.5mm)、最大24ヶ月保証、取扱説明書、カスタマーサポートが付属します。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました