【アクションカメラ】AKASO Brave 7 LEレビュー

スポンサーリンク

今回は、【アクションカメラ】AKASO Brave 7 LEレビュー、についてです。

AKASO Brave 7 LEは、GoProやDJIカメラに代わる低価格の最新4Kアクションカムです。

スポンサーリンク

AKASOはどこの国のメーカー?

AKASOは、最高のGoPro代替製品を作り続けている中国の会社です。これらは、GoProの中核機能のいくつかをコピーしていますが、はるかに手頃な価格です。しかし、AKASOは、非常に手頃な価格で一貫した品質を提供し、他社を凌駕し始めています。しかし、AKASOは手頃な価格で安定した品質を提供することで、他の追随を許さない存在になりつつあります。そして、彼らは明らかに製品とユーザーの使用方法について真剣に考えています。

AKASO Brave 7 LEレビュー

• BORN ALL-WEATHER ACTION CAMERA – Brave 7 LEアクションカメラは、耐候性があり、すべてのロックを解除するために明確である。

• 便利なデュアルディスプレイ – 革新的なデュアルカラースクリーンデザインにより、フレーミングとモニタリングを変更することができます

AKASO Brave 7 LEは、GoPro HERO8 Blackが現在のフラッグシップモデルだった頃に発売され、当時は現在のGoProのどれよりもDJI Osmo Actionに近い部分が多かったと思います。

形状は、HERO8 BlackよりもOsmo Actionに似ています。前面のカラー液晶画面は、Osmo Actionには搭載されていますが、HERO8には搭載されていません。

また、レンズポートもGoProが採用している四角いポートではなく、DJIと同じ丸いポートが採用されています。その後、GoProは、HERO9 BlackとHERO10 Blackをリリースしましたが、いずれも前面ライブビュースクリーンを維持しています。 LEとは、この場合、ローンチエディションのことです。

AKASO Brave 7 LE のデザイン&ビルド

AKASO Brave 7 LEは、全体的にアクションカメラらしいフォルムとサイズ感になっています。小型でコンパクト、ノブやボタンもほとんどありません。 ただ、GoProやDJIのカメラと比較するのは当然ですから、設計や造りの違いで大きな部分を指摘するのは当然です。特に、アクションカメラにとって基本的なものですね。

バッテリーとバッテリーとSDカードの収納部は、カメラの底面にあります。カードの収納部は、カメラの底面にあります。カメラ本体には、レンズの真下、オフセンターに標準的な三脚座カメラ本体には、レンズの真下、オフセンターに標準的な三脚座のソケットがあります。このソケットを使えば、ハウジングなしのソケットがあります。このソケットを使えば、ハウジングなしでカメラを設置することも可能です。でカメラを設置することも可能です。

AKASO Brave 7 LEの防水性能

AKASO Brave 7 LEは防水ですが、それは付属の防水ハウジングで使用する場合のみです。

なので、HERO4シリーズあたりの古いGoProをご存知の方なら、この点ではそれらと同じです。ちなみに、HERO5 Black(厳密にはSession)からは、GoProはカメラ本体そのものに防水ハウジングを内蔵しているので、追加のハウジングは必要ありません。

Braveの場合、防水性を確保するためにハウジングを使用する必要があります。ブレイブの防水性能は、水深40m(131フィート)相当と、一般的なスキューバダイビングよりもはるかに深い水深に対応するものです。また、ハウジングのバックドアからカメラのタッチスクリーンを使用することはできません。画面は見えますが、タッチに反応しません。

AKASO Brave 7 LE 防水ハウジングの中

それは、いろいろな意味で、よりシンプルで安価な設計の選択です。カメラ本体を確実に防水することは難しく、開発コストもかかります。しかし、その一方で、ハウジングがカメラを守ってくれるというメリットもあります。万が一、本体をぶつけてしまっても、まずハウジングが壊れるので、カメラ本体を買い換えるよりもはるかに簡単で、安価に交換することができます。また、防水シールが完全に閉まっているという安心感もあります。ハウジングの防水シールは大きなものが1つですが、他の方式では、カメラの各ドアが完全に閉まっていることを確認しないと、水漏れを防ぐことができません。

防水ハウジングの上部。黒い大きな部分はバックドアをロック防水ハウジングの上部。黒い大きな部分はバックドアをロックするクリップです。ボタンは機械的なバネで、下にあるカメラのするクリップです。ボタンは機械的なバネで、下にあるカメラのボタンにアクセスできるようになっています。

ボタンにアクセスできるようになっています。

カメラをすっぽりと包み込む、透明なプラスチック製のハウジングです。バックドアは、カメラ上部の大きなスイングロックで固定されます。バックスクリーンはそのまま見ることができ、バネ式の機械的なボタンエクステンションでカメラのボタンを操作することができます。フレーム底部には3本爪のアタッチメントが内蔵されています。 マウントマウント AKASOは、車輪の再発明を試みるのではなく、GoProの3本爪のアタッチメントポイントにこだわることを決定しました。これにより、よりシンプルになりましたが、それ以上に重要なのは、このカメラをGoProマウントアクセサリで使用できるようになったことです。これは、ユーザーにとって非常に有益な決定です。

バッテリー&チャージバッテリー&チャージ

AKASO Brave 7 LEは、定格容量1350mAhの小型リチウムイオンバッテリーを使用しています。バッテリーを充電する方法は2つあります。マイクロUSBまたはミニUSBケーブル(カメラには両方のポートがあります)でカメラを電源に接続するか、付属の外部USB充電クレードルを使用して、カメラ内のバッテリーで充電することができます。 バッテリー収納部、その横にはバッテリー収納部、その横にはSDカードがぴったりと収まっカードがぴったりと収まっています。

ほとんどのアクションカメラと同様に、バッテリーの寿命はあまりよくありません。

あなたが幸運なら多分1時間強のビデオ撮影。使用する撮影モードや手ブレ補正などの機能、さらには外気温(リチウム電池は極寒や極暑の環境ではうまく機能しません)など、さまざまな要因によって、正確な持続時間は変わってきます。

USBデュアルチャージャーと予備バッテリーです。デュアルチャージャーと予備バッテリーです。 しかし、嬉しいことに、予備のバッテリー(つまり、合計2本のバッテリーが同梱されています)とUSBデュアルチャージングクレードルが付属しています。

AKASO Brave 7 LE AKASO Brave 7 LE オンカメラコントロール

カメラには3つのボタンがあります。側面には、電源ボタンがあります。カメラの電源が入っているときは、このボタンでwifi接続を有効にします(普通に押すとwifiがオンになり、押し続けると電源がオフになります)。

カメラの片側には、電源カメラの片側には、電源/Wifiボタンがあります。カメラの上部には2つのボタンがあります。丸い方がシャッターボタンです。写真モードでは写真を撮ります。

ビデオモードでは、録画のスタート/ストップボタンになります。

カメラ上部にカメラ上部に2つのボタンがあります。つのボタンがあります。Mボタンはクイック切ボタンはクイック切り替えメニューで、長押しすると前面スクリーンが切り替わりり替えメニューで、長押しすると前面スクリーンが切り替わります。丸印のボタンはシャッターボタンです。

丸印のボタンはシャッターボタンです。 Mのボタンも1台2役。普通に1回押すと、ショートカットメニューに素早くアクセスでき、撮影モードを素早く変更することができます。Mボタンを長押しすると、フロントスクリーンに表示が切り替わります。

AKASO Brave 7 LEAKASO Brave 7 LEのフロント画面

フロント画面 GoProは多くのモデルで小さなフロントスクリーンを搭載していましたが、HERO9 Blackまでは録画モードや残り撮影枚数などのステータスを表示するための白黒画面のみでした。

DJI Osmo Actionは、このアクションカムの中で初めて、ライブビューを備えたフルカラーのフロントスクリーンを搭載した製品です。今回、HERO9 Blackにも追加されました。

フロントスクリーンは、主に自撮りやVlog撮影の際に、カメラを自分に向け、フレーム内に何が写っているかを確認するのに便利です。ライブビュー/プレビュー画面であり、基本的な情報アイコンが表示されていますが、タッチスクリーンではないので、これでメニューシステムを操作することはできません。

また、前面の画面は正方形で、プレビューはフレーム全体に表示されます。つまり、通常の長方形のビデオや写真の側面は見ることができず、アスペクト比が異なるため、フレーム内にあるものを完全にプレビューできるわけではありません。 フロントスクリーンを有効にするには、カメラ上部のMボタンを長押しします。 タッチスクリーンタッチスクリーン バックスクリーンは明るく、クリアです。

そして、最新世代のスマートフォンのような鮮明さや明るさではありませんが、他のいくつかのカメラがまだ持っているひどい画面に比べれば、かなり良いものだと思います。

背面もタッチパネルになっており、モード切替や設定メニューの操作に利用できます。メニューシステムもシンプルで直感的に操作でき、頭を悩ませるようなクセがあまりないのが印象的です。 バックスクリーンを使用する際、便利なショートカットがいくつか用意されています。通常の撮影モードでは、画面下部から上にスワイプすると設定画面が表示され、撮影モードの設定変更に素早くアクセスできます。

画面の左右どちらかからスワイプすると、すぐにもう一方の撮影モードに切り替わります。つまり、写真モードなら、背面画面をスワイプすれば、動画モードに切り替わります。 画面の中央をタップすると、画面の端に表示される情報量が切り替わります。他の邪魔なものを排除したクリーンな画像が必要な場合は、これを切り替えてください。

ワットプルーフハウジングのバックドアは透明なので、背面スワットプルーフハウジングのバックドアは透明なので、背面スクリーンは見えますが、タッチ操作は効きません。クリーンは見えますが、タッチ操作は効きません。 リモコンリモコン カメラには簡易リモコンが付属しています。

腕時計型のリモコンで、ボタンは2つ。ひとつは動画撮影のスタートとストップ。もうひとつは静止画のシャッターボタンです。このリモコンで設定やメディアを見ることはできません。そして、それは防水です(しかし、水中では無線LANが動作しないという制限のため、水中では動作しません)。

リモコンのことです。モバイルアプリもあります。AKASOからいくつか出ていますが、その中でお薦めなのはAKASO GO(Android / iOS)です。 アプリとカメラの接続はとても簡単です。携帯電話とカメラを直接Wifi接続することで、すべて完了します。電話とカメラの両方の画面に表示されるプロンプトは、あなたが何をする必要があるかを教えてくれるのに役立ちます。私が覚えなければならなかった最大のことは、接続したいたびにカメラのWifiをオンにすることでした。おそらくバッテリー節約のためだと思いますが、接続を終了するとWifiは無効になります。そのため、次に接続したいときは、カメラ側面のボタンを押して、再びwifiを有効にしなければなりません。

このアプリはサービス精神旺盛ですが、洗練さに欠けます。撮影や設定変更といった基本的な操作は問題なく、Brave 7 LEとの接続も安定しています。

しかし、このアプリは洗練さに欠けており、英語ではあまり意味のない迷子文字のヒントやポップアップがあります。microSDカードのフォーマットは、SDカードが検出されないと警告が出るため、アプリでは行えませんでしたが、カメラの画面でフォーマットした場合は正常に動作しました。また、一部の設定はアプリからではできないようです(カメラのフィードバック音をオフにするなど)。

また、原因究明はしていませんが、AKASO GOアプリを起動すると、携帯電話が異常に熱くなるようです。 アプリによる写真や動画の閲覧、ダウンロードは正常に動作し、期待通りでした。 全体的に、このアプリは私に合っていて、問題ないです。しかし、改善や改良の余地がたくさんあります。

AKASO Brave 7 LEで動画を撮影する アクションカメラの多くは、静止画やタイムラプスを撮影することができますが、本当に重要な機能はビデオです。 Brave 7 LEは、動画をH.264 AVCエンコーダーでエンコードしています。ファイルの拡張子はMOVで保存されます。 解像度解像度//フレームレートフレームレート//ビットレートの組合ビットレートの組合せ Brave 7 LEで利用可能な解像度/フレームレートの組み合わせです。 使用可能な解像度は以下の通りです。

240 / 120 / 60 4K30は、毎秒30フレームのフレームレートで、最高の解像度(最大の画像領域)を提供します。720p240は、解像度と画像サイズが大幅に低下しますが(それでもYouTubeやFacebookなどのほとんどの動画共有サイトでは「HD」と認定されるほどのサイズです)、240fpsという非常に高いフレームレートで、スローモーション映像の撮影に最適な映像になります。 どれを使うのがベストなのか、「正解」はないのです。デフォルト設定の4K30から始めるのがよいでしょう。

アクションを撮影するのであれば、60fpsのモードがより「リアル」な映像になります。オンラインやソーシャルメディアを通じての動画共有がメインであれば、おそらくほとんどの視聴者は1080か720で見ることになるでしょう。

動画の最大ビットレートは60Mb/s程度で、比較的低めです(実際の撮影では、50Mb/sに近いものがほとんどです)。ビットレートとは、画像を表現するために使われるデータ量のことです。別の言い方をすれば、ビットレートが低いほど圧縮率が高く、低いほど圧縮率が低いということになります。 ビットレートが高いほど、高画質になる可能性があります。60Mb/sは悪くはありませんが、最新のGoProやDJIアクションカムの最高速度が100Mb/s程度であることと比較すると、低い方です(一部のハイエンドカメラはもっと高く、最高で400Mbps以上です)。

最大ビットレートが使用されるのは一部のビデオモードのみで、ほとんどのビデオモードではそれより大幅に低いものが使用されます。 ビデオスタビライゼーションビデオスタビライゼーション BRAVE 7 LEは、カメラ内動画手ぶれ補正機能を搭載しています(手ぶれ補正というと、静止画のためにあるようですが、この場合は

動画像のことを指します)。これは、撮影時に手ぶれを補正し、その結果をより滑らかな動画としてメモリーカードに保存するソフトウェア的なアプローチです。

特にGoPro、そしてDJIは(今のところ)やや劣るものの、独自のアルゴリズムに多大な力を注いでいる分野です。アクションカメラは、当然ながら動きの多い場面で使われることが多い。しかし、カクカクとした手ぶれ映像は、映像の見栄えを悪くしてしまうものです。

高価なジンバルを使ったり、ポストプロダクションで手間をかけたりすることなく、映像を滑らかにすることができるのは、最新のカメラの大きなセールスポイントです。 それに比べ、AKASOのビデオスタビライゼーションは、かなり初歩的なものです。しかし、外部ジンバルを使用した方がよりスムーズな結果が得られます。 手ブレ補正はオンかオフのどちらかで、派手なモードはありません。 なお、1080p120、720p240、720p120のハイフレームレートモードでは、動画手ブレ補正は利用できない。

AKASO Brave 7 LEで写真を撮影する 解像度です。Brave 7 LEは、2000万画素のセンサーを搭載し、幅5120ピクセル×高さ3840ピクセルの画像を生成します。

メモリーカードに保存する画像のサイズは、20、16、14、10、8、5、200万画素から選択できます。一般的には、20メガピクセル(デフォルト)で撮影し、後でサイズを小さくする方がよいでしょう。

小さい解像度で撮影する唯一の理由は、メモリーカードの容量を節約するためですが、最近では128GBや256GBのmicroSDカードが簡単に入手でき、価格も非常に安いので、そのような問題ははるかに少なくなっています。

画像ファイル形式

Brave 7 LEはJPG画像で撮影し、RAW画像は選択できません。このカメラを使用する多くのユーザーにとっては、JPGが理想的です。 画質設定。解像度(最大20MP)の選択に加えて、画質も選択することができます。選択肢は「高」「中」「低」です。これらは、適用されるJPG圧縮の量を参照しています。高画質では圧縮率が最も低いため、最高の画質が得られ、低画質ではより積極的な圧縮が適用されます。ほとんどの場合、高画質で撮影し、必要であれば後でサイズを小さくするのがベストです。メモリーカードの容量を節約するためという理由もありますが、最近ではあまり気にする必要はないでしょう。 ISOのことです。ISOとは、センサーが光に対してどの程度敏感であるかを意味します。

ISOの数値が低いということは、あまり感度が良くないということで、明るい照明条件には最適です。ISOが高いということは、センサーがより敏感であることを意味し、低照度条件には最適です。トレードオフは、ISOが高いほど画質に影響を与えるということです。

ISOが高ければ高いほど、画像ノイズが多くなります。そのため、一般的にISOはできるだけ低くしておきたいものです。 カメラが自動露出計算の一部として調整する「自動ISO」に加えて、手動でISOを設定することができます。設定できる項目は次のとおりです。

100、200、400、800、1600、3200から選択できます。

ほとんどの場合、初期設定の「自動」のままにしておくとよいでしょう。

露出補正

カメラの自動露出アルゴリズムは、撮影するシーンに適した露出を得ようとしますが、常に正しく得られるわけではありません。

明るい部分や暗い部分(高コントラスト)により誤差が生じたり、狙ったイメージと異なる場合があります。 カメラの自動露出をオーバーライドしたい場合、手軽で便利なのが「露出補正」です。これは、自動露出に対して相対的に露出をアンダーまたはオーバーにするものです(絶対的なものであるマニュアル設定を使用するのとは異なります)。

ブレイブ7 LEは、1ストップ単位で両方向に2ストップが可能です。 測光のこと。自動露出計算に使用されるシーンの領域を指します。デフォルトはマルチモード(モバイルアプリでは「平均」と呼ばれる)で、フレーム全体の複数の異なる領域を使用して平均化します。多くの場面でうまく機能しますが、すべてのシーンでうまく機能するわけではありません。

例えば、スキー場の雪を背景にした明るいシーンの中で、人物の顔など、より重要な部分のみを露出したい場合があります。そのような場合は、「中心」オプションを使って、計算に使用する領域を絞り込むことができます。

バーストモード

バーストモードは、高速で連続撮影するモードです。瞬時に最適な一枚を選ぶことができるので、素早いアクションに最適です。私がアクションカムで写真を撮るときによく使うモードです。 ブレイブ7 LEは、秒間3発、7発、15発、30発のオプションがあります。

長時間露光長時間露光 また、その逆で、ゆっくりと長時間露光するモードもあります。速いアクションを逃さないためには、ほんの一瞬だけシャッターを切ればいい。しかし、そのためには十分な光量が必要です。 長時間露光モードは、光量が少ない状況に適しています。シャッターを長く開けておくことで、より多くの光をレンズを通してセンサーに当てることができます。

しかし、被写体が動いたり、カメラが揺れたりすると、ブレてしまうという欠点があります。 しかし、カメラを三脚などに固定して静止させることができれば、長時間露光モードを使って、素晴らしい効果を得ることができます。星の軌跡、滑らかな滝、観光名所の人だかりなど。 Brave 7 LEは、絞り(レンズの開口部の大きさ)をコントロールできないこともあり、他の従来のカメラのようなフルレンジのパワーが得られるわけではありません。1でも、面白い効果を出したり、光量の少ない場所での撮影に使ったりすることはできます。

利用可能な長時間露光の増分は、次のとおりです。

1秒、2秒、5秒、8秒、30秒、60秒。

AKASO Brave 7 LEを使ったタイムラプス撮影の様子

最近の多くのカメラと同様に、Brave 7はタイムラプス映像を記録するために2つのオプションを備えています。 ひとつは、一連の静止画を撮影して保存する従来の方法です。そして、その一連の画像をパソコンにダウンロードし、パソコン上のソフトウェアを使って編集します。より面倒で時間のかかる方法ですが、画質や設定をより自由にコントロールすることができます。 もうひとつはビデオタイムラプスモードで、最終的な映像はカメラ本体で編集されます。そのため、より便利なのですが、カメラで使用されている自動設定に縛られることになります。

インターバル設定。1、3、5、10、30、60秒。

デュレーションの設定。便利な機能として、キャプチャーの継続時間をプリセットすることができます(注:これはキャプチャーの継続時間を意味し、結果のビデオの継続時間ではありません)。

オプションは5分、10分、15分、20分、30分、60分です。

また、無制限のオプションもあります。つまり、手動で停止するか、バッテリーがなくなるか、メモリーカードが一杯になると停止します。 初期設定は3秒間隔、継続時間は無制限です。つまり、あなたが止めるか、電池が切れるか、メモリーカードが一杯になるまで、3秒ごとにフレームを取り込みます。

その他の機能

ループ録画

ループ録画。連続録画モードです。違いは、通常の連続録画モードです。違いは、通常の録画では、メモリーカードが一杯になると録画が停録画では、メモリーカードが一杯になると録画が停止します。ループ録画では、そのまま続けて古いデ止します。

ループ録画では、そのまま続けて古いデータも上書きしていきます。ただし、古いデータをータも上書きしていきます。ただし、古いデータを一度に失わないように、書き戻すスニペットの単位一度に失わないように、書き戻すスニペットの単位を設定します(例:を設定します(例:1分など)。

ファストモーションビデオ

ファストモーションビデオです。動画を高速化した動画を高速化したものです。デフォルトは倍速(つまりものです。デフォルトは倍速(つまり2倍速)で倍速)です。す。4倍速、倍速、6倍速、倍速、10倍速、倍速、15倍速に設定するこ倍速に設定することも可能です。とも可能です。

セルフタイマーセルフタイマー

セルフタイマーは、かなり基本的なセルフタイマーは、かなり基本的な機能のように聞こえますが、少なくとも半世紀前か機能のように聞こえますが、少なくとも半世紀前から機械的またはら機械的または電子的な形でカメラに搭載されてい電子的な形でカメラに搭載されているものです。るものです。(しかし、驚くべきことに、それはしかし、驚くべきことに、それは1つつが含まれている最も最近のが含まれている最も最近のGoProのみであったのみであった)。

例えば例えばInstagramややTikTok用に自撮りするときに特用に自撮りするときに特に便利です。に便利です。

Brave 7 LEに搭載されたセルフタイマに搭載されたセルフタイマーは、ーは、3秒、5秒、10秒、30秒、60秒の遅延を設秒の遅延を設定することができます。

ダイビングモード

これは、スキューバダイビングこれは、スキューバダイビングや、シュノーケリングのためのものです。水中に潜や、シュノーケリングのためのものです。

水中に潜ると、赤やオレンジの波長はあまり深くまで入りまると、赤やオレンジの波長はあまり深くまで入りません。そのため、水中で撮影された写真や動画は、青っぽく青っぽく写ることが多いのです。ダイビングモード写ることが多いのです。ダイビングモードは、赤とオレンジを強くすることで、それを補うこは、赤とオレンジを強くすることで、それを補うことができます。

水によって色が異なるため、どのような状況にも対応できるフィルターがあるわけではありません。

Brave 7 LEに搭載されているソフトウに搭載されているソフトウェアフィルターは、水深エアフィルターは、水深10~~80フィートのトロピフィートのトロピカルウォーターとブルーウォーターに最適化されてカルウォーターとブルーウォーターに最適化されています。

ドライビングモード

ドライビングモード。これはアクションカムとしてこれはアクションカムとしては珍しい機能ですが、ある意味理にかなっていまは珍しい機能ですが、ある意味理にかなっています。このモードでは、車のシガーライターの外部電源にカメラを接続すると、車を発進させると自動的自動的にカメラが回転し、車を止めると電源が切れます。

これは、カメラをダッシュカムとして使用する場合これは、カメラをダッシュカムとして使用する場合に便利です(ループ録画モードとの組み合わせで最に便利です(ループ録画モードとの組み合わせで最も理にかなっています)。

AKASO Brave 7 LEの付属品

• AKASO Brave 7 LE

• 防水ハウジング防水ハウジング

• バッテリー(モデルバッテリー(モデルPG 1350))×2個。予備を持個。予備を持ち、ち、USBクレードルのチャージャーを使って撮影中クレードルのチャージャーを使って撮影中に充電することができます。に充電することができます。

• デュアルバッテリーデュアルバッテリーUSBチャージャークレードルチャージャークレードル

• micro-USBケーブルケーブル

• リモコン。腕時計型のリモコンで、動画撮影のスタリモコン。腕時計型のリモコンで、動画撮影のスタートート/ストップと写真撮影のシャッターボタンのストップと写真撮影のシャッターボタンの2つつのボタンがある非常にシンプルなものです。画面はなく、設定もできません。

• テザーとして使用できる超軽量ケーブルタイ×4本本

• ライトワイヤーテザー

• 粘着パッド2枚

• 2 x ヘルメットマウント

• クリップマウントと三脚アダプターを複数用意

• 静電気防止クロス

メモリーカードメモリーカード メモリーカードは標準では付属していません。メモリーカードがないと撮影ができませんので、別途お求めください。 Brave 7 LEは、microSDカードを使用します。microSDHCやmicroSDXCのカードも使用できます。2また、UHS-IIのカードも使用できますが、UHS-Iのインターフェースを採用しているため、余分なメリットはありません。小容量のカードも大容量のカードも使えますが、このカメラで最も理にかなっているのは、64GB、128GB、256GBのサイズでしょう。

AKASO Brave 7 LE SDカードのおすすめを紹介します。

• サンディスクサンディスク エクストリームエクストリームV30

• サムスンサムスンEVOセレクトセレクトV30

• レキサーレキサー1066シルバーシルバーV30 サンディスクサンディスク エクストリームエクストリームmicroSDカードカード

• 最大最大160MB/sの読み込み速度で、高解像度画像やの読み込み速度で、高解像度画像や4K UHDビデオの転送時間を短縮ビデオの転送時間を短縮

• 高速撮影には最大高速撮影には最大90MB/sの書き込み速度が必要です。Samsung EVO Select microSDカードカード

• 必要なスペースはすべて確保。携帯電話に大量のメディアを保存したり、ゲームをロ必要なスペースはすべて確保。携帯電話に大量のメディアを保存したり、ゲームをロードしたり、より多くのアプリケーションをダウンロードすることができます。ードしたり、より多くのアプリケーションをダウンロードすることができます。

• FAST AND SMOOTH: U3、クラス、クラス10規格の転送速度は最大規格の転送速度は最大130MB/s、UHS-I…の超の超高速転送を実現。高速転送を実現。

Lexar 1066x シルバーシルバーmicroSDカードカード

• アクションカメラ、ドローン、またはアクションカメラ、ドローン、またはAndroidスマートフォンのためのプロフェッシスマートフォンのためのプロフェッショナルレベルの性能ョナルレベルの性能

• UHS-I技術を活用し、最大技術を活用し、最大160MB/s((1066倍)の読み取り速度を実現。倍)の読み取り速度を実現。 マニュアル AKASO Brave 7 LE の取扱説明書はこちら[PDF]からご覧いただけます。 EK7000 vs. EK7000 Pro vs. Brave 7 LE AKASOは、直感的なモデル名の付け方をしない。

これまでアクションカメラで一番人気だったのは「EK7000」というモデルでした。

簡単に説明すると、Brave 7 LEはAKASOのカメラの中で最新かつ最高のカメラです。EK7000シリーズのカメラは、より古く、よりシンプルで、また大幅に安くなっています。

AKASO Brave 7 LE vs GoPro / DJIAKASO Brave 7 LE vs GoPro / DJI 最新のGoProやDJIのアクションカメラではなく、AKASO Brave 7を選択する理由は、価格に尽きると思います。GoProやDJIのカメラは、より優れたカメラです。より多くの機能を提供し、より良い品質です。

Brave 7 LEは良いカメラです。いくつかの機能を備えています。4K30ビデオを撮影し、20MPの写真を撮ることができます。タイムラプスやスローモーションを作ることができます。カメラ内で手ぶれ補正ができます。そして、(ハウジングを使用すれば)防水です。

しかし、GoProやDJIのカメラもこれらの機能を備えており、少なくとも同程度、多くの場合はるかに優れた機能を備えています。AKASO Brave 7がそれらに圧倒的に勝っているのは、たった1つの分野だけです。それは、価格です。

Brave 7 LEがこれほど魅力的なのは、価格が全然違うからです。

例えば、GoPro HERO9 Blackの推奨小売価格は449.99ドルです。DJI Osmo Actionの推奨小売価格は349ドルです(ただし、現在はそれよりもかなり安い価格で広く販売されています)。AKASO Brave 7 LEは、希望小売価格が139ドルです。つまり、他の製品の3分の1程度の価格です。この価格で、数年前のGoProやDJIの製品に匹敵する機能と品質を備えた、非常に高性能なカメラを手に入れることができるのです。 つまり、AKASOのカメラ、特にBrave 7 LEは、非常に優れた予算の選択肢なのです。

比較的少ない金額で、多くのものを得ることができます。アクションカメラを探しているが、GoPro HERO7 BlackやDJI Osmo Actionの価格が自分の希望よりも高い場合、AKASO Brave 7 LEは一見の価値があります。

現在の価格と在庫状況

AKASO Brave 7 LE の現在の価格と在庫は、下記でご確認ください。

Amazonでランキングを確認するのもオススメです。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました