【アクションカメラ】Akaso brave 4レビュー

スポンサーリンク

今回は、【アクションカメラ】Akaso brave 4レビュー、についてです。

Amazonのアクションカメラランキングで上位にランクインしているモデルです。

アクションカメラといえば、GoProが最も有名であり、一番最初に名を挙げる人も多いことだと思います。

しかし、人気でかつ高性能であるがため、価格も高価格帯のモデルが多いです。そのため、安価なアクションカメラを探している人にとっては、GoPro以外の選択肢も考えたいのではないでしょうか。そんな中Akaso brave 4は、安価な価格帯でありながら、ハイエンドモデルにも引けを取らない性能を搭載しているので、Amazonランキングでも上位にランクインしています。

GoProの代わりとしてアクションカメラを選びたい人は、最後まで記事をお読みいただければありがたいです。 

様々な付属品が最初から搭載付属してくるので後で買い直したりする時間や手間が省けるのがメリットです最初に付属品を使ってみてその中でもっといいものをと考えるのであれば後でユーザーに追加購入するのも良いでしょう。

エルメットマウントも付いているので自転車の に乗車した時にヘルメットに取り付けて乗車状況を撮影するのも良いですし、また水中に対応した防水ハードケースも搭載しているので水陸両用様々な場所で活躍します。

通常の撮影だけでなくタイムラプスなどタイムラプスも可能なので 幅広い撮影手法 

行いますし、赤くも 70から170°cまで対応するので、色々な画角で撮影を行うことができます。 

バジェットGoProの対抗馬として大活躍!

この便利な、エントリーレベルのアクションカメラについてのレビューとなります。この記事を書いている時点では、GoProヒーローレンジは間違いなくアクションカメラの議論の余地のない王者ですが、彼らは一つの大きな欠点、それは価格が高いことです。

そのため、エントリークラスのアクションカメラの発売数が増えただけでなく、実際の品質、性能、能力も大きく飛躍しています。

このため、我々は常に人々がGoProに代わる最新の、安価な代替品についてのアドバイスを求めるのを参照してください、今回はそれがAkaso Brave 4だった。カメラとその機能をざっと見た後、私たちは時間をかけて研究し、私たちのアクションカメラAkaso brave 4レビューを公開するために十分に感銘を受けました。

Akaso brave 4の価格はこちらでご確認ください。

スポンサーリンク

Akasoはどこの国のメーカー?

Akasoは、中国深圳市にある深圳市赛纳电子科技有限公司が商標を保有しています。現在では、年間販売台数が50万台を超える、世界的なスポーツカメラブランドの一つです。

付属品

AKASO Brave 4には、いくつかのアクセサリーが標準装備されており、競合他社の製品では考えられないようなコストパフォーマンスを実現しています。

  • AKASO Brave 4 カメラ
  • 2.4Gリモコン
  • 2x 1050mAhバッテリー
  • 防水ハードケース
  • 自転車用マウント
  • ヘルメットマウント
  • USBケーブル
  • 7x マウント、2x クリップ、5x テザー
  • 取扱説明書

自転車にアクションカメラを搭載して撮影したいという人にもオススメです。

Akaso brave 4のスペック

以下、「Akaso brave 4」の主な機能と仕様を見やすく整理してみました。

  • 寸法2.32×1.57×0.91インチ
  • 重量:5.6オンス
  • 視野角170°、140°、110°、70°の4種類。
  • 映像の解像度。4K、2.7K、1080p。
  • 写真解像度:20MP
  • 撮影モード。シングルショット、タイムラプス、バースト撮影
  • ポート類。Mini USB、micro HDMI、MicroSDメモリーカードスロット
  • メモリクラス10マイクロSD

Akaso brave 4のエクストリームスポーツパフォーマンス

Akaso brave 4 4k 20mp のレビューの肉と骨に飛び込むと、人々はそれを使用する最も人気のあるもの、エクストリームスポーツから始めましょう。どんなエクストリームスポーツでも、Akaso Brave 4がカバーしてくれます。その素晴らしい機能の数々は、優れたコントラストでシャープな写真を撮るだけでなく、滑らかで鮮明な4Kビデオまで記録することを可能にします。

購入時に標準添付されているAkaso Brave 4のケースを使用しなくても、エクストリームスポーツで想定される衝撃に十分耐えうるタフさを備えています。写真やビデオ、オーディオの性能を損なうことなく、カメラの耐久性をさらに向上させるために、できるだけ頻繁にケースを使用されることを強くお勧めします。

さらに、様々な場所にカメラを取り付けられるよう、豊富なマウントを用意し、スポーツの記録をより簡単に行えるようにしました。Akaso brave 4のヘルメットマウント、自転車用マウントは標準装備されていますが、それ以外にもいくつかのアクセサリーが用意されています。

自撮り棒「Akaso Brave 4」(価格と在庫の確認はこちら)や14点のアクセサリーキット(価格と在庫の確認はこちら)などがあります。これらにより、思い通りの画像や動画を撮

影することができます。カメラを購入すると、いくつかの追加マウントがボックスに含まれており、撮影者も撮影者の利点にこれらを使用することができるかもしれませんが、彼らは意味のある映像を提供する何かをフィットさせることは困難である。

幅広い解像度でビデオ撮影ができ、20MPの大容量写真機能により、撮影者の体験を素晴らしい画質で保存することができます。

Akaso brave 4は、2.32 x 1.57 x 0.91インチ、重量わずか5.6オンスであり、装着や取り付けが簡単です。そのため、スポーツをする上で悪影響を及ぼすことはありません。

このすべてが、Akaso Brave 4がエクストリームスポーツ愛好家のコミュニティの間ですぐに固体評価を得るために役立っています(いくつかのサードパーティ、独立したレビューを読むにはクリックしてください)。我々は、Akaso brave 4がアクションカメラ市場で、より確立されたブランドのいくつかから盗むことができたことに驚いています。

今後数ヶ月の間に、我々は唯一のカメラの人気が指数関数的に増加することを期待しています。

この格安アクションカムの優れたカラーキャプチャ能力を示すだけでなく、驚くほど効果的な手ぶれ補正を披露しています。四輪バイクの場合、四輪バイクの振動やサーキットの走行で発生する振動が大きいですが、Akaso brave 4の手ブレ補正技術により、映像にほとんどブレが表示されません。

Akaso brave 4の水中性能

Akaso brave 4のレビューの次は、Akaso brave 4の水中写真・動画撮影機能を紹介します。水中でも陸上と同じように撮影できるのが嬉しいですね。様々な光の条件下で素晴らしい画質を提供し、また水中での音声録音にも効果的です。

このカメラの水中機能は、多くのウォータースポーツ愛好家から好評を博し、第三者機関によるレビューや水中での使用体験談が寄せられています。

標準添付の防水ケース「Akaso Brave 4」を装着したままでも、水深30mまで持ち込むことが可能です。このケースは、カメラのビデオ、写真、オーディオの機能にも影響を与えません。サードパーティ製の防水ケースも販売されていますが、標準装備のもので十分なので、追加で購入する必要はないでしょう。

水上スポーツの種類によっては、高品質のAkaso Brave 4互換フローティングハンドルを選ぶとよいでしょう。

これは、撮影者のアクションカメラが水面に浮くと撮影者が誤って記録中にそれをドロップする可能性があるオフチャンスで簡単に見つけることができることを保証します。

Akaso brave 4ファミリービデオパフォーマンス

Akaso brave 4のレビューの次は、休日の定番カメラとしての役割が増えつつあるカメラの性能について見ていきたいと思います。より多くの人々がそこに彼らの休日や日常生活を記録するための彼らのゴーゴーカメラとしてアクションカメラを使用し始めています。

ありがたいことに、Akaso Brave 4は実際にこの点でかなりまともな仕事をしてくれます。

さまざまな光の条件下で写真やビデオを撮影できるこのカメラは、世界中のさまざまな場所や天候に適しています。また、湿気やホコリ、砂、汚れにも強いので、活躍の場が広がります。

Akaso Brave 4のオーディオパフォーマンス

価格帯を考慮すると、Akaso brave 4のマイクは驚くほど優れています。付属のカメラケースに入れた状態で使用しても音がこもらないので、カメラを保護しつつ、フルレンジの音声を録音することができるのが特徴的です。

Brave 4のオーディオ機能は価格の割に非常に優れています。そのため、Vlogスタイルのカメラとして、あるいは家族旅行の記録として、音声や会話も同時に取り込みながら使用することができます。

とはいえ、1つだけ指摘しておきたいのは、強風の条件下では間違いなく音声が悪くなることです。マフラーを使用することで軽減できますが、これはこのカメラの唯一の欠点です。

Akaso brave 4のジャイロスコープ

上で紹介した動画でもわかるように、このカメラに搭載されているジャイロセンサーによる手ブレ補正機能は非常に優秀です。実際、これまで見てきたエントリークラスの格安アクションカメラの中では、最も優れた手ブレ補正技術だと思います。

エクストリームスポーツでは、振動が映像の揺れの原因となることが多いため、手ぶれ補正は最適な機能です。

手ぶれ補正をオンにすれば、振動の影響をすばやく簡単に抑えることができます。

Akaso Brave 4のバッテリー性能

Brave 4のバッテリー駆動時間は、価格帯の割には良好ですが、カメラで何をするかによってバッテリーの持ち時間が異なります。写真撮影だけであれば、フル充電で最大8時間。ビデオ撮影に使用する場合は、以下の通りです。

4Kで撮影する場合:最大90分

1080pで撮影する場合:最大120分

マイクロUSBポートを使用してカメラ内のバッテリーを充電することもできますが、Akaso brave 4チャージャーを手に入れることをお勧めします。これにより、追加バッテリーを用意しつつ、カメラバックアップ用の2つのバッテリーを同時に充電することができます。

Akaso Brave 4とGoProの比較

次は、Akaso Brave 4 vs GoPro Hero 6 Blackの比較です。上の表は、2つのアクションカメラの比較機能を示しており、紙の上では同等に見えるかもしれませんが、現実には余裕があればGoProが勝っています。

GoProは優れた品質と機能性を備えていますが、その分価格が高くなります。その点、Akaso Brave 4はGoProの3分の1程度の価格でありながら、十分な品質と機能性を備えています。

GoProは撮影者と撮影者の状況のための追加の現金の価値があるかどうか、撮影者自身に尋ねなければならない問題は、撮影者だけがこのいずれかに答えることができる。Akaso brave 4は、多くの人々が使用し、非常に満足している優れたエントリレベルまたは予算オプションのアクションカメラであることを保証します。

Akaso Brave 4とAkaso EK7000を比較

上の比較表は、Akaso Brave 4とAkaso EK7000の性能の概要を示したものです(製品の価格と在庫については、こちらをご覧ください)。両者のスペックは拮抗していますが、価格も拮抗しています。Akaso Brave 4は、Akaso EK7000より20ドルほど高くても買う価値があると感じています。

Brave 4の追加機能、およびアップグレードされた20MPカメラは、価格に見合うだけの価値があると私たちは考えています。また、Akaso EK7000のレビューをお読みいただくと、EK7000の概要がよりよくわかり、2つのカメラのどちらを選ぶかの判断材料になるかもしれません。

Akaso Brave 4 vs Apeman A80

Akaso Brave 4とApeman A80を比較するとなると、少し厄介なことになります。上の比較表では、両者のさまざまな機能を紹介していますが、Apeman A80(製品価格と在庫の確認はこちら)は、機能的にはAkaso Brave 4にかなり近いように見えます。

技術的には正しいのですが、Brave 4の高い造作品質がすぐに目に見えるようになります。さらに、Brave 4sの映像はApeman A80よりもはるかに滑らかで鮮明です。A80の性能については、Apeman A80のレビューもご覧ください。

Akaso brave 4のアプリ

Akaso brave 4のスマホアプリは、スマートフォンにダウンロードすることで、カメラをコンピューターに接続することなく、その場でいくつかの機能を利用することができます。これは、人里離れた場所にいるときに設定を微調整する必要がある場合など、スポーツをする際に便利です。

Amazonでランキングを確認するのもオススメです。

スポンサーリンク
家電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました