PR

電子書籍のメリット11選

本を読む人 家電
スポンサーリンク
悩んでいる人
悩んでいる人

電子書籍のメリットって何ですか?

こんな悩みにお答えします。

近年、電子書籍が人気を集めています。紙の本と比べ、電子書籍にはさまざまなメリットがあります。

一度購入すれば、簡単に何度も読み返すことができるため、頻繁に読む本には特におすすめです。

また、書籍を持ち運ぶ手間がなく、スマホやタブレットなどのデバイス一つで多くの本を持ち運ぶことができます。

さらに、電子書籍には検索機能やメモ機能がついていることが多く、学習や調べ物にも役立ちます。本記事では、電子書籍のメリットについて詳しく解説します。

今回は、電子書籍のメリット、についてです。電子書籍と紙のガイドブックには以下のような違いがあります。

電子書籍と紙のガイドブックの違いで選ぶのもオススメです。

旅先ではインターネットが接続できなかったり、電波が弱いことも考えられます。

また、何かしらのトラブル時にも、ガイドブックを持っておくことで救われることもあるでしょう。

スポンサーリンク

電子書籍のメリット

読書している人

まずは、電子書籍のメリットについてです。電子書籍のガイドブックを持って旅行に行くメリットは次のとおりです。

サイズがコンパクト

電子書籍は本よりも小さく、軽いため、旅行バッグに入れやすいです。

紙の本の場合は、複数の本を持ち歩くと、複数冊分の重さが発生しますが、電子書籍は何冊持っていてもデバイス分の重量しか発生しないのも魅力的です。

検索機能がある

電子書籍には検索機能があり、目的地や観光スポットをすばやく見つけることができます。

インターネット接続なしでも読める

電子書籍はオフラインでも読めるため、旅行先においてインターネット接続をしなくても使用できます。

環境に優しい

電子書籍は紙を使用しないため、環境に優しいです。

引越し時が楽

荷物を運ぶ人

電子書籍は引っ越し時が楽です。ダンボールに本を詰める作業やダンボールを持ち上げる作業、配送料金が全て無くなります。

僕の知り合いは、出張が多いということで、本を止めて電子書籍に乗り換えました。

配達を待たずにすぐ読める

電子書籍版は、購入時、届く時間を待たずに、すぐに見ることができるのも利点です。自分で買いに行く手間も省けます。

紛失のリスクが減る

紙のガイドブックは紛失する可能性もありますが、電子書籍は紛失するリスクが減ります。

傷まない、劣化しない、傷がつかない

紙の本にとって、厄介なのが、太陽光の紫外線です。本が焼けて色がくすんでしまいます。

また、湿気に弱い場合もあります。雨の日も直接濡れないよう注意が必要です。

そのようなデメリットが電子書籍には、一切ありません。もちろん、デバイスが水没しないように注意が必要ですが、防水性能を誇るデバイスならば、雨による故障も問題になりません。

電子書籍は、サービスが終わらない限り、半永久的に自分のものになります。

フルカラーも可能

紙だと予算の都合上、フルカラーができなかったりしますが、電子書籍ならフルカラーも可能です。

文字や画像を拡大できる

僕の周りの人に話を聞くと、「小さい文字の紙の本は苦手!」というかたが、何人かいました。

一方、電子書籍は好きな場所を拡大できるので、大きな文字や画像を楽しむことができる点がメリットです。

無料で読める本がある

Amazon Kindle Unlimited無料体験

AmazonのKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)を利用することで、30日間無料で読めます。

通販大手のAmazon(アマゾン)のKindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)なら、30日間無料で本を読み放題できるので、オススメです!

原文パパ
原文パパ

無料で体験できるので、色々なガイドブックを試し読みできますね!

無料期間終了後も継続したい場合は、月額980円で読み放題することができます。

ガイドブックを何冊も買うとお金がかかりますが、読み放題サービスならば、月額980円しかかかりません。

スマホでも利用可能なので、タブレット端末をお持ちでないかたでもすぐに利用することができ、大変お得です。

\ 30日間、無料で読み放題できる /

旅行時、以下のような考えをお持ちの方は、電子版がオススメです。

  • 荷物を減らしたい
  • 数か所、数か国旅行する
スポンサーリンク

電子書籍にはない、紙のメリット

読書している人

付せんを貼ることができる

紙のガイドブックは、付せんを貼ることができます。

電子書籍にも付せん機能はありますが、直感的に貼った場所が分かりやすいという利点があります。

売ることができる

使い終わったら売ることができるのが本のメリットです。

ただし、場合によっては小銭程度にしかならないこともあるので注意が必要です。

目に優しい

紙の本は、画面の点滅やブルーライトのような刺激がないため、目に負担をかけません。

また、文字がしっかりと印刷されているため、読書に集中しやすく、疲れにくいという特徴があります。

手軽に持ち運びができる

紙の本は、一冊を手軽に持ち運びができます。また、バッテリーが不要であるため、外出先や旅行先でも気軽に読書が楽しめます。

また、電子書籍は電子機器での閲覧が前提となるため、電源切れなどで読書ができなくなる可能性がある一方で、紙の本はそのような心配がないため、安心して楽しめます。

記憶力がアップする

紙の本を読むことで、記憶力が向上するという研究結果があります。

紙の本の場合、ページをめくる手間や、図書館や書店で本を探すという作業によって、自然に記憶が定着しやすくなるためと言う説があるようです。

手触りや香りが楽しめる

紙の本は、手触りや香りが楽しめることがあります。

紙の種類や印刷方法によって異なる手触りや、古書などには特有の匂いがあるため、それらが好きな人には楽しみの一つとなります。

コレクションとして楽しめる

紙の本を集めたり、図書館や書店で探したりすること自体が、趣味として楽しめます。

また、古書や希少本など、自分が持っている本が特別なものであるという感覚や、収集した本を並べて見ることで、満足感を得ることもできます。

電子書籍のメリット11選まとめ

電子書籍は、紙の本と比べてさまざまなメリットがあります。

手軽に何度も読み返せることや、持ち運びが簡単なこと、検索やメモ機能がついていることなどが挙げられます。

また、最近では電子書籍専用の端末や、スマホやタブレットに専用アプリをダウンロードすることで、より快適な電子書籍の読書体験ができるようになっています。

しかし、紙の本と同様に、電子書籍にも一長一短があります。自分に合った書籍の形式を選ぶことが大切です。

今回は、電子書籍のメリット11選、についてお送りしました。この記事がご参考になれば幸いです。

1988年生まれ。物書き/ゆるミニマリスト。Kindle本ランキング1位獲得!
会社員→フリーランスとして奮闘中!東京→福岡へ地方移住しました!読者の方々の役に立つ文章を第一に心掛け、精力的に活動中!旅行と音楽を愛しています。

原文 パパをフォローする
家電
スポンサーリンク
ブライトライフ365
タイトルとURLをコピーしました